Nagoya Talents' Network - タレコラ

太田亜紀 RSS Feed

キレイ情報局

太田亜紀

五感UPをテーマに毎週更新。美容・食べ物など、オススメ情報が満載です。
2008/02/19

女性ホルモンの整え方・・・触覚

みなさん、こんにちは。今回も引き続き、女性ホルモン(エストロゲン)のお話です。
前回は食べることによる、女性ホルモンの促し方でしたが、今回はマッサージによる促し方についてご紹介します。

誰かに触れてもらうことで、赤ちゃんや子供が落ち着いて眠る姿を目にしたことがありますか?別に赤ちゃんだけが、触れてもらう特権があるわけではなく、大人になった私たちでも、それは同じことです。むしろ子供時代のように、触れてもらう機会がグっと減っているからこそ、自らマッサージをすることで、ケアをする必要があると思います。

やみくもにマッサージするコトも「あり」ですが、せっかくなら、女性ホルモンを活性化する効果を持つ精油を使ってみてはいかがでしょう。そうそう、男性が使ったからと言って、いきなり「女性化」はしないので、ご安心ください!

値段も手頃で身近な精油は「ゼラニウム」。
バラの香りに似ていますが、そうではありません。ちなみに、バラもホルモンを活性化させますが、こちらついては、既出のコラムを参照して下さい。

さて、本題に戻りゼラニウムについて。
効果・効能⇒ホルモン分泌調整作用・月経不順・むくみ。
ストレスを緩和する効果もあるので、上手に取り入れてはいかがでしょうか。

ゼラニウムが入っているオイルを使って、1日の最後に「お疲れ様」と労りながら、足のマッサージ。この少しの余裕が、心身をリラックスさせ、自律神経を穏やかに整えます。結果、女性ホルモンの安定へと繋がるのです。

・・・と、むくみ解消やホルモン調整、イライラ解消など、いいことづくしなゼラリウム。参考までに、お気に入りの商品をご紹介。


「ローズ」と「ゼラニウム」の最強コンビのマッサージオイル。
やわらかい香りで、手に取る度に、優しい気分に浸れますよ。