Nagoya Talents' Network - blog

2008/08/07

卒業

真打ちに昇進するに当たって、色々な会を卒業しなければなりません。
今月の半ば、四十回出演した「洋楽寄席」を卒業しました。この会は、音楽家の熊谷弘先生監修の元、クラシックの演奏家の方々が個々に出てきて、十分から十五分程度演奏します。八組の演奏があるわけですが、真ん中で休憩を入れて、その休憩の後に僕が落語を演るという寸法です。
やっぱり落語のお客さんとクラシックのお客さんは、笑いという面に関しては丸っきり違います。上品な方が多いですね。なので最初の方はあまりウケませんでしたが、段々演り方を変えていって、手応えを感じる様になりました。
色々苦労しながら四十回、皆さんに拍手をいただき卒業しました。僕の後釜は誰になるかはまだ分かりませんが、ぜひ皆さんもお出かけ下さい。

寂しいなぁ…。

3comments
Comments
  • 1

    「幼虫のときにすること、さなぎのときにすること、成虫になってすることは、違うんです」と言いますからね。

    寂しくても、いいんです。「これでいいのだ」です。

    by: なかしま, on 2008/08/07
  • 2

    なかしまさんのコメントに感動思わず拍手しました!
    もしかしたらバカボンのパパかな?

    by: かぼす, on 2008/08/07
  • 3

    「これでいいのだ」いい言葉ですね。
    タモリさんの白紙の弔辞、さすが最後のテレビ芸人ですね。感動しました。

    by: 歌彦, on 2008/08/11
Write a comment
Name:

Want to add email/URL? >> Add
Comment: