Nagoya Talents' Network - タレコラ

AD・柴田 RSS Feed

水曜日

AD・柴田

年齢詐称疑惑のある新人、AD・柴田。彼が隠し持つ、ドラエモンの四次元空間ポケットなみの豊富なウンチクからスポーツネタをお届けします。夢は万馬券!!

ブログ:Posts list

2009/04/22

グラウンドの違い〜怪我をする理由/人工芝編〜

前回はピッチャーの怪我の歴史を、少しお話ししました。
今回は、ピッチャーに限らず選手の怪我に関してのお話です。
東京ドームが竣工以来、プロ野球の球場は人工芝の球場が劇的に増えました。
現在、プロ野球が本拠地としている球場で、天然芝のグラウンドというと、新広島市民球場、グリーンスタジアム神戸、阪神甲子園球場位ではないでしょうか。
 では、なぜ人工芝なのでしょうか。
 理由は単純。メンテナンスが少なくて済むからです。
天然芝は、芝が伸びれば刈らないといけないし、整備にお金がかかります。しかし、人工芝はそ必要がないため、経費の削減が出来るのです。
ところが、この天然芝は、プレーする選手にとって Read more...
2009/04/08

ピッチャーはなぜ怪我をするのか?〜原因はオーバーハンド?〜

スポーツニュースを見ていると、たまに「○○投手。肘の故障で戦線離脱!」というようなニュースを見ます。
 
ピッチャーというのは、試合の中で、最も多くボールを投げるポジションですから、肩や肘に負担がかかります。それゆえ、肩や肘の怪我をする選手が多くなります。
 
しかしこの怪我は、負担が多いから、というだけで片付けられません。ピッチャーの怪我の歴史は、実は野球の歴史とも言えるのです。
野球がアメリカで始まった頃、ピッチャーは、今のソフトボールのように、下手投げでした、ルールで「腕が肩より上に来るような投げ方はいけない」と決められていたのです。この当時は、ピッチャーとホームベースの距離が短く、バッ Read more...
2009/04/01

会計はスポーツ?

先日HPを見ていたら、かわったスポーツを見つけました。
 
 その名も「エクストリーム会計」
 HPによると「様々な極限状況の中で会計を行うXスポーツ」だそうです。
ちなみにXスポーツは変わったスポーツや、今までのスポーツをアレンジした競技を総称しているみたいです。時々、深夜にテレビで「Xゲーム」等といってスケートボードや、自転車の競技を放送していることがあります。
最近では、スノーボードのビックエアジャンプとかは、日本テレビが放送していたりしますね。
そんなXスポーツで行われている「エクストリーム会計」。
内容を見ると、スキーをしたり、乗馬したり、スキューバダイビングしたりしてます。しまい Read more...
2009/03/25

WBCのあり方〜日本対韓国が5度ある大会〜

ここのところ野球の話題が多いですが、今回も野球のお話です。
今回は、WBCそのものについて考えてみたいと思います。
(この記事を書いたのは日本対アメリカの準決勝の時です。連覇していて欲しいです)
WBCはいわば、「アメリカのアメリカによるアメリカのための野球大会」です。皆さんの中にも疑問思っている方がいらっしゃるかと思いますが、1つの大会で、同じチームと5回も戦うトーナメントなんて、不思議です。
これには、アメリカの野球発祥の国としてのプライドが丸見えです。野球の強い、韓国、日本、キューバとは、準決勝までアメリカは戦いません。アメリカが戦うのは、オランダやカナダといった野球後進国。メジャー Read more...
2009/03/11

野球の面白さ ~投球時間制限は必要?~

先週まで2回にわたり、WBCの話をしましたが、今回も野球のネタです。
今年、日本プロ野球界で大きな話題になっているのが、「投手の投球時間制限」です。
ピッチャーはキャッチャーからボールを貰ってから15秒以内に次の投球をしなくてはいけないというものです。
私も高校まで、野球をしていてピッチャーだったので、このルールを聞いたとき「はぁ?」と首を傾げます。私の場合「速く投げろ!」と審判の方から毎試合注意を受けていたくらい、のらりくらり投げる投手でした。それでも、試合時間は2時間ほど。
今回の投球制限は「試合時間短縮のため」とされていますが、そもそも、野球には試合時間の制限がありません。短縮しよ Read more...
2009/03/04

