Nagoya Talents' Network - タレコラ

太田亜紀 RSS Feed

キレイ情報局

太田亜紀

五感UPをテーマに毎週更新。美容・食べ物など、オススメ情報が満載です。
2008/05/20

汗をかく・・・触覚

みなさん、こんにちは。今回もデトックスのお話の続きです。
今回のテーマは「汗」。 

アブラ汗、冷や汗、更年期障害による発汗・・・とまぁ、いろいろあります。また汗にも種類があり、「臭う汗」と「臭わない汗」とあります。ここでは「臭わない汗」のタイプについてお話を進めていきましょう。

汗というのは、何のために掻くと思いますか?
答えは「体温調節」。
私たちの体にとって、汗は大切な機能として備わっているのです。
暑い場所や環境にいる時、体が外界の状況をキャッチして、汗でその環境に体があうように自動調節をしてくれるのですね。ところが最近は、空調で常時平坦な温度調節をされているため、人間が持つ自動調節作用が鈍ってきています。鈍るだけでなく、機能の低下により、汗を掻けない人が現代人に増えているのです。

汗腺は年齢と共に老化します。ですが、汗をかけないのは加齢だけが原因ではありません。外界の「快適温度」に慣れてしまい、普段から汗を掻かないでいると、若くても汗腺機能の低下により、発汗調節が出来なくなっていくのです。人は野外に出ず、屋内で過ごすことが増えていますよね。空調で調節された部屋の中は「快適空間」と呼ばれ、電車内やデパートでは常に季節に関係なく「快適温度」が保たれています。また昔に比べ「運動」をする機会も減少しています。

では、汗をかけなくなると、どうなるのでしょうか。
まず体温調節が出来なくなり、更には、免疫力や自然治癒力の低下、ホルモンバランスの崩れ等にも繋がることがあるのです。たかが汗、されど汗ですね。

最後にみなさんの「最近」を振り返ってみてください。汗、掻きましたか? 最近、汗掻いてないなぁ。。。そんな人はぜひ、次回のコラムも読んで頂きたいと思います。次回も汗関連コラム、「汗かき道場」の話をしていきます。