Nagoya Talents' Network - タレコラ

AD・柴田 RSS Feed

水曜日

AD・柴田

年齢詐称疑惑のある新人、AD・柴田。彼が隠し持つ、ドラエモンの四次元空間ポケットなみの豊富なウンチクからスポーツネタをお届けします。夢は万馬券!!
2008/12/17

競馬って面白い!! 第1回 ~競馬の歴史は血の歴史 ~

競馬をする人の多くが「金儲けをしてるんじゃない、夢を買ってるんだ!」と言ったことがあると思います。競馬ファンである私もおぼえがあります。なぜ、そんなことを言うのでしょうか。理由はおそらく2つ。

 1つは至って簡単。負けたときのいいわけです。
 2つ目は本当に夢を見ているのです。

馬というのはそれぞれに人生(馬生?)があり、それは、脈々と受け継がれる血の歴史が作り出したドラマです。

1700年代中頃、中東のほうから3頭の種牡馬が欧州にやってきました。
バイアリーターク
ダーレイアラビアン
ゴドルフィンアラビアン

彼らは「三代始祖」と呼ばれ、競走馬すべての先祖です。現在、彼ら3頭以外の雄馬=種牡馬を先祖とする馬は競走馬として認められません。
しかし、この当時、他にも種牡馬はたくさんいましたし競走馬としても走っていました。ですが、人間の「より強い馬を作って儲けたい」「強い馬で良いレースに勝って称号が欲しい」などという欲望から、弱い馬しか生み出さない馬は捨てられ、最終的にこの3頭が残ったのです。

馬がこのことを感じていたかはわかりませんが、人間の都合でたくさんの馬が淘汰されていきました。そして、今も同じ行為が繰り返されています。競馬の歴史は、血を残すための「淘汰の歴史」です。人の都合によって、淘汰されていく馬たち。そんな存在だからこそ、生まれてきた子馬にはいろんな人の思いや運命、そして生んでくれた親の運命までもがのしかかります。人は過去に思いをはせ、彼らが生まれ、そして育つ過程を「夢」と呼ぶのでしょう。

皆さんも一度競馬場へ行ってみて下さい。きっと『夢』を感じると思います。

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20