Nagoya Talents' Network - blog

2007/08/14

おもろい漫画?お前が描け!

おもろい漫画?お前が描け!

コミックビームの副編集長が言っていた・・
「D通?H堂?マンガ業界にゃ・・・そんなの関係ねえ!」・・・と。
実際はこんな言い方ではありませんでしたが。

なんでそんな発言に至ったのか?それは漫画業界の特殊な構造
に関係がある。他の業界みたいに「制作に大金掛けたんだから少なくとも元とらにゃいかん!」なんていって、クソみたいな作品のおもしろさをでっち上げたりしない。広告主さんのごきげんとって、守りの売れ線ばっかり追ったりしない。おもしろくなければ生き残れない。物凄く安い原稿料なのになぜか鬼のようなサバイバル。
あ・く・ま・で読者のアンケートによってその作品の未来が決まる。
それが漫画界の鬼の掟。そんなわけで、D通やらH堂などに代表される広告代理店の 影響を受けることなく、幅広〜い作品と読者層を確保しているのである。

ところが最近少しばかり動向が変わってきた。
携帯とネットの登場である。分かりやすいのが電車の中。
昔なら漫画を 買って読んでいた人が携帯をいじっている!そう!今、漫画雑誌の売り 上げは激減しているのだ!
さらに!僕も大概オタクな男であるが、オタ クの台頭も問題だ。
いくら彼らがお金を落としてくれる「素敵な顧客」 とはいえ、照準を定めすぎて萌え漫画などを量産し過ぎると負のスパイ ラルに陥りかねない。
「一般の層が離れる→「素敵な顧客」向け作品の再生産→さらに一般層が離れる」そうなると漫画業界全体が弱体化してしまうのは明白!これは由々しき事態なのであ〜る!もっと、もっとおもしろい漫画を!

と、おっきくぶち上げてみましたが・・・、結論はこうだ!
そこのおもしろ人生歩んでるおっさん、料理が好きなおばちゃん!世の 中に不満を持っているおにいさん!ものっ凄くおしゃれなお姉さん、あ んたもあんたもあんたも!マンガでも描いてみませんか?

そんなわけで、唐突に漫画講座を開く山口タカシです。
ちなみにオレ、 いまだ漫画で食ってけたりしてません。
このコラムとともに漫画で食っ てけるようになろうって魂胆なんでさあ。ふっふっふ。さあ皆さん!楽しくおかしくまんが道しちゃいましょう!

0comments
Comments
No comments were posted yet
Write a comment
Name:

Want to add email/URL? >> Add
Comment: