Nagoya Talents' Network - タレコラ

AD・柴田 RSS Feed

水曜日

AD・柴田

年齢詐称疑惑のある新人、AD・柴田。彼が隠し持つ、ドラエモンの四次元空間ポケットなみの豊富なウンチクからスポーツネタをお届けします。夢は万馬券!!
2009/04/01

会計はスポーツ?

先日HPを見ていたら、かわったスポーツを見つけました。
 
 その名も「エクストリーム会計」
 HPによると「様々な極限状況の中で会計を行うXスポーツ」だそうです。

ちなみにXスポーツは変わったスポーツや、今までのスポーツをアレンジした競技を総称しているみたいです。時々、深夜にテレビで「Xゲーム」等といってスケートボードや、自転車の競技を放送していることがあります。
最近では、スノーボードのビックエアジャンプとかは、日本テレビが放送していたりしますね。

そんなXスポーツで行われている「エクストリーム会計」。
内容を見ると、スキーをしたり、乗馬したり、スキューバダイビングしたりしてます。しまいには飛行機の上に乗っています。どうやらこのような状況でパソコンや電卓を駆使して「会計」を行うようです。

 詳しくはHPがあるので見てみて下さい(英語サイト)
 http://www.extreme-accounting.com/

誰でも思うのが「なんで、そんなことするの?」と言う疑問がうまれます。
最近ニュースで紹介されている「エクストリームアイロン」なる競技もそうですが、何の必要があって山の上や、海底でアイロンがけや会計をしなくてはいけないのかさっぱり分かりません。

しかし、よく考えてみると、野球もサッカーも「そもそも何のためにするの?」といわれると答えがなかなかありません。バットでボールを打ったり、足でボールを蹴ったりするだけのために、何十億円もの大金をかけて、競技場を作ったりする意味はなんだ?ということになります。
 
そもそもスポーツは娯楽だったり、互いの強さを競い合うものだとすれば、もともと大した意味はないのかもしれません。そう考えると、「誰が最強の会計士か」を決める戦いがあっても良いのではないでしょうか。

有名な登山家、マロリーではありませんが、エクストリーム会計に情熱を燃やす人は「なぜやるの?」と聞かれ、こう言うのでしょう。「そこに会計があるから」と。
それでもやっぱり言いたい。会計は机の上でしましょう!

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20