Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2008/05/16

決勝戦直前の誤算~元祖!大食い王決定戦in Hawaii(6)  

ハワイに舞台を移しての大食い女王戦もいよいよフィナーレ、ワイキキショッピングプラザでの決勝戦の日を無事に迎えることができました。
大食いロケの日程は、国内・海外を合わせると5泊7日に及びます。連日、早朝からの撮影開始となる上に、スケジュールも過密で深夜にまで及ぶことが多いのですが、唯一の例外が決勝戦当日です。ホテル前集合が11時前後、決勝が13時頃というのが一般的なため、選手たちもやっと、遅ればせながらの南国旅行気分を味わえるのです。
今大会は「誤算」がキーワードだったのではないかと思うほど、予想外のこと、かつて無かったことがよく起きる大会でした。ちなみにオンエア番組では今大会のキーワードは Read more...
2008/05/09

驚異の新人快進撃!本選編~元祖!大食い王決定戦in Hawaii(5)  

2008年3月30日放送の「元祖!大食い王決定戦 女王戦in Hawaii」(TV 東京)に出場した新人たちの戦いぶりは、おそらくスタッフの予想や期待を上回るものだったと思います。その中でも特筆すべき彼女たちの特徴といえば、そのあきらめの悪さではないかと思います。
1回戦の「デニッシュ45分勝負」での一番の見所は、福岡から出場した新人選覇者・古川淳美さんの土壇場での精神力でした。残り3分の時点でデニッシュ丸1個分の劣勢を追いかけていた彼女は、終了直前のラスト数秒、いきなり大口を開けて、目の前の大きな塊を丸ごと口の中に押し込んだのです。デニッシュはシュークリームのように空気を多く含んだお菓子です Read more...
2008/05/02

ゴールデンウィーク

気持ちのよいお天気ですね。
みなさん、ゴールデンウィークはいかがおすごしですか?
タレントナビ講師陣のコラムは4月29日〜5月6日までお休みを頂きます。
通常営業は7日からです。
お楽しみに!
Read more...
2008/04/25

驚異の新人快進撃!最終代表選編~元祖!大食い王決定戦in Hawaii(4)  

2008年3月30日放送の「元祖!大食い王決定戦 女王戦in Hawaii」(TV 東京)で、スタッフが泣いて喜びそうな誤算があったとすれば、それは新人の驚異的な快進撃ではないでしょうか。元々、大食い新人の発掘に関しては自信も定評も持つ制作会社・零クリエイトにとって、今大会ほど手ごたえのあった大会はそう多くはないはずです。
スタッフにとって、最初のうれしい誤算は、本選参加の最後の1枠を決めるために、新人2名で行われた最終代表選ではないかと思います。北鎌倉の緑深く静かな一帯に立つ老舗『鎌倉五山』で行われた「けんちん汁45分勝負」は、寒い2月の風が吹く中、沿道には見物客が並ぶその前で行われました。新 Read more...
2008/04/18

大食い台本の誤算~元祖!大食い王決定戦in Hawaii(3)  

他のあらゆるテレビ番組と同様、「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)には構成作家もいれば、放送台本も存在します。本来、勝負事とは文字通り「筋書きの無いドラマ」のはずですが、それでは台本は空白だらけになってしまいますし、航空券やホテルの予約も取れません。スタッフとしては、仮想の勝者を適宜設定して、ロケを準備するより他にありません。その仮想勝者設定の根拠は、 霊能力なのかヤマ勘なのか、それとも過去の戦績を徹底分析した結果なのかは知りません。ただ、そんな大食い番組ロケも、何度も続くと思わぬ場面でスタッフの読み違いが露見することがあります。
私たちの間で今でも語り草になっているのが1年前、2007年春 Read more...
2008/04/11

女帝の誤算を救った演出家~元祖!大食い王決定戦in Hawaii(2)

「元祖!大食い王決定戦 女王戦in Hawaii」(TV東京)で圧勝した菅原初代さんの強さは、彼女の大食い理論の集大成とも言えるでしょう。勝利をつかむための戦略的な計算には、一分の狂いも無かったはずです。
その彼女に唯一の計算違いがあったとすれば、それは「ライバルの不調」でしょう。特に、大会三連覇のかかっていた『ギャル曽根』こと曽根菜津子さんが苦戦を強いられ続けるという展開は、女帝スガワラといえども読みきれていなかったのかもしれません。裏を返せば、それだけ今大会の出場者のレベルが高かったということです。
万一にも、曽根さんが日本での試合で脱落してしまえば、それは少なくとも、「テレビ的」そして「芸 Read more...
2008/04/04

理論派女帝・菅原初代の計算~元祖!大食い王決定戦in Hawaii(1)

2008年3月30日オンエアの「元祖!大食い王決定戦 女王戦in Hawaii」(TV 東京)は、当コラムが以前取り上げた「大食い界の女帝」こと、菅原初代さんが優勝しました。
1回戦から決勝まで6試合ありますが、2回戦のみ他選手に首位を譲った以外は全試合1位通過という、まさに圧巻の勝ち方でした。制作会社・零クリエイトから届いていた、「今回は菅原さんがパワーアップしている」という事前情報の通りでした。
確かに彼女は元々「理論派大食い」で、大食い競技全般に関して一家言ある人物です。合理的なトレーニングと戦略的な試合運びには全て理論の裏打ちがあり、ジャイアント白田さんの系譜に入る「大食い界の至宝」と Read more...
2008/03/28

新潟医療崩壊~データ検証編 (2)

前回のコラムで、新潟の三条市での救急隊員との会話から、新潟の救急医療の危機的状況が浮かび上がってきたという話を書きました。新潟にある7つの医療圏のうち、三条市の属する医療圏である『県央』は、深刻な医師不足に悩まされており、同圏内での一次・二次救急もパンク状態で、その立地面からも、圏外への搬送が避けられない状況にあるという内容でした。
まず、新潟では本当に医師不足なのでしょうか。医師数を語る際によく引用される指標である、「人口10万人あたりの医師数」を見てみましょう。厚生労働省によると、2004年末時点では、全国1位の東京都で264人、新潟県は167人で全国42位となっています。ただ、日本全体の Read more...
2008/03/21

新潟医療崩壊~三条大食いロケ編(1)

最近、急病人を乗せた救急車が、複数の病院に受け入れを拒否され、立ち往生した末に、患者死亡という結末を迎えるケースがよく報道されています。2006年8月には出産中の脳出血で19病院から搬送を拒否されて死亡した奈良県大淀町のケース、昨年12月25日には29病院に34回の受け入れ要請の末に救急車中で急変し死亡した富田林市のケースがありました。近畿地区、それも特に富田林市を含む南河内地域の報道が最近は特に目立ち、救急医療の崩壊、ひいては日本全体の医療崩壊を懸念する声も聞かれます。
しかし、救急医療の危機的状況は、近畿地区だけのものでも三次救急だけのものでもありません。近畿地区という、医科大学も救命救急 Read more...
2008/03/14

大食い珍道中(4)~ カメラ編

大食い番組の撮影は、カメラワークも見所の1つです。大口開けた選手が美味そうに食材を頬張る一瞬、限