Nagoya Talents' Network - blog

ブログ:Posts list

2007/10/30

漫画の絵ってなんなのかってこと

漫画の絵というのは、その人の指紋みたいなものである。
とはいえ、アニメーターなどはどんな絵も描けなければならないので、多少その差を見分けるのは難しい。それでもその描き手らしさというのは垣間見えてしまう。まさに絵柄は描き手の個性、感性なのである。
一般的に絵がうまいとされるのは、写真ぽいという語られ方をすることが多い。
数年前、美術館でドガの絵を見ていた時、隣のおばちゃんが「まるで写真みたい!」とコメントしていた。別にそれをバカにしようというわけではない。かくゆう僕もそういう価値観を持っていたし、実際そういう価値観の方が世の中の多くを占めていると思う。写真ぽいとコメントされた絵も別にそれだけでな Read more...
2007/10/23

漫画家に必要なものってな〜んだ?

もし、なにもない状態から漫画家になろうとした場合、揃えなければならない要素の多さに唖然とすることであろう。でも、一個一個確実に集めていけば、それなりに前に進めるはずだ。今日はリラックスしつつ、そんなことをつらつらとまとめていきたい。
1、「絵を描けるようにする」
大抵、漫画家を目指すような人は、絵を描くことを小中学校からやっていていたりする。そういう人は「よし!漫画家になろう!」と思い立った時に、すでにある程度の表現能力を持っていたりする。絵を描けるようになる為には、量と早さが必要で、初心者が一朝一夕でどうにかなるものでもない。これについてはいつかくわしく書こうと思う。
2、「お話を作る」
Read more...
2007/10/16

絵が描けないなら原作でいいのである!後編

出会いとは無限の可能性を秘めている。例えば、凹と凸という漢字がある。こんなにぴったりとお互いを補いあい、100%の形になる漢字はない。しかし漢字は約2000種ほどあり、その二つが出会う確率は2000分の1ほどであるといえる・・・。
前回、それなりに通用するであろう「原作の書き方」を示した。ここまでは「準備段階」である。「我々はポケモンなのである!」の回で書いたことを覚えているであろうか?編集会議まで辿り着く為には次の段階、「編集者様のポケモンになる」まで歩を進めなければならない。
第一案「とりあえず持ち込みできそうな所に電話して聞いてみる」
基本的に編集部は「完成原稿で持ってきて欲しい」と考 Read more...
2007/10/09

絵が描けないなら原作でいいのである!前編

漫画なんて誰にだって描けると息巻いていた所、友人にこう言われた。
「山口さんは絵を描けるけど、たいていの人は絵なんて描けませんよ」
「そんなことはないすよ!やる気次第ですよ!」
「いや無理ですって、僕は『立方体』もまともに描けませんよ」
「・・・」
返す言葉がなかった。
確かに絵を描くって、一朝一夕でどうにかなるものでもない。しかしだ。漫画に挑戦する方法はまだある。それは・・・原作という方法だ!
原作付き漫画は思った以上に世に出まわっている。最近で有名な所だと「デスノート」がそれにあたる。しかし、原作の作り方、どのようなステップで原作者になるのかという教則本は、ほとんど出版されていないようだ。 Read more...
2007/10/02

我々はポケモンなのである!

漫画家が連載を勝ち取るまでの流れというのはあまり知られていない。我々はどうやってそこに辿り着くか、ということを知る必要がある。それを知って、始めて対策がたてられるからである。
まず心して聞いて欲しい。じつは我々漫画家はポケモンなのである。簡単にいうと編集者様のポケモンで、幾度もミューティングを重ねパワーアップし、そして編 集会議という決戦場で戦い、その勝負に勝つためのポケモンなのである。「勝つ」が意味するものは、掲載権を獲得する、もしくは連載を獲得するに値する。そ して冒険は編集者様に拾って頂く所から始まる!
第1冒険「基礎的な部分がクリアされていると拾ってもらえる」
まず、編集部に電話 を Read more...
2007/09/25

お前はお前らしくあらねばならないのである!

ある会社に物凄くドジキャラな同僚がいたとする。
そいつはドジでのろまだった。
コピー用紙の束を抱えて歩けば、すれ違いざま誰かにぶつかりコピー用紙をぶちまける。みんなが頭を抱え、彼は「すいませんすいません」と頭を垂れる。ところが翌日、何の脈絡もなく物凄く清閑な顔つきになり、社長に向かって「この会社の悪事をマスコミに公表する!」とのたまったらどう思うだろうか?しかもそれが漫画の結末だとしたら・・・。
キャラクターと言うのは物語を作る上で物凄く重要だ。まさに要といって良い。冒頭のような予想外の行動をキャラがとった場合、間違いなく読者は興醒めしてしまうのである。それはなぜなのか?読者は自分の中で物語を Read more...
2007/09/18

心を動かせ!なのである

漫画に限らず「心を動かすこと」ができなければ、作品としては失敗と言えよう。
さらに「意図したように心を動かすこと」ができなければ、成功であるとはいえないかもしれない。「この作品は魅力がなく退屈である」と読者の心を動かしてしまっては目もあてられない。
1000人いて1000の価値観があるわけで、すべてを意図したように心を動かすことは流石にできない。ただ価値観を共有できる層に対しては、それを意識し、最善を尽くさなければならないのである。前回に引き続きツッコミに注目して「起承転結」を読み解いていこう。
前回の続きから「起承転結」の「転」である。ここではいままで温めてきた流れを元に
「どうなるの!」と Read more...
2007/09/11

最後にあなたは!

漫画にはいろいろな形態があるが、一番基礎的かつ応用が効く4コマ漫画から読み解いていこうと思う。
4コマ漫画となると物凄く基本的な文章の概念、「起承転結」がぴったりとあてはまる。といってもあくまで定石といわれる一般的で伝わりやすい構成であるというだけで、常にそれに縛られるわけではない。まずそれを知ることから始めよう。そして同時に考えなければいけない重要なことがある。それは読者のリアクション、簡単にいうとツッコミだ。
間違いなく読者は漫画、漫画だけじゃなく映画その他もろもろだろうけど、ツッコミながら読むのである。例えばまず一番最初、第一印象からツッコミが始まる。
「これ絵が下手なんですけど〜」と Read more...
2007/09/04

できない?!むしろおまえだからこそできーる!

なにかっちゅうと「できない〜できない〜」と端から諦めている人がいる。「漫画なんて描けるわけないじゃん!」まあ確かに否定はしない。正直、漫画描くのって大変だもの。いろいろ考えること多いし、技術的にできなければいけないことも多い。一握りの天才は「楽じゃん?」なんて言うのかもしれないけど凡人のオレらにゃ〜関係のない話さ。でももし・・・、ひとかけらでもあなたに、なんかしらの「思い」があるのなら筆を取ることをお薦めしよう。それにあなたにはあなたにしかない武器があるんです!
じゃあ武器ってなに?ってあなたは問うだろう。
それはあなただけしか持たないもの、まさに人生そのものなのだ!
例えばそれはマニアック Read more...
2007/08/14

おもろい漫画?お前が描け!

おもろい漫画?お前が描け!
コミックビームの副編集長が言っていた・・
「D通?H堂?マンガ業界にゃ・・・そんなの関係ねえ!」・・・と。
実際はこんな言い方ではありませんでしたが。
なんでそんな発言に至ったのか?それは漫画業界の特殊な構造
に関係がある。他の業界みたいに「制作に大金掛けたんだから少なくとも元とらにゃいかん!」なんていって、クソみたいな作品のおもしろさをでっち上げたりしない。広告主さんのごきげんとって、守りの売れ線ばっかり追ったりしない。おもしろくなければ生き残れない。物凄く安い原稿料なのになぜか鬼のようなサバイバル。
あ・く・ま・で読者のアンケートによってその作品の未来が決まる Read more...
Pages: 12