WBCその2〜2番バッターは誰が良い?〜

先週もWBCにちなんで、野球ネタを1つ。
日本代表の試合となると、毎回注目されるのが「打順」。どの番組のスポーツコーナでも必ずやってます。
誰が何番を打てば、1番強力な打線が組めるか・・・それは、選手の特性、チームカラーなどに大きく影響されます。つまり打順には監督のセンスが出るわけです。
さて、ここで今日の本題。
「2番バッター」です。野球を良く知っている方はご存知でしょうが、古くから2番は「脇役」です。送りバントにエンドラン。盗塁を助けるためにわざと空振りをし・・・そのけなげな姿は、野球選手の鏡です。
しかし、最近はそんな常識が覆ろうとしています。それが「2番バッター最強説」です野村監督 Read more...
2009/02/25

WBC日本代表決定!!!〜野村監督のぼやき〜

野球のワールドカップとも言える大会、「第2回ワールドベースボールクラシック」のメンバーが決まりました。
そのメンバーを見て、ぼやきの達人野村監督が早速ぼやいています。
 なぜ細川が外れた?松中は?という内容です。
 
野村監督の持論として「捕手に打力は重要じゃない」という物があります。まずはピッチャーをリードし、調子良く投げさせることが1番だと考えているからです。
その持論に基づくと、今回のWBCでの捕手の選出には納得がいかないようです。野村監督は捕手として西武の細川選手を高く評価しています。その細川がメンバーから最終選考で外れたので、ぼやいているわけです。
細川選手は西武の正捕手として日 Read more...
2009/02/18

アメリカンフットボールのお話 その3〜アメフトのその後〜

前回は、戦前の日本とアメフトの関係についてご紹介してきました。今週は戦中のアメフトについてご紹介します。
アメリカとの戦争中。アメフトは「敵国のスポーツ」として、行うことを禁じられていました。もちろん、外来語も使えなかったため、「アメリカンフットボール」なんて言葉も使えませんでした。ベースボールは「野球」、テニスは「庭球」、バスケットは「籠球」というように、日本名があります。いつ頃から言うようになったかは良く知りませんが、アメフトは、この時代に、日本名が生まれました。
その名も「鎧球」。「ガイキュウ」と読みます。まぁ防具をつけているのですから何となくわかる気がします。
しかし、最初にアメフ Read more...
2009/02/11

アメリカンフットボールのお話 その2〜日本はアメフト先進国?〜

先週は日本で開催されるアメリカンフットボールのNO1決定戦のお話をしました。今回はその続きです。
日本にアメフトの試合が始まったのは昭和9年。なぜ戦争の色が濃くなってゆく時機に、敵国のスポーツであるアメリカンフットボールの試合ができたのでしょう。そのわけは、大きくまとめると2つあります。
先週お話ししたように、戦前は新聞などのメディアでアメリカンフットボールの記事が、度々掲載されていました。この事から読者の多くが同スポーツについて知っていたのが1 つ。もう1つは移民です。この時機、いわゆる日系2世と呼ばれる人々が、たくさん日本に帰ってきていました。彼らは、アメリカの文化を肌で感じながら育ちま Read more...
2009/02/04

アメリカンフットボールのお話 その1〜日本はアメフト先進国?〜

先週はアメリカで熱狂的な人気を誇るスポーツ、スーパーボールと、文化のお話をしました。今週は、アメリカンフットボールの日本でのお話をしたいと思います。
アメリカで、アメリカンフットボールのナンバ1を決めるのが、「スーパーボール」であることは前回お話しました。日本でもそれに準ずるゲームがあります。その名も「ライスボール」。日本の伝統食「米」とアメリカの漢字表記「米」を引っ掛けています。アメフトのプロ制度がない日本では、大学生リーグのナンバ1と社会人リーグのナンバ1が毎年お正月に激突します。
大学では「立命館大学パンサーズ」「関西学院大学ファイターズ」「法政大学トマホークス」「早稲田大学ビックベア Read more...
Pages: 12