Nagoya Talents' Network - タレコラ

太田亜紀 RSS Feed

キレイ情報局

太田亜紀

五感UPをテーマに毎週更新。美容・食べ物など、オススメ情報が満載です。
2008/06/10

紫外線とのお付き合い 2 ・・・触覚

みなさん、こんにちは。今年はいつもより早く梅雨入りしましたね。早速、前回のコラムが活きてきますよ!今回も引き続き「紫外線とのお付き合い」で進みたいと思います。

肌は主に、太陽光線UV-AとUV-Bの影響を大きく受けます。では、前回お話しなかった、B波(UV-B)を浴びるとどうなるのでしょう。

目に見える現象としては「赤い日焼け」(サンバーン)です。さらに、皮膚細胞のDNAを傷つけ、皮膚ガンの原因ともなるのです!!!(こわいですねー)

紫外線の害に対して私たちは、赤くなったり、皮がむけたり・・・と目に見えたり、陽射しの強さを体で体感すると、「気をつけよう!」と思います。 一方、皮膚ガンになる、シミが出来る!という現象に対しては「今、目に見えている」わけではないので、どうしても紫外線に対する注意がゆるーく、なりますよね。これって健康管理と同じことが言えるのではないでしょうか? 

日頃から、少しでも走ったり、歩いたり、運動や食生活を心がけている人と、暴飲暴食、かつ運動もゼロ!!という人では、将来の体形から、病気から、全く異なってくると思います。 日焼けも健康管理の1つ、と認識してみて下さいね。

脅かすわけではないですが、皮膚ガンは、紫外線を浴びた合計量と比例するとも聞いています。

健康は、日々の積み重ね。 
紫外線ケアは、小さな積み重ね。
紫外線浴びるのも、小さな積み重ね。

さて、どちらの積み重ねを選びますか??

日頃のケアと、少しだけでも紫外線の害に対する意識があれば、太陽だって紫外線だってこわくないのです。自然と仲良くお付き合いしていきましょうね♪
最後に。。。

紫外線対策はUVケア剤をただ塗りこむだけではないのです。ビタミンCの摂取や、肌の保湿をしっかりとして、土台を整えておくことも大切です。

<p.s.>紫外線を浴びた時の保湿ケアについて、エイ出版より発売中のBG(beach girls)No.25のスキンケアページ(p36-41)に詳しく載っています。よかったらご参考にしてください!