Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2016/08/26

リオ五輪特集(2)…その名も「ヒーロー・デ・ジャネイロ」!ドイツを感動の渦に包んだアンディは「リオの花」?

ブラジルのリオデジャネイロで開催されていた第31回夏季オリンピックは、全106ヶ国から参加した約1万人のアスリートが2週間に渡り306の種目で大熱戦を繰り広げてきましたが、先日ようやく全日程を終了しました。最終的にドイツのメダルランキングは5位(ロンドン五輪よりも1ランクアップ!ちなみに日本は6位)、メダル総数は先週紹介したドイツのビルト紙の「メダル皮算用」の記事では「ズバリ、70枚!」とブチあげていましたが、結局は日本よりも1枚多い42枚(金17・銀10・銅15)で確定、これはロンドン五輪でのメダル獲得総数44よりも2枚少ないものとなりました。もっとも、ロンドンでの44枚のメダルの内訳は金11 Read more...
2016/08/19

リオデジャネイロ五輪特集(1)…毎度ながらのスロースターター?ドイツのメダル皮算用

この記事が掲載される頃といえば、南米発となるブラジルのリオデジャネイロで開催中のオリンピックもほぼ終わりつつあり、高校野球は準決勝の直前というタイミングかと思います。私はと言うと、今年は夏の甲子園をいまだに一試合も観戦できていない代わりに、ドイツでのリオ五輪のテレビ観戦に大忙しの夏となりました。ドイツの場合、これはもう夏季五輪では毎度恒例なのですが、大会序盤の柔道や水泳での惨敗が響き、日本の好発進を尻目に最初の三日間は文字通り一枚もメダルも獲得できず、テレビからは水泳連盟や体操連盟に柔道連盟の面々の苦しい言い訳や泣き言ばかりが流れてくる有様でした。それが、大会4日目の馬術での団体銀と個人金という Read more...
2016/08/05

暗黒の夏の正体を探る(2)…ミュンヘン連続銃撃事件の意外な犯人像が示す日独共通の教育問題

この原稿が掲載される7月5日といえばリオデジャネイロ五輪の開幕日当日ですが、さらにその2日後には夏の甲子園こと第98回全国高等学校野球選手権大会(阪神甲子園球場)も開幕するという、まさにスポーツの祭典の競演とも呼ぶべき彩り満載の夏の始まりでもあります。しかも、出来過ぎな偶然なのか必然なのか、当サイトにとって思わぬ朗報もありました。以前のコラムで「第2のオコエ瑠偉?!」として紹介した黒人ハーフ選手3名のうち、2名が揃い踏みで甲子園出場を決めたことです!!(日本版フィールファルト時代到来?!黒人系ハーフ選手が牽引する現代日本の高校野球)
コラム執筆当時は、幾多の全国優勝を誇る横浜(神奈川)の万波中 Read more...
2016/07/29

暗黒の夏の正体を探る(1)…流血騒ぎが週に4件の南ドイツ!政治家も夏休み返上の異常事態

テロの連鎖が止まりません。ヨーロッパはつい最近までサッカーの欧州選手権で明るく楽しく盛り上がっていたはずが、お祭り騒ぎから一転、平和な市民生活の根幹を揺るがすような無差別テロに次々と見舞われるようになってしまいました。特にドイツの場合、何と言っても南部のバイエルン州が災難です。まず、7月18日(月)の夜に17才の自称アフガニスタン難民(実はパキスタン国籍と後日判明)がヴュルツブルグの列車内で乗客に斧とナイフで斬りつけ5人負傷、7月22日(金)には18才のイラン系ドイツ人少年(難民ではない)がミュンヘンのマクドナルド及びショッピングセンターで銃を乱射し9人死亡(さらに犯人自殺)、7月24日(日)に Read more...
2016/07/22

日本版フィールファルト時代到来?!黒人系ハーフ選手が牽引する現代日本の高校野球

いやいや、驚きました。先週のコラムでは、今年のサッカー欧州選手権ことUEFA EURO2016で出場チームのデータにおけるキーワードは「フィールファルト」(多様性)だったこと、つまり、「体重の標準偏差ランキングで上位であること」とがチームの勝利と相関していたというデータを提示しました。前回のW杯サッカーやこれまで何度も取り上げてきた高校野球のランキングの場合は、あくまでも身長やBMIのランキングの方が勝敗と相関していたので、これはかなり意外なデータでした。それが、今回の欧州サッカーに関しては身長やBMIのランキングはほとんど勝敗に関与せず、よりによって「体重の標準偏差ランキング」などという、従来 Read more...
2016/07/15

ポルトガルEURO初優勝!データから浮上した欧州サッカーの強さのキーワードは「フィールファルト」だった!

サッカーの欧州選手権ことUEFA EURO 2016は、クリスチアーノ・ロナウド選手を主将とするポルトガルの涙と感動のユーロ初優勝で幕を閉じました。ポルトガルといえば、グループリーグでは3戦3分でF組3位に終わり、本来ならば予選落ちする成績だったのが、今大会から出場チーム数が16チームから24チームへ拡大されたことと、それに伴う従来ならあり得なかった「グループ3位通過」が4チームに認められるようになったという新ルールに救済され、辛うじて決勝トーナメントに滑り込んできたチームです。仮にポルトガルがグループリーグ3試合のどれか一つでも落としていたら、勝ち点の関係でトルコが決勝トーナメントに繰り上がる Read more...
2016/07/08

サッカーEURO 2016出場選手データに見る大会の特徴と2014年W杯との相違点

サッカーの欧州選手権ことUEFA EURO2016は、いよいよ佳境を迎えています。この原稿が掲載される頃といえば、ちょうどベスト4の激突が終わったばかりのはずです。グループリーグで1勝もできず3位通過ながら決勝トーナメントでは生まれ変わったように粘り勝ちを続けるクリスチアーノ・ロナウド選手のポルトガルか、ブレグジット(BREXIT)で揺れるイギリス連邦から唯一残ったチームとして今回初のベスト4入りを果たしたウェールズか、日本でも地上波生中継のあったイタリアとの劇的なPK戦を制した世界王者ドイツか、決勝トーナメントでまさかのイングランド撃破を果たして今大会で最も話題をさらった小さな島国アイスランド Read more...
2016/07/01

アイスランド旋風を横目にイギリスの”BREXIT”がもたらす欧州サッカーEURO 2016への思わぬ余波

先週のイギリスの国民投票は、BREXIT、つまり欧州連合(EU)からの離脱という衝撃的な結果となりました。その影響は欧州のみならず世界に飛び火し、結構大変なことになっているのはご存じの通りです。6月23日に行われたEU残留の可否を問う国民投票において、「51.9%が離脱、48.1%が残留」という結果が報じられたのはその翌朝でしたが、そこから一気に世界同時株安の様相を呈して日本の日経平均も急落、しかも麻生財務大臣の口先介入もむなしく円高もズンズン進行していきました。ほんの一か月前の伊勢志摩サミットで、安倍首相が現状を「リーマンショック前に近い」と言っても他のG7首脳に鼻で笑われて相手にされなかった Read more...
2016/06/24

決勝トーナメント進出の立役者!チョコのパッケージで学ぶマリオ・ゴメス選手ら移民系ドイツ代表の子供時代

このコラムが掲載される頃といえば、サッカーの欧州選手権こと「UEFA EURO 2016」の決勝トーナメントに進出する顔ぶれが出揃う頃に相当します。第1戦こそウクライナ相手に2-0で完勝のドイツでしたが、第2戦は難敵ポーランドと0-0の引き分け、第3戦も北アイルランドにスカッと勝つはずが1-0のギリギリの勝利、何とかグループ1位での通過となったものの、決勝トーナメントの初戦相手がつい1か月ほど前に親善試合で敗れたばかりのスロバキアとなる可能性が濃厚です。初戦に何とか勝利できたとしても、今大会は番狂わせが多かった関係でドイツの入るグループはスペイン・イタリア・フランス・イングランドがひしめく超強豪 Read more...
2016/06/17

UEFA EURO2016ついに開幕!ドイツのSNSは「隣人ボアテング」&「小さなシュコドラン」で祭り状態!

サッカーの欧州選手権こと「UEFA EURO 2016」がついに始まりました。開幕戦のフランスvsルーマニアは昨年11月13日の同時多発テロがあったパリ・サンドニのスタッド・ド・フランスで開催され、テロ警戒の超厳戒態勢の中、フランスが試合終了間際の勝ち越し点で辛うじて勝利しました。そして、その二日後となる日曜日、現・世界王者であるドイツが満を持して登場、初戦のウクライナ戦で2対0の勝利を収めることができました。今大会をドイツでは、2つある公営放送であるARD(第1放送)とZDF(第2放送)が交互に全試合を生中継しています。街へ出れば、レストランはどこもかしこも巨大画面のプラズマテレビを店内から外 Read more...
Pages: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748