Nagoya Talents' Network - blog

2008/09/02

落語協会真打昇進披露宴

八月二十四日、上野精養軒で新真打のパーティーが落語協会の主催で行われました。
芸人の先輩方が来て下さるパーティーですが、まずパーティーの前に記者会見が行われました。新聞記事をご覧になった方もいらっしゃるとおもいます。
パーティーは十一時に開宴され、まずは落語協会会長の鈴々舎馬風師匠の挨拶を皮切りに、落語芸術協会会長の桂歌丸師匠にご祝辞を戴き、浅草演芸ホールの松倉社長の音頭で乾杯、宴が始まりました。
噺家のパーティーの場合、乾杯の直後に中締めを行います。これは落語界の通例であります。
余興は和楽社中による寿獅子と知る人ぞ知る桂才賀師匠の「函館の女」。
盛り上がった所で、林家木久扇師匠による大締めでお開きになりました。
緊張しっぱなしで、あっという間に終わった二時間弱。各先輩方より祝福を受けた素晴らしい一日でした。

3comments
Comments
  • 1

    お披露目のパーティーおめでとうございます。
    上野精養軒のお食事はおいしかったですか?
    緊張でそれどころではない??
    多忙と緊張の毎日だと思いますが、一生に一度の真打昇進の日々を楽しんでくださいね!

    by: kuri, on 2008/09/06
  • 2

    おめでとうございます(*^_^*)
    落語界の皆さんに認められたと言う事ですね!
    すご~いです≪拍手≫
    早く真打になった歌奴師匠の高座を聞きたいです
    大分巡業はいつですか?

    by: かぼす, on 2008/09/08
  • 3

    真打昇進おめでとうございます。

    同じ大分出身で同い年の歌彦さんが歌奴師匠になられるというニュースを聞いた時には、まるで我が事のように、喜びました。(まぁ、勝手にですが…)

    これからも応援しています。頑張って下さい。

    by: TETSU-G, on 2008/09/13
Write a comment
Name:

Want to add email/URL? >> Add
Comment: