Nagoya Talents' Network - blog

 
披露興行の日程が決定!!
一覧へ

ブログ:Posts list

2007/12/10

千秋楽

今日は末広亭の千秋楽であります。兄弟弟子のあし歌さんと交互出演で出てました。二時五十五分上がり、俗にクイツキという出番です。クイツキというのは中入り後の出番の事。中入りに色んな物を買ってお客様が召し上がる、食いついている所に出て行くので、中入り後の出番をクイツキというのです。浅い出番よりもお客様は温まっててすごく演り易いんです。
十二月下席は池袋演芸場の昼席に出演します。そこでもクイツキに出させて頂きます。ぜひお出かけくださいませ。
Read more...
2007/12/10

ありがとうございました!

皆様のおかげをもちまして、「三遊亭歌彦の会」を終了することができました。本当にありがとうございました。ネタおろしも無事終了し、なんとか一段落です。せっかくですので番組をご紹介しましょう。
三遊亭歌彦の会    相撲噺の会
春風亭 一左     「真田小僧」
桂    笑生     「猿後家」
三遊亭 歌彦     「谷風情相撲」
    中入り
大瀬ゆめじ・うたじ   「漫才」
三遊亭 歌彦     「阿武松」
前回よりも多くのお客様にご来場いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。
Read more...
2007/12/05

再び告知

会が近付いて来ましたので、再び告知させていただきます。
「三遊亭歌彦の会」
〜いまこそ相撲噺の会〜
歌彦 佐野山 阿武松
平成十九年十二月八日 土 六時開場
六時半開演
築地本願寺ブディストホール
前売り 二千円 当日 二千五百円
ゲスト 大瀬ゆめじ うたじ 桂笑生
Read more...
2007/12/03

東穀寄席

先日、「東穀寄席」に出演しました。思えば第一回のこのブログへの書き込みも東穀寄席でした。あれから二月、早いものです。
さて今回は「たちきり」を演りました。この噺はほとんど笑い所が無い噺です。ざっとストーリーを言いますと、大店の若旦那が柳橋の小糸という芸者と恋仲になり、柳橋通いをする。当然親類一同が黙っちゃいません。あいつを勘当しようということになる。そこで番頭が「それじゃあなんだから百日の間、蔵住まいをさせよう」ということで若旦那が蔵に入れられます。百日経ってやっと蔵か出た若旦那が直ぐに柳橋に行きます。一方小糸は若旦那が来なくなったのを苦にだんだん食が細くなり、ついには死んでしまいます。その事 Read more...
2007/11/26

恥ずかしながら

今日のスポニチに私の記事が出ております。痩せている写真ですが、確かに歌彦ですのでお間違いのない様。
Read more...
2007/11/26

またサボっちゃって・・・

一週間ぶりのご無沙汰でございます、ロッテ歌のアルバム・・・・・って言ってる場合じゃない。ご無沙汰してすいません。さて、まず17日の土曜日のことを書きますか。
この日は怒涛の一日でした。まず午後二時開演の「朝日名人会」。有楽町マリオンで毎月行われているこの落語会はチケット入手が大変難しい会だそうです。出演者は文珍師匠、さん喬師匠、喜多八師匠、左龍師匠、歌彦という顔ぶれ。一流どころですよ、僕を除いてね。そこで「反対車(本当は人偏に車です)」を一席。うーん、思ったより全然ウケなかったなあ・・・・。もちろんただ笑わせればいいというわけじゃないんですが、こういう噺は笑ってもらわないとつらい。
反省をしつつ Read more...
2007/11/18

ついに千秋楽

大分の感動的な高座が終わった次の日、朝七時五十分発のフェリーで松山へ。寝不足は船旅で解消し、ついに最終公演地の松山へ。
夜公演なので昼間は伊丹十三記念館や道後温泉へ。もっとゆっくり来なきゃだめだなあ…。
さあ、最後の公演は松山こども劇場の皆さん。最初から大変な盛り上がりで爆笑の内に幕を降ろしました。
そんな訳でとっくに東京に戻ってきてはいるんですが、ご報告まで。
Read more...
2007/11/17

九電笑おう会

大分に九電笑おう会という組織があります。九州電力大分支社の方々の中で有志の人達が月に千円ずつ出して、そのプール金が貯まると噺家を呼んで下さる会なんです。ですから九電から予算が出ている訳でもなく、お客様から入場料を取る訳でもない、本当に会の人の自腹でやっている会であります。頭が下がる思いです。
さて、演目は
三之助 「替り目」
紋之助 「曲独楽」
歌 彦 「ちりとてちん」二 楽 「紙切り」
喬太郎 「死 神」
でした。自分の高座の時、真打ちが決まった事を発表したのですが、涙ぐんで絶句しちゃいました。ちょうどお客さんが拍手をくれたとこだったのでバレずに済みました。 Read more...
2007/11/16

九州本土上陸

島公演も無事終わり、飛行機で鹿児島へ。この日は移動日で大分に移動です。レンタカーを借りて九州道で熊本まで出て、そこからやまなみハイウェイで由布院へ。阿蘇山の脇を通り、阿蘇の大観峰で雄大な景色をみんなでキャーキャー言いながら観つつ、由布院亀の井別荘へ入りました。先月も泊めていただいて、また今月もお世話になる…幸せものであります。
終わると大分市内に移動。夜の街をパトロールした次第です。
さて、翌日は豊後高田市という所の河内中学校に行ってきました。隣にある河内小学校の生徒さんも入れて百人くらいのお客様。独楽の旦那の芸にみんな大歓声!その後上がりにくい事。ソーッと牛ほめを演ってきました。
Read more...
2007/11/16

沖永良部

徳之島の翌日はフェリーに乗って沖永良部に移動。久しぶりにフェリーに乗りました。雑魚寝もいいなあと思ってたらちゃんと寝台室が取ってありました。ん!ビップ待遇!と気を良くしました。まあ寝台室といっても乗るのは二時間半くらいなんですけどね。さあ部屋割。結局大御所チーム(喬太郎師・紋之助師・二楽師)とヤングチーム(我々)に別れて休憩。大御所チームは出港してから独楽の旦那(紋之助師)がずーっとしゃべっていたんだそうで休めずじまい。僕たちはゆっくり休ませてもらいました。
さあ沖永良部!徳之島よりまだ南にあるわけですから暖かいと思いきや!寒い…強風でしかも雨まで降っている…せっかく釣りでもしようと思ってたの Read more...
Pages: 12345678910