Nagoya Talents' Network - タレコラ

太田亜紀 RSS Feed

キレイ情報局

太田亜紀

五感UPをテーマに毎週更新。美容・食べ物など、オススメ情報が満載です。
2008/04/01

桜の季節の味わい方・・・視覚

みなさん、こんにちは。
いよいよ春本番。今年の東京エリアの桜は、すでに満開宣言が出されておりますが、まだまだ楽しめますよね!お花見となると、大勢で賑やかに過ごすのも楽しいものですが、1人静かに過ごす時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

今日は、1人で桜の季節を楽しむ方法をお伝えしましょう。
やはり五感を生かすには、公園は外せないスポットです! 大きい公園でなくても、小さい公園でもいいのです。通勤途中、仕事の合間、ランチタイム。時間が許される時に、ふと、足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。誰かと一緒の桜見物とは異なり、物思いにふけったり、桜を愛でている人の姿を遠巻きに見るだけでも、幸せを実感しますよ。老若男女、多くの方が足をとめ、静かに愛でている光景は、心に暖かさをもたらしてくれます。
時々私も一人桜を堪能しますが、その度に「桜はみんなに愛されているな」と思います。

そんな桜を愛でつつ「うっとり」できる場所をご紹介しましょう。
場所は日比谷公園。
本数は少ないけれど、池の周りに桜が咲き、静かな時間を過ごすことが出来るのが、奥まった所にある「鶴の噴水」エリア。都内のお花見スポットとしては知名度低いですが、とても趣があります。桜が散った後は、葉桜の緑と空の青のコントラストがまた、一段と美しいのです。園内で、<うっとり1人桜>を満喫し、小腹がすいてきたら、園内にあるレストランを使うのもいいですね。

日比谷公園内には、カレーで有名な、あの「松本楼」も入っていますし、心字池そばには、オープンテラスがある「日比谷茶廊」もあります。時間があり、公園へ来る前に何か持参できるなら、ベンチに座って過ごすのが最高です! 

<日比谷公園>

この季節は新しい生命が息吹く季節でもあります。桜のパワーや、自然の勢いをかり、心身共にリフレッシュして、また明日から出発です。
桜の季節の味わい方、参考になったでしょうか。あなただったら、どう味わいますか?