Nagoya Talents' Network - blog

2008/10/21

由布院の夜

湯平小学校を後にして、フローラハウスへ。荷物を置いた後、秋の気配を感じつつ散歩しました。いい季節ですな・・・・。

夜は亀の井別荘の中にある「湯の岳庵」へ豪華な食事会のメンバーは、いつも大分に帰るたびに大変お世話になっている大分笑おう会の高原さん、同じく大変お世話になっている亀の井別荘の尾崎総支配人、そして四人の若人たち。その若人たちの正体は、APU立命館アジア太平洋大学内の落語研究会の部員さん達です。愛する大分に落研があるとは、大変うれしいニュースです!大学の貴重な四年間、その青春の日々を落語にかけようと、その心意気がうれしくて、ぜひ一献傾けたいと高原さんにお願いして実現した飲み会です。

四人のメンバーは「別府亭光星千代(ピスタチオ)」さん。この人が部長です。続いて「亀の家茶仔(ちゃこ)」さん。この日の紅一点、副部長です。そしてアメリカ人の「弾(だん)」さんと大阪生まれの「時代生(ときお)」さんであります。この二人は入ってまだ間もないそうです。みんな二十歳を超えているので飲酒OK。でも部長は部員を送って行かなければ行けないので、泣く泣くウーロン茶を飲んでました。酒飲みとして心より同情します。ワイワイ飲んで、食べて、高原さんにご馳走になってしまいました。本当にいつもすみません・・・・。

尾崎さんのご好意で学生諸君は亀の井別荘のお風呂へ。僕は高原さんのお宅で自宅に引いている温泉に入れてもらったので、ロビーにある蓄音機を聞かせてもらいました。SP盤で聞くクラッシックは格別なものです。思わず酔いしれてしまいました。

フローラハウスに帰ると宿泊客の方々が宴会中。なんとその中に僕の同級生のお父さんがいらっしゃいました。そんな話で盛り上がって僕もワインをご相伴に預かりました。解散の後に小腹が減ったのでコンビニへ。おにぎりを一個買おうと思っただけなのに、チューハイやつまみを買ってまた部屋に戻ってひとり宴会をしてしまいました。いい心持になりながら「あ~あ、また太るなあ」と思いつつ、由布院の夜は更けていくのでした・・・・。

 

3comments
Comments
  • 1

    面白かった~(*^_^*)
    良いですね!いろんな方々に出会えて…
    一月は楽しみにしています。

    by: かぼす, on 2008/11/05
  • 2

     その節は、奇遇でございました。

     その後、あなたが明治小学校記念祭でお帰りになってるときに、またパッタリ、お会いできました。奇遇が重なると、ご縁ですかね?

     そして今日…。あの日のことが、ちょっと思い浮かんだので、「そうだ、今度、大分でお披露目公演やられるとかいってたな?」。ということで、ふらっと、ネット検索してたら、同級生のお父さんと会った…、なんてご紹介いただいるものだから、これは御礼の返事?差し上げなければ、とコメント書いた次第です。大奇遇に感謝、です。

     1月の凱旋公演、楽しみにしています。

    by: 同級生のお父さん, on 2008/11/08
  • 3

    かぼすさま

    ありがとうございます、どうぞ一月はお誘いあわせの上ご来場くださいませ。なんとか文化会館を満員にしたいと思っています。

    同級生のお父さん

    コメントありがとうございます。お名前を載せたほうが良かったのですが、世間の混乱を考えて(笑)。
    一月の公演もどうぞよろしくお願いいたします。

    by: 歌奴, on 2008/11/09
Write a comment
Name:

Want to add email/URL? >> Add
Comment: