Nagoya Talents' Network - タレコラ

AD・柴田 RSS Feed

水曜日

AD・柴田

年齢詐称疑惑のある新人、AD・柴田。彼が隠し持つ、ドラエモンの四次元空間ポケットなみの豊富なウンチクからスポーツネタをお届けします。夢は万馬券!!
2009/03/25

WBCのあり方〜日本対韓国が5度ある大会〜

ここのところ野球の話題が多いですが、今回も野球のお話です。

今回は、WBCそのものについて考えてみたいと思います。
(この記事を書いたのは日本対アメリカの準決勝の時です。連覇していて欲しいです)

WBCはいわば、「アメリカのアメリカによるアメリカのための野球大会」です。皆さんの中にも疑問思っている方がいらっしゃるかと思いますが、1つの大会で、同じチームと5回も戦うトーナメントなんて、不思議です。

これには、アメリカの野球発祥の国としてのプライドが丸見えです。野球の強い、韓国、日本、キューバとは、準決勝までアメリカは戦いません。アメリカが戦うのは、オランダやカナダといった野球後進国。メジャーリーガーのいるプエルトリコなどがいるにしても、アメリカにとっては比較的楽なチームがそろっています。つまり「アメリカが優勝する可能性が高くなるように」仕組まれた試合方式なのです。そのため、日本や韓国は何回も対戦させられどちらかが蹴落とされるようにしむけているのです。

大会開催前アメリカのラソーダ大使は「WBCはアメリカの大会だ!野球はアメリカのものだ!アメリカが負けてはいけないんだ!」と声を荒げていましたが、それもそのはず。自分たちが勝つように組んだ大会で、負けるわけにはいきませんから。

しかし、今後WBCを続けていく上で、このままの制度で良いとは言えません。特に今回もアメリカは準決勝で姿を消しました。このままではアメリカの発言力も弱まるでしょうし、大会進行を考え直すべき時に来ていると思います。

例えば、予選ラウンドの組み合わせはクジで決める。予選の上位2チームが勝ち上がって、純粋なトーナメントを行う。そこに現行の敗者復活方式が、組み込まれても良いのではないかと思います。

とにかく、より公平な状況で大会が行われれば、もっと大きな番狂わせや(なぜか決勝がオランダ対カナダ!みたいな)今まで以上に白熱した戦いが見られると思います。

WBCの運営委員会の皆さんにもご一考頂きたいものです。
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20