Nagoya Talents' Network - タレコラ

AD・柴田 RSS Feed

水曜日

AD・柴田

年齢詐称疑惑のある新人、AD・柴田。彼が隠し持つ、ドラエモンの四次元空間ポケットなみの豊富なウンチクからスポーツネタをお届けします。夢は万馬券!!
2009/01/07

競馬って面白い!! 第3回 〜競走馬のお名前 日本編〜

先週は海外競走馬の面白い名前を紹介しました。今回は、日本の競走馬のお名前について紹介します。
 
日本では、昔から速さをイメージする「スピード」や「ハヤブサ」のような、言葉がよく使われていました。しかし、時が経つにつれて、競走馬の名前が増えてくると(競走馬の名前は登録制で、同じ名前は使えません)馬主さんはいろいろな名前を付けるようになっていきました。その中でも、面白いお名前の馬を紹介します。

オレハマッテルゼ
果たしてかれは何を待っているのでしょうか?G1(競馬の中で1番位の高いレース)にも勝利している馬なのですが・・・
名前の由来は石原裕次郎さんの映画「俺は待ってるぜ」から来ていますが、馬につける名前ではない気がします。
『大外(おおそと)から「オレハマッテルゼ」がやってきた!!「オレハマッテルゼ」だ!』なんて実況・・・何となく変です。

ヒコーキグモ
呼んで字のごとし。そのままです。なんか「大空に走る一筋の雲・・・」という感じでかっこいい気がしますが、よく考えるとヒコーキ雲は飛行機が飛んだ後ろにできるもの。何となく縁起が悪い気がします。

エガオヲミセテ
彼女(この馬は女の子です)は、誰の笑顔が見たいのでしょうか?それは永遠の謎です。なぜなら、厩舎の火事で亡くなってしまったからです。
結構強い馬で、繁殖牝馬としても期待されていました。
この火災の後、エガオヲミセテの馬主さんは、エガオヲミセテ調教をしていた調教師に、1頭の馬を預けました。その名前が「ゲンキヲダシテ」。
なんか良い話ですね。

今回は3頭の馬を紹介しました。ちなみにこの3頭の馬たちはみんな同じ馬主さんの所有馬でした。小田切さんという方です。
面白い名前を付ける方で、馬主の中では有名人の1人です。


馬の名前も、人の名前のように、歴史があります。命名した人の思いがあります。三冠馬ディープインパクトは名前の通り、強烈なインパクトを私たちの記憶の中に残していきました。
「競馬初めて見ようかな〜」と思っている人は、馬の名前を見て馬券を買うのも楽しみ方の1つかもしれません。

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20