Nagoya Talents' Network - blog

 
披露興行の日程が決定!!
一覧へ

ブログ:Posts list

2008/09/17

鍋復活!!

まだまだ日中は暑いですが、日が暮れるとだいぶ涼しくなってきました。服も秋物を着ている女子が目立ちます。
スーパーを覗くともう鍋のコーナーが開設されてます。ご存知の方はご存知でしょうが、僕は毎日鍋で良いというくらいの鍋好きです。夏でも冬場に買い溜めしていた鍋スープの素を大切に使っておりました。しかし資源に限りがあるごとく毎日使っていると、とうとうスープの素も底をついてしました。
ようやく満を持して登場の鍋のコーナー。とりあえず昨シーズンからはまっていた「ヤマサ 花籠部屋直伝 ちゃんこ鍋つゆ」を五本ほど買い溜めし家で作りました。大体入れるのは、白菜ともやしを大量に、エノキやニラ、それと豚ばら肉、鶏肉 Read more...
2008/09/15

深夜寄席、早朝寄席卒業の巻

ついにこの日がやってきました。二ツ目昇進以来大変お世話になった深夜寄席と早朝寄席がとうとう最後の出番となったのです。
深夜寄席は今度真打に昇進する5人全員が出演。早朝寄席は僕と百栄師が卒業組でした。
北九州からのスターフライヤーに乗って羽田に着きそのまま深夜寄席へ。8時半くらいに末広亭に到着したんですが、すでに7、80人くらいお客さんが並んでおられました。開場時には200人を超す長蛇の列となりました!ありがたいことです。
いつもは4人出演する深夜寄席ですが、今日は5人ですから一人の持ち時間が短くなります。じゃんけんで順番を決めて僕は2番目の出演。トリに時間を残すため短めにしようと思い、ネタを初天 Read more...
2008/09/15

佐伯鶴城高校 文化鑑賞会

9月11日は大分県佐伯市の佐伯鶴城高校の文化祭にお呼ばれされました。
今回のメンバーは僕が座長、曲芸の鏡味仙志郎兄、前座の三遊亭ありがとう君という三人。仙志郎兄は僕より二年先輩でよく飲みにいく呑み友達兼喧嘩友達です。ありがとう君は兄弟子の歌之介師匠のお弟子さん。夢の落語家になるために高校を中退したというガッツある少年、当年とって17歳という平成生まれの噺家です。
朝の飛行機で九州に入ったのですが、大分便が満員だったので今回は初めてスターフライヤーに乗って北九州空港に降り立ちました。そこでレンタカーを借りてそのまま佐伯市文化会館へ。会場に着くと校長先生や今回僕と学校の橋渡しをしてくれた佐藤賢彰先生 Read more...
2008/09/15

歌奴です!

そんな訳で・・・・・どういう訳だか分かりませんが、歌奴ブログついに開設です!
準備も着々と進み、披露目のスタートまであと5日、自分の初トリまであと10日になりました。初トリにかけるネタも段々絞り込まれてきました。といっても当日前に出て頂く師匠方が何を演られるか分かりませんので、候補をいくつか挙げておかないといけません。
ニュースの欄に出演日を書き込んでますので、ぜひ歌奴の晴れ姿をご覧ください!
Read more...
2008/09/11

三遊亭歌奴ブログ開設

管理者からのお知らせです 。
平成20年9月21日に四代目三遊亭歌奴として真打ちに昇進される
三遊亭歌彦さんこと、三遊亭歌奴さんのブログを開設しました。
新しいブログのURL http://tokyo.talentnavi.biz/utayako
ブックマークやRSSにご登録して頂いている方は、ご変更の程
よろしくお願い致します。
Read more...
2008/09/02

落語協会真打昇進披露宴

八月二十四日、上野精養軒で新真打のパーティーが落語協会の主催で行われました。
芸人の先輩方が来て下さるパーティーですが、まずパーティーの前に記者会見が行われました。新聞記事をご覧になった方もいらっしゃるとおもいます。
パーティーは十一時に開宴され、まずは落語協会会長の鈴々舎馬風師匠の挨拶を皮切りに、落語芸術協会会長の桂歌丸師匠にご祝辞を戴き、浅草演芸ホールの松倉社長の音頭で乾杯、宴が始まりました。
噺家のパーティーの場合、乾杯の直後に中締めを行います。これは落語界の通例であります。
余興は和楽社中による寿獅子と知る人ぞ知る桂才賀師匠の「函館の女」。
盛り上がった所で、林家木久扇師匠によ Read more...
2008/08/22

準備いろいろ

真打昇進まで一月を切りました。寄席の出演日も決まり(ニュース一覧を参照)、着々と準備も進んでおります。
昨日は落語協会の理事会にて、大御所が並ぶ中ご挨拶。寄席への挨拶回りも無事終わり、24日は落語協会主催の昇進披露パーティを行います。パーティの前には、今回の新真打が5人揃っての記者会見も行われますので、大忙しです。
真打昇進の初日は9月25日の鈴本演芸場のトリ!もうその日のネタを考え中です。
Read more...
2008/08/12

涼しい涼しい北海道

暑い東京を離れて、北海道へ避暑!と言いたいんですが、もちろん遊びではありません。お仕事であります。
座長は桃月庵白酒師匠、あと林家二楽師匠、三増紋之助師匠、柳家小権太さんという面々。この方々と一週間、旭川の町を騒がしてきました。
ホテルは旭川駅前だったのですが、巡業先は富良野や当麻町、滝川市などなど色んな所を回りました。
毎晩打ち上げがあったんですが、行く先々の料理がおいしい事!大体朝食バイキングを食べて会場に入ると、もうお昼の弁当が用意されてます。昼の寄席が終わるとすぐ移動。夜の会場に入ると、楽屋に弁当が…。普段ならお腹に入らないはずなのに、ペロっと食べちゃいます。それからまたホテルに戻 Read more...
2008/08/07

卒業

真打ちに昇進するに当たって、色々な会を卒業しなければなりません。
今月の半ば、四十回出演した「洋楽寄席」を卒業しました。この会は、音楽家の熊谷弘先生監修の元、クラシックの演奏家の方々が個々に出てきて、十分から十五分程度演奏します。八組の演奏があるわけですが、真ん中で休憩を入れて、その休憩の後に僕が落語を演るという寸法です。
やっぱり落語のお客さんとクラシックのお客さんは、笑いという面に関しては丸っきり違います。上品な方が多いですね。なので最初の方はあまりウケませんでしたが、段々演り方を変えていって、手応えを感じる様になりました。
色々苦労しながら四十回、皆さんに拍手をいただき卒業しました。 Read more...
2008/07/30

国宝松本城太鼓まつり

二十六日から二日間、長野県の松本にお邪魔をしました。
タイトル通り、「国宝松本城太鼓まつり」の司会であります。松本城の前の広場に椅子を三百席くらい出して、その前にでっかいステージが組んであります。もちろん屋外。
初日はなんとか天気がもったのですが、今日は夕方から土砂降り。なんとかスタートを一時間半延ばしての開演です。さっきまで雨がジャンジャン降っていて、人っ子一人いなかったのに、いざ開演したら立見も出て、五百人を超えようかといういっぱいのお客様!有り難い事です。
もう一人の司会は地元松本のMCの中村美由紀さん。大変お奇麗な方と二人で進行役を務めました。これも役得です。松本生まれの中村さんにいろい Read more...
Pages: 12345678910