Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2016/04/08

欧州選手権inブラチスラバ蔵出し写真集(6)…祝!ドイツ新生ペア銅メダル獲得から仰天情報まで

今年の世界フィギュアスケート選手権を一言で表すとしたら、大山鳴動して鼠一匹といったところでしょうか。昨年覇者のエリザベータ・トゥクタミシェワが出場できなかった女子シングルを除けは、残る3つのカテゴリーの優勝者は全て昨年からの連覇に終わろうとは、大会前に予想した人は少なかったのではないでしょうか。昨年に引き続いての君が代の流れない大会に終わり、優勝は確実かと思われた羽生結弦選手やメダルの期待の濃厚だった宇野昌磨選手や宮原知子選手などは相当悔しさが残ったことと思いますが、まずは心身ともに静養に十分な時間を充てていただき、来期以降の活躍に期待したいと思います。
もっとも、当コラムで詳しく取り上げたド Read more...
2016/04/01

欧州選手権inブラチスラバ(5)…意志の強さは金メダル級!ドイツ女子シングルを牽引するナタリー・ワインツィール

この原稿が掲載される頃といえば、アメリカ・ボストンで開催される世界フィギュアスケート選手権の真っ只中、アイスダンスのショートダンス(日本時間3月31日0:45~)と男子シングルのショートプログラム(同3月31日8:15~)に女子のショートプログラム(同4月1日2:10~)が既に終了、これからアイスダンスのフリーダンス(同4月1日9:30~)が始まるところでしょうか。ボストンと日本の間には14時間の時差があり、マイア&アレックス・シブタニ組(アメリカ)で金メダルも十分狙えるアイスダンスのフリーダンスが木曜夜、男子フリーが金曜夜、そしてグレイシー・ゴールド(アメリカ)のメダル獲得に期待のかかる女子フ Read more...
2016/03/25

欧州選手権inブラチスラバ(4)…出場停止処分解除でついに大舞台へ!ドイツの新生ペア「サフチェンコ/マッソ組」の挑戦が始まる

この原稿が掲載される頃といえは、世界フィギュアスケート選手権(3月30日~4月3日、アメリカ・ボストン)まであと5日というタイミングです。最近当サイトで取り上げてきたチェコのブレジナ兄妹(ミハル・ブレジナ及びエリシュカ・ブレジノバ)とその父ルドルフ、スロバキアのニコル・ライチョワ選手およびそのステージパパのトム(フィギュアスケート欧州選手権inブラチスラバ(2)家族愛対決!スロバキアのライッチ家VSチェコのブレジナ家)、イギリスのフィリップ・ハリス選手とその愉快なコーチのブレイコ夫妻(欧州選手権inブラチスラバ(3)今夜も無礼講(ブレイコ)!ゴディバの街の陽気なコーチは選手よりも目立つ)などもき Read more...
2016/03/18

欧州選手権inブラチスラバ(3)…今夜も無礼講(ブレイコ)!ゴディバの街の陽気なコーチは選手よりも目立つ

この原稿が掲載される4日前といえば、ホワイトデーでした。女性の皆様は、ひと月前のバレンタインデーのお返しをゲットできたでしょうか?それとも、キリスト教徒でもないのにバレンタインデーだなんてとばかりに完全無視?バレンタインデーとは、269年頃の2月14日に殉教死した実在の司祭である聖ヴァレンティヌスさんの記念日であり、本来は恋人同士が(男女どちらからも)カードやプレゼントを贈り合うもので、ドイツでは街頭でバラが無料配布されたりしましたが、女性から男性にチョコを贈る(逆方向は無い)というのは日本だけとされており、ましてホワイトデーとなると、これは完全に日本の菓子業界が勝手に作り上げたものであり、海外 Read more...
2016/03/11

3・11から5年の今年、ベルリン国際映画祭で高評価!ドイツ注目の「フクシマ・モナムール」ってどんな映画?

この原稿が掲載されるのは3月11日、あの東日本大震災から5年の節目の日にあたります。このためか、先月あたりからドイツで「FUKUSHIMA」の話題を耳にすることが多くなりました。先月といえば、2月11日から21日にかけてドイツでは恒例のベルリナーレ(Berlinale)こと、第66回ベルリン国際映画祭が開催されており、連日のように朝のワイドショーや昼夜のニュース番組を賑わしていました。ところが、ある日の昼間、何気なくテレビをつけたところ、このような画面が目に飛び込んできました。
トレバー・ホーン(「ラジオスターの悲劇」で有名なバグルスの片割れ)みたいなメガネ姿が個性的な女性が出てきました! Read more...
2016/03/04

女はみんな老婆?!女性の苗字が語尾変化するチェコ語とスロバキア語の奇妙な世界

読者の皆様の中には、先週のコラムを読みながら「??」と腑に落ちないものを感じつつ読み流した方もいらしたのではないかと思います。というのも、スロバキア滞在中に早々と気付いた「とあること」について、字数の関係で説明を割愛したからです。この「とあること」とは、世界の中でも特にスロバキアとチェコで顕著にみられる現象であり、別稿を用意してきちんと説明すべきと考えました。ということで、今週のコラムで紹介するのは、「同じ家族内でも男女で苗字が違う」「女性だけが苗字の末尾に-OVAが付く」という現象です。
先週の原稿では、フィギュアスケート男子シングル選手のミハル・ブレジナ(Michal Březina:厳密 Read more...
2016/02/26

フィギュアスケート欧州選手権inブラチスラバ(2)…家族愛対決!スロバキアのライッチ家VSチェコのブレジナ家


先週は台北でフィギュアスケートの四大陸選手権が開催されていました。四大陸とはアジア・アメリカ・オセアニア・アフリカの四つで、オリンピックの五つの輪が象徴する五つの大陸から欧州を除いたものです。つまり、欧州選手権に相当する大会が無い他の大陸の選手に同等のレベルの大会への出場機会を提供するために1991年に創設されたという、比較的新しい大会です。
翻って欧州選手権の方は1891年創設、つまり今年で何と125周年であり、近代オリンピックや世界選手権(いずれも1896年創設)よりも歴史が長いというからビックリです。「氷が無い」(1902年)とか「参加者が一人のみ」(1903年)という現代では考えられ Read more...
2016/02/19

フィギュアスケート欧州選手権観戦記(1)…ブラチスラバ到着からオンドレイ・ネペラ競技場に辿り着くまで


フィギュアスケートの欧州選手権といえば、以前のコラムでも何度か取り上げたことがあります。2013年のクロアチア・ザグレブでの大会は今や泣く子も黙るハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)にとっての欧州初制覇でしたし(クロアチアの中の日本(1)「欧州選手権inザグレブ」新ヨーロッパチャンピオンは羽生結弦選手のチームメイト)、2015年のスウェーデン・ストックホルムの大会についてはその後の世界選手権との絡みで写真のみ紹介しました(欧州勢旋風となった2015年世界フィギュアスケート選手権を検証する)。そして今年も性懲りもなく、私はスロバキアの首都ブラチスラバで開催された欧州フィギュアスケート選手権に Read more...
2016/02/12

「今年の文章2015」選出のメルケル首相発言よりもはるかに面白い!ドイツ内務大臣の迷言がSNSで話題


ドイツ版の流行語大賞というよりは「今年の漢字」に匹敵するとされる「今年の単語2015」において、「フリュヒトリンゲ」(難民の複数形)が1位に選ばれ、昨今の欧州の難民流入問題への関心と問題意識の高さを伺わせたこと、そして似たような企画として他に「今年の文章2015」というのが今年の1月中旬に発表されるということを、昨年末のコラムで述べました(「今年の漢字」のドイツ版に相当?「今年の単語」に選ばれた「フリュヒトリンゲ」が巻き起こした論争の意味)。
本当は年始に紹介するつもりだったのが大変遅れてしまいましたが、2015年版のドイツの「今年の文章」が先月11日に発表されました。晴れて大賞に選ばれたの Read more...
2016/01/29

美談の舞台だったパリの大病院HEGPに激震!現職の循環器科医がモラハラを苦に自殺という衝撃

昨年のパリの同時多発テロの際、パリ市内の病院は当然のことながら軒並み人手不足に見舞われ、各病院の救急部が応急的措置としてたまたま近くに居合わせた医師や消防・救命士に呼びかけて駆けつけ応援を仰ぐという、テロ続きのフランスですっかり定着した感のある「ホワイトプラン」及び「レッドプラン」が発動されました(パリの同時多発テロの際に話題となった「ホワイトプラン」って何?)。報道によれば、それまで会ったこともなかった初対面どうしの専門職者たちが実に見事に連携して診療していたようですが、その中でも特に私の心を動かしたのが、たまたまパリに観光で滞在中だったブルターニュのお医者さん3人のエピソードでした。彼らは何 Read more...
Pages: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950