Nagoya Talents' Network - blog

ブログ:Posts list

2007/12/26

AD山田、憧れのクリスマス

昨日はクリスマスでしたね。
ベタなイベントは「やるぞクリスマス!楽しむぞクリスマス!」っていう心意気がなければなかなか味わえないものです。山田家は昔からクリスマスには七面鳥ではなく、すき焼きを食べる一家だったので、素敵デーでもドラマティックデーでもありませんでした。そんな純和風な家庭に育った私ですが、小さい頃から憧れの的だったのが大きなクリスマスツリーとその下に置かれる大小様々なプレゼント。テレビに映るようにプレゼントが沢山もらえるパーティーが開かれるんだったら、親にたった1つだけ買って貰えるプレゼントを必死に考えなくてもいいのに・・・、という浅はかな想いが小さな頃の私の悩みでした。
金沢の奥地 Read more...
2007/12/19

掃除機片手に現実と架空をいったりきたり

坊主も走るとか言いますが、年末にかけて街や人も慌ただしさが増してきたように思います。かくいう私も、ドタバタしながら「もうクリスマスかよ!」と1人つっこみをしています。その一方で、サンタクロースが来て1ヶ月の海外旅行プレゼント!なんてくれないかな、と考えながらリアルに年末ジャンボの列に並んじゃいました。こんな季節は、忙しさを忘れノンキに明るい映画でガハハと笑いたい所ですが、1年を振り返る意味で、お勧め映画2本ご紹介です。あなたの生活が現実じゃなったら・・・というこわーいお話・・。
「オープンユアアイズ」 1997年 スペイン映画
「トゥルーマンショー」 1998年 アメリカ映画
2本とも有名な Read more...
2007/12/12

SF映画の結末、また会いましょう

映画の中では人類は何度も滅亡しています。
そのパターンは様々で彗星が落ちてきたり、地球の回転が止まったり、ゾンビだらけの世界になっていたり・・・。
やりきった感のあるテーマ「人類滅亡」ですが、ちょっと新しい「地球の最後」映画が出てきました。私はまだ見ていませんが、現在公開中の「アイアムレジェンド」。ポスターの「地球最後の男」というキャッチコピーに衝撃を受けました。世界で1人だけで何をしているの?何で1人だけ生き残れたの?など疑問が山積みです。
そういえばこの映画の設定は、小学校の頃に図書館で読んで非常に怖かった手塚治虫の「火の鳥 未来編」と似ています。あの話は地球上でたった1人生き残った主人 Read more...
2007/12/05

南アルプスで記憶喪失を願うロードムービー

先日仕事で山梨に行き、車で東京に帰る途中、ある案内標識に目が止まりました。そこには「南アルプス」の文字が!もちろんこれはだいぶ前に話題になった山梨県南アルプス市のことです。分かってはいましたが、チロリアン柄シャツと草原と駆け回る少女と山羊を思い浮かべ、ハンドルをそちらに向けそうになりました。さて、そんな時に思い出したのが映画、ヴィムベンダースの「パリ、テキサス」。タイトルの「パリ」と「テキサス」からくるイメージのギャップと、なぜかリズムを感じるタイトル。私の中でタイトル賞を決めるならダントツ1位の作品です。
★ あらすじ★
テキサスで記憶喪失の放浪男性が野垂れ死寸前で助けられる。自分の弟と再会 Read more...
2007/11/28

あだ名の弊害、岡田くんバージョン

最近、私は会社内で「山田さん」から「だっち」という「あだ名」で呼ばれるようになりました。あだ名というのは大抵の場合、周りの人がつけるもの。本人は、理不尽な気持ちを抱えつつだんだんとそのあだ名に慣れていってしまいます。昔の知り合いに「ブー」と呼ばれる女の子がいて、仲良しだったのですが、事情を知らない人は、「あの子いじめられている」と思っていたそうです。
私は仕事柄、出演者の方にむかって「カトちゃん」だの「リエちゃん」だの呼んでしまったら、完全にアウトです。なぜなら私は、奴隷と呼ばれるADです。出演者の方の機嫌をそこねることは、イコール「ク・ビ」に繋がります・・・。
そんな私の話は置いといて、フ Read more...
2007/11/21

東京にある、テレビ番組制作ADの聖地

 Yディレクターいわく、東京にはADにとっての聖地があるそうです。AD達は、ソコにむかって日に3度祈りを捧げます。そして感謝の気持ちをこめて「マイホーム」と呼ぶのです。その崇高なる聖地は「上野アメ横」、「日暮里繊維街」、「かっぱ橋道具街」、「秋葉原電気街」などの専門店が軒を連ねるスポットです。おそらくこのエリアには、テレビ関係者だけで多額の献金がおこなわれているはずです。Yディレクターなどは新橋の飲屋街より東急ハンズやビックカメラに行く回数の方が多い、立派な信者です。
さて、このエリアの何がそんなに貴いのかというと、そこにはAD達の抱えている難問を解決するスペシャリストが数多く存在するからです Read more...
2007/11/14

新橋+映画館=ニューシネマパラダイス

 私の勤めている会社が、おしゃれスポット「恵比寿」からおっさんの街「新橋」に移転しました。テレビのインタビュー撮影で酔っ払いサラリーマンを撮影するのは「新橋」、元気な高齢者を撮るなら「巣鴨」みたいなセオリーがあるのか、どちらの街もカメラクルーをよく見かけます。私はすかさず自分と同じ職業「AD君」を探しフムフムと1人、同業者のワザを観察しています。
 さて、新事務所で約1ヶ月。私は新たな拠点、新橋の深みを探ろうと思いおじさん達の「文化遺産」へ。目指すは、名画を上映する「新橋文化劇場」と、お色気ウッフ〜ンなポルノを上映する「新橋ロマンス劇場」の映画館が連なる「新橋映画ストリ〜ト」(山田命名)です。 Read more...
2007/11/07

おじさん達の文化遺産

いつも出勤ぎりぎり、大あわてで会社に来ているからあまり目にも留めなかったけれど、徹夜明けの仕事帰りに見た映画館の風景があまりにも20年前に見た風景と似ていたので私の映画の初体験を思い出してしまいました。
5歳の時に母親に連れられていった東宝系の映画館。
そこで「ドラえもん 映画シリーズ」をよく見に来ました。そこは今のシネコンのように大きくもないし汚いしポップコーンの匂いよりもタバコの匂いの方が強い、そんな教育委員会がどなりこんできそうな映画館。ここ10年で私の地元にはそんな映画館が2軒消えて、郊外にシネコンのついた大型スーパーが増えました。最近ではミニシアター開館ラッシュで東京・渋谷には「 Read more...
2007/10/31

東京タワー、私とあなた時々地デジ

私の田舎の母親に言わせると
「地デジなんか、しらん!」
の一言で終わります。
ですが私は、テレビ業界のはしくれに身を置く人。
よくわからないながら、上司に怒鳴られながら、知らなきゃまずいと勉強をしておりました。2011年から強制的にはじまるというヤツ。そうアイツです。謎の存在、「地デジ」=「地上派デジタル放送」。
地デジのしくみ=「010101」が電波に乗ってやってくる。なんてエイリアン襲撃チックなSFナミに意味わからん響きだな、なんてのほほん〜と構えていたのですが「双方向」?「ワンセグ」?「ハイビジョン」?と次から次へと聞き慣れない言葉の波が押し寄せてきて私の思考は、宇宙の彼方へ押し流されて Read more...
2007/10/24

ハリウッドより、お江戸日本橋亭

日本橋のお江戸日本橋亭という演芸場に行って参りました。昼休みと称し、口うるさい上司を煙に巻くこと4時間!へへへ。
日本橋という場所からして東京の由緒ある場所なんだろうな〜、はいからさんとぶつかってぇ〜、などと想像を膨らましていたんですが、ぶつかった、いや避けら れたのは大勢のサラリーマンの皆様でした。「日本のお父さんお疲れ様です。」というキャッチフレーズが頭をかすめつ つ、生講談だぁ!とドキドキしながらお江戸日本橋亭へ。
そこにはタレントブログで爆笑な毎日を告白している神田きらりさんのお姿が!しかも木戸銭は破格の1,000円!きらりさんは江戸の超ダークキャラ、「村井長庵」を語りました。このお話 Read more...
Pages: 1234