Nagoya Talents' Network - blog

2007/11/09

けなげだねぇ…

一体、1日に何人の人が電車に乗るのだろうか。

斯く云う私も、電車はほぼ毎日乗る。

移動の手段がその主だが、時には、稽古場になったり仮眠スペースになることもある。

JR東日本には、一方ならぬお世話になっている。

運賃しか払わないが、心では、例えば、鶯谷~原宿区間を1,000円払っても良いと思っている。

心の中では。

さて、『クリスマス・イブ キラキラ☆BOX』の集客が気になって仕方が無い。

300席ある。

普段、30席をいっぱいにするのがやっとだ。

10倍。

高見山×5だ。(丸八真綿より)

私にとっては、暴挙に近い。

しかし、決めてしまった。

始まってしまった。

もう後へは引けないし、引きたくない。

だから、やるしかないんだ。

300席をいっぱいにして、その次は、お運びいただいたお客様に粗方満足して帰っていただくという、ダブルミッションだ。

チラシを7,000枚刷った。

寄席へ置いたり、色々な演芸会、ライブなどに折込をしたり、或いはお世話になっているお客様やお店の方々にお願いして各お店などに置いてもらう、いただいたアンケートからご案内を送付する…

ありとあらゆる方法で、これから告知をしていく。

今日も今日とて、電車に揺られて、都内を行ったり来たり。

電車の車内を見渡すと、中吊り広告や壁の広告…

実に、様々な広告があるものだ。

これで、ご飯3杯はいけるな…

情報をおかずにメシを喰らう…島耕作もビックリの程だ。

さて、告知の話。

この車内の広告は、一体、何人の目に触れるのだろう。

ここにチラシが貼れたら…

 無理だ。

んで…

無印良品で求めた透明のバッグがある。

400円弱。

そこに、チラシを入れて電車でこれ見よがしにアピール。

さながら、街のサンドイッチマンよろしく、自ら広告となるのだ。

これを見て、一人でも「神田きらり」という名前を知ってもらったら面白いな。と思った。

時々、向きも変えて裏側も見せちゃったりして。

っくぅ~~~!!涙ぐましいねぇ…、我ながら。

けなげすぎて、哀愁さえただよっちゃうよ。

だけど、今はそれどころじゃないんだ。恥ずかしがってる場合じゃないんだ。

こっちは、伝えたいことがいっぱいある。

だから、講談を知って欲しい、聴いて欲しい。

暫く、サンドイッチマン作戦をやってみるつもり。

もし、電車の中でそんな私を見かけたら、どうか、声をかけてください。

「あの~、ソレ、何ですか? ぅわ~~~っ!!是非、行ってみたいです!!チケット売ってください!!」

情けないやり方だけど、

溺れるものは藁をも掴む。

そして、迎えるクリスマス・イブは、お運びいただいたお客さまの心を掴むんだっ!!!

夢をこの手に掴むんだぁ~~~~っっっ!!!!

やったるでぇ~。

 

 

9comments
Comments
  • 1

    いやあ、こうやって営業努力をしていれば、必ずや実を結びます。
    そうです、恥ずかしいなんてこと言ってちゃあダメ。

    なんだったら、近所の高校生なんかを雇って、同じバッグを持たせて電車の乗せたりしてみるのもいいかもね。

    さて、何人に声をかけられるか、楽しみですね。

    by: Take-No5, on 2007/11/09
  • 2

    サンドイッチマン作戦、お見事!笑かしてもらいました。何人か、人をやとって、サンドイッチマン作戦をしてもらい、人の気を引くってのはどう?ちなみに私もやりますよ。

    by: ヒラタニ, on 2007/11/09
  • 3

    本日はお招き頂きありがとうございました。
    松鯉師匠の講談は初めてでしたが、
    きらりさんの言っていた
    「包み込まれるような高座」というのが少しわかりました。
    阿武松は落語で大好きなお話です。
    講談もイイっすね〜。
    松鯉師匠の演じ分けが非常にわかりやすく
    どっぷり話に入れました。

    きらりさんの高座では
    思わず涙しました。
    入門当時のお話で。。
    あと1ヶ月、あと1週間、あと1日。
    あの時辞めなくて良かったです。

    by: よしの, on 2007/11/09
  • 4

    >Take-NO5さま

    コメントありがとうございます。
    今のところ、一人からも声をかけられておりません。
    考えてみれば、自分も同じ立場なら声なんて絶対かけませんもん。でも、「神田きらり」っていうのが頭に残ってて、例えば、ネットで調べてみるとか・・・。
    そうして、この東京タレントナビにたどり着いてくれたら、儲けもんです。
    やらないより、やった方が良い。
    無駄でも何でも、やり尽くして当日を迎えたいと思います。
    ありがとうございます。

    by: きらり, on 2007/11/10
  • 5

    >ヒラタニさま

    コメント、サンクスです。
    よし!君をサンドイッチマン2号に任命する。
    早速、明日から実行に移すように。
    人を雇えるだけの器量もお金も無いよ。
    あるのは、情熱だけだ。
    だから、二人で力を合わせてがんばろう。
    2号よ!!頼んだぞ!!

    1号より

    by: きらり, on 2007/11/10
  • 6

    >よしのさま

    今日は、お忙しいところお運びいただき有難うございました。
    差し入れ、かえって申し訳ありませんでした。
    切腹最中、実物は初めてです。
    ありがとうございます。
    また、お帰り際にご挨拶できず、失礼いたしました。
    ホント、始めのうちは、楽屋修行が嫌で、何度辞めたいと思ったかわからないけれど、こうして、東京タレントナビにブログを書き、よしのさんやいしわたりさん、山田さんとお会いできたのも、続けていたからですね。
    まさに、継続は力なり。
    身をもって体験しています。
    今後とも「辞めずに」がんばりますので、
    よろしくお願い致します。
    いしわたりさん、山田さんにもよろしくお伝えくださいましね。
    ありがとうございます。

    by: きらり, on 2007/11/10
  • 7

    興奮のあまり、お礼が遅れて失礼致しました。
    先日の日本橋亭、きらりさんのぐっとくる噺、前座時代の苦労は何度聞いても聞き足りません。
    きらりさんが惚れ込んだ師匠の高座、阿武松のすごさが週を明けた今でもぶり返してきます。
    きっと、きらりさんが弟子入りしよう!っと思われたのは
    この何十倍もの感動、これだ!という心からの思いだったのだと思います。
    私も周りに、きらりさんの凄さをしゃべりまくりますので
    歩くサンドイッチマンになりますね。
    とりあえず、電車の中できらりさんの噺のすごさを
    乗客に怒られない位の大きさの声でに友人に話そうと思います。クリスマスが楽しみです!!

    by: いしわたり, on 2007/11/12
  • 8

    いしわたりさま

    コメント、いつもありがとうございます。
    そして、先日の師匠の会へは、お忙しいところお運びいただき誠にありがとうございました。
    最近、電車に乗る瞬間の気持ちが、高座に上がる瞬間の気持ちに似てきました。
    誰も、そんなにこっち見てないんでしょうけどね。
    ご友人に嫌われない程度に(笑)、よろしくお願いいたします。
    いつも感謝してます。

    by: きらり, on 2007/11/13
  • 9

    YouTubeで講談を観て!
    ブログを読んで
    歌を聴いて
    またブログのこの記事を読んだら
    涙が出てきましたよ

    そしてまたコメントしたくなっちゃった
    2007/11/09・・・現在2011/10/21
    4年前の記事にコメントするって
    少し変な感じ
    いまのきらりさんはどうなってるんだろう

    今のブログの記事を読まなくちゃいけないんだな
    どれどれ・・・
    トップページを見たら
    2008/05/14落し物です…か?
    止まっている

    落語芸術協会のプロフィにあるHPは
    講談のある生活
    こちらの最新ページは
    2011-01-06 00:38:45 正月初席
    やはり止まっている

    今度はtwitter
    7月21日でストップ
    講談女伊達のブログの
    最終更新は
    2011-08-25 20:22:24

    これを投稿しても
    彼女はチェックしてないってことだな
    それでもいいや
    そのうちに
    今の彼女に会えるでしょ

    by: 一郎, on 2011/10/21
Write a comment
Name:

Want to add email/URL? >> Add
Comment: