Nagoya Talents' Network - タレコラ

太田亜紀 RSS Feed

キレイ情報局

太田亜紀

五感UPをテーマに毎週更新。美容・食べ物など、オススメ情報が満載です。
2008/05/27

汗かき道場・・・触覚

みなさん、こんにちは。
前回の続き「汗」。今回はお風呂の中での汗の掻き方編をお届けします。
普段「汗とは無縁なのよ」という、女優気質のアナタにもオススメしたいのが「半身浴」。汗は掻くことで汗腺が鍛えられます。汗を掻く練習場を自分で作っていきましょう。

* POINT *
1>みぞおち程度まで浸かる
2>お湯の温度は38~40度
3>20分以上浸かる

補足すると
<2>は、熱すぎるお湯では、ゆっくりと浸かることができません。半身浴で内側からシッカリ暖まった方が、冷えにくいのです。
<3>は、体中の血液が暖まるのにかかる時間。20分以上半身浴することで、体の芯から温まります。
その他、細かいアドバイスとしては・・・

■肩などお湯から出ている場所には、乾いているタオルをかけてあげ、冷やさないように。

■お湯の温度が下がってきたら、足し湯などをして、少しお湯の温度を上げてください。その人の日頃の体温にもよりますが、しばらくするとジワーと、汗ばんできます。

■お風呂から出る時、足元に冷水をかけると、血管が収縮し冷えにくくなります。

■お風呂上がりには、水分をしっかりとりましょう。

半身浴をすることで、血液循環が良くなります。また汗を出すことで、体の中にたまった老廃物を排出(デトックス)し新陳代謝が活発になります。
更に、こんなオマケつき!
新陳代謝が活発になることで、太りにくい体に。

半身浴パワーは、これだけではないのです!
美肌効果も期待できます!
体が暖まった肌は毛穴が開き→余分な皮脂が出る→毛穴に詰まった雑菌や汚れが汗と一緒に流れ落ちる→つやつや肌へ☆

最後に、半身浴は汗掻きの練習場だけでなく、デトックス&美肌に一役買うので、毎日は無理でも、1週間に1度など、定期的に実行されることをオススメします。