Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2016/05/20

海外報道で読み解く熊本地震(4)…助け合いの輪、ドイツ発→ハイデルベルク経由→熊本へ!

熊本地震から早一ヶ月が経ち、九州地区では新幹線や高速道路の再開やライフラインの復旧も進み、停止していた工場の再開なども報じられるようになりました。しかし、現在も多くの人々が自宅損壊に苦しみ、一万人以上が避難所生活を強いられています。この状況に対し、いち早くボランティアとして現地入りして活躍中の方もいることでしょうし、そこまでできない人の場合は、街角での募金活動に協力したり、はたまたスーパーに並ぶ熊本県産の野菜や果物などを見たら積極的に買うようにしたりと、みんながそれぞれの方法で少しでも被災地に貢献しようと考えていることでしょう。
そして、そのような気持ちは遠く離れたドイツ国民も同じ特にお城で有 Read more...
2016/05/13

海外報道で読み解く熊本地震(3)…地球温暖化と火山活動との関連性を指摘し続けるターゲスシュピーゲル紙

先月の熊本地震以降、今も九州地区では余震が続いているようです。5月7日の時点の気象庁の発表によると、4月14日以降の熊本・阿蘇地方と大分県中・西部における震度1以上の地震は計1300回を超えました。また、熊本地震の本震(4月16日午前1時25分)があった日は、同日午前8時半に阿蘇山の小規模噴火もみられました。ここから想像するに、前回および前々回の記事でも取り上げた、フランスでは「火のベルト(ceinture de feu)」、ドイツでは「火の輪(Feuerring)」と呼ばれる環太平洋火山帯の活動は、いまだに予断を許さない状況にあるとみるべきでしょう。(海外報道で読み解く熊本地震(1)今回の地震 Read more...
2016/04/29

海外報道で読み解く熊本地震(2)…ドイツでのキーワードは「火の輪」から「ファスナー効果」へ?

4月14日夜の前震と4月16日未明の本震に代表され、数百回に及ぶ余震が今も続く熊本地震においては、震災そのものによる死亡と避難生活における震災関連死を合わせた人数が既に60人近くに及ぼうとしています。身近な存在を亡くされた方、今も自宅に入れない避難中の方、自宅が無事でも断水や物資不足などあらゆる不便を強いられている方など、多くの人々に多大な苦痛・苦悩をもたらした大震災でありながら、激甚災害指定は4月25日という遅さでした。そんな中でも、在来線や九州新幹線は部分的再開に始まり少しずつ復旧しつつあり、高速道路の復旧も目途が立ちつつあります。断水も少しずつ解消に向かっているようで、一日も早く復興に必要 Read more...
2016/04/22

海外報道で読み解く熊本地震(1)…今回の地震が異例とされる理由とキーワード「火のベルト」

皆様もご存じの通り、4月14日夜を皮切りに熊本・大分を中心に地震が続いています。最初のマグニチュード6.2(※末尾註)の地震も十分に大きな規模のものでしたが、余震がひっきりなしに続く中で4月16日の未明に南阿蘇村等で起きたマグニチュード7.0(※末尾註)の地震は、本震に引き続くより小さめの余震というこれまでの先入観を大きく裏切る、誰も予想できなかったものでした。前者の余震と考えられていた後者が「本震」へ、前者が「前震」へと後日呼び変えられるようになったこと自体、今まであまり経験したことのない異例の事態ではないでしょうか。当稿作成時点での報道によれば、すでに42名の尊い命が奪われ、現地では住民のみ Read more...
2016/04/15

毎週誰かが公開懺悔?究極の”不寛容時代”を生きる(1)…バトミントンの田児選手と桃田選手の場合

2016年といえば始まってからまだ1/3も経過していませんが、今年ほど芸能人やスポーツ選手の公開懺悔とも呼ぶべき記者会見の多い年も珍しいかもしれません。年始早々にワイドショーを席巻したタレントのベッキーの「ゲス不倫」の謝罪会見当時は、それが単に「懺悔の連鎖」のトップバッターに過ぎなかったと後々判明しようとは、全く想像できませんでした。以降、SMAPの解散騒動に際して「公開処刑」とまで揶揄されたメンバーの生放送での謝罪、海の向こうではテニスのマリア・シャラポワ選手がドーピング陽性で謝罪会見、さらに昨年のプロ野球の野球賭博疑惑が発覚した読売巨人軍の「第四の男」こと高木京介投手のまるで子供のように涙を Read more...
2016/04/08

欧州選手権inブラチスラバ蔵出し写真集(6)…祝!ドイツ新生ペア銅メダル獲得から仰天情報まで

今年の世界フィギュアスケート選手権を一言で表すとしたら、大山鳴動して鼠一匹といったところでしょうか。昨年覇者のエリザベータ・トゥクタミシェワが出場できなかった女子シングルを除けは、残る3つのカテゴリーの優勝者は全て昨年からの連覇に終わろうとは、大会前に予想した人は少なかったのではないでしょうか。昨年に引き続いての君が代の流れない大会に終わり、優勝は確実かと思われた羽生結弦選手やメダルの期待の濃厚だった宇野昌磨選手や宮原知子選手などは相当悔しさが残ったことと思いますが、まずは心身ともに静養に十分な時間を充てていただき、来期以降の活躍に期待したいと思います。
もっとも、当コラムで詳しく取り上げたド Read more...
2016/04/01

欧州選手権inブラチスラバ(5)…意志の強さは金メダル級!ドイツ女子シングルを牽引するナタリー・ワインツィール

この原稿が掲載される頃といえば、アメリカ・ボストンで開催される世界フィギュアスケート選手権の真っ只中、アイスダンスのショートダンス(日本時間3月31日0:45~)と男子シングルのショートプログラム(同3月31日8:15~)に女子のショートプログラム(同4月1日2:10~)が既に終了、これからアイスダンスのフリーダンス(同4月1日9:30~)が始まるところでしょうか。ボストンと日本の間には14時間の時差があり、マイア&アレックス・シブタニ組(アメリカ)で金メダルも十分狙えるアイスダンスのフリーダンスが木曜夜、男子フリーが金曜夜、そしてグレイシー・ゴールド(アメリカ)のメダル獲得に期待のかかる女子フ Read more...
2016/03/25

欧州選手権inブラチスラバ(4)…出場停止処分解除でついに大舞台へ!ドイツの新生ペア「サフチェンコ/マッソ組」の挑戦が始まる

この原稿が掲載される頃といえは、世界フィギュアスケート選手権(3月30日~4月3日、アメリカ・ボストン)まであと5日というタイミングです。最近当サイトで取り上げてきたチェコのブレジナ兄妹(ミハル・ブレジナ及びエリシュカ・ブレジノバ)とその父ルドルフ、スロバキアのニコル・ライチョワ選手およびそのステージパパのトム(フィギュアスケート欧州選手権inブラチスラバ(2)家族愛対決!スロバキアのライッチ家VSチェコのブレジナ家)、イギリスのフィリップ・ハリス選手とその愉快なコーチのブレイコ夫妻(欧州選手権inブラチスラバ(3)今夜も無礼講(ブレイコ)!ゴディバの街の陽気なコーチは選手よりも目立つ)などもき Read more...
2016/03/18

欧州選手権inブラチスラバ(3)…今夜も無礼講(ブレイコ)!ゴディバの街の陽気なコーチは選手よりも目立つ

この原稿が掲載される4日前といえば、ホワイトデーでした。女性の皆様は、ひと月前のバレンタインデーのお返しをゲットできたでしょうか?それとも、キリスト教徒でもないのにバレンタインデーだなんてとばかりに完全無視?バレンタインデーとは、269年頃の2月14日に殉教死した実在の司祭である聖ヴァレンティヌスさんの記念日であり、本来は恋人同士が(男女どちらからも)カードやプレゼントを贈り合うもので、ドイツでは街頭でバラが無料配布されたりしましたが、女性から男性にチョコを贈る(逆方向は無い)というのは日本だけとされており、ましてホワイトデーとなると、これは完全に日本の菓子業界が勝手に作り上げたものであり、海外 Read more...
2016/03/11

3・11から5年の今年、ベルリン国際映画祭で高評価!ドイツ注目の「フクシマ・モナムール」ってどんな映画?

この原稿が掲載されるのは3月11日、あの東日本大震災から5年の節目の日にあたります。このためか、先月あたりからドイツで「FUKUSHIMA」の話題を耳にすることが多くなりました。先月といえば、2月11日から21日にかけてドイツでは恒例のベルリナーレ(Berlinale)こと、第66回ベルリン国際映画祭が開催されており、連日のように朝のワイドショーや昼夜のニュース番組を賑わしていました。ところが、ある日の昼間、何気なくテレビをつけたところ、このような画面が目に飛び込んできました。
トレバー・ホーン(「ラジオスターの悲劇」で有名なバグルスの片割れ)みたいなメガネ姿が個性的な女性が出てきました! Read more...
Pages: 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849