Nagoya Talents' Network - blog

2008/10/29

明治小学校 百周年記念祭

次の日は高原さんが車を出してくれて、まずは大分空港へお迎え。誰を迎えに来たかというと、太神楽の翁家和助さんです。今日の夜のお仕事のゲストであります。

和助君を乗っけて、まずはAPUへ。前の日に飲んだ面々にお稽古をつけるためです。まずひとりずつ演ってもらって、その後悪かったところを直します。全部で三人の人たちを見たんですが、真剣に演ってる姿を見て感じ入りました。こっちも真剣に指導して、いい稽古会になったと思います。

さて、それが終わって大分市の明治小学校へ。創立百周年のおめでたい席に呼んでいただきました。この会は随分前から何度も打ち合わせの電話を戴いていて、やる気のある人たちだなと思っていました。やっぱりスタッフの方が真剣に会を成功させようと思っていると、こっちもやる気が倍増しますね。

会場に入るともうセッティングできていて、簡単な打ち合わせで済みました。楽屋に帰って和助さん(普段はワッチンと呼んでます)とバカっ話。かなりくだらない内容で二人ケタケタ笑ってました。

7時開演でまずは僕が「転失気」を一席。違う噺を考えていたんですが、子供さんが案外多いので方向転換しました。そのあとは和助さん。今若手の太神楽の中で一番持ちネタ(持ち技?)が多いんではないでしょうか。なかでも和助さんの土瓶の曲芸は絶品です。休憩を挟んで「八五郎出世」で終演。スタッフの方のやる気がお客さんにも反映されて非常にいい会になりました。

終わって打ち上げ。僕の実家の「寿し不二家」を皮切りに3軒はしごです。最後は行きつけのスナック「霧絵」さんでワッチンと大カラオケ大会。久々にのどを痛めました。

0comments
Comments
No comments were posted yet
Write a comment
Name:

Want to add email/URL? >> Add
Comment: