Nagoya Talents' Network - タレコラ

太田亜紀 RSS Feed

キレイ情報局

太田亜紀

五感UPをテーマに毎週更新。美容・食べ物など、オススメ情報が満載です。
2008/02/12

女性ホルモン、出します・・・味覚

みなさん、こんにちは。今回は気になる女性ホルモン(エストロゲン)のお話。
では、いきなり質問からスタートします。

Q;女性ホルモンの分泌量は、一生の間でどのくらいだと思いますか? 
ぐるぐる循環している、毛穴から出ている・・・・なんてことはありません。

A;分泌量とは、微々たるもの。
なんと一生でティースプーン1杯分と言われています!! 
驚きであります。
たった少しの量ですが、ミクロ単位で、ミジンコ視線で見て下さい(笑)

その視線で見てみると、分泌量の増減が体に及ぼす影響というのは、結構深刻だと思いませんか? 私の周りの働きマン女子が言うことには「生理の量が減った」「アゴにひげ」などなど、男性化が起こっているのですから。年と共に減少するホルモンを、いかに今からキープするか。これ重要ポイントです!日頃から気をつけて、分泌促進する生活を目指しましょう! 

と、いうわけで。手っ取り早くは食事です。
女性ホルモン自体を増やすのではなく、疑似成分を出すための自然なサポート法。
有名な模範解答は「大豆」。
大豆に含まれる、大豆イソフラボンがエストロゲンと似た成分。
私たちには馴染み深く、古来から、豆腐や納豆などの食品で摂取しています。
豆腐だと半丁(160g)、納豆だと1パック(60g)の摂取が目安。
先日の節分の、豆まきした残りの大豆でもいいでしょう。。。。


1つ注意点をお伝えすると。大豆製品がいい!と聞くと、そればかりの摂取やサプリメントに依存する方もいますが、どうぞ過剰摂取はしないでくださいね。摂取しすぎることにより、女性ホルモンバランスを崩すこともあるようです。(食品安全委員会の報告による)

何事も「バランスよく!」が大切。
それでは今回は、この辺で終わります。
次回も、まだまだ語り足りない「女性ホルモン」について。お楽しみに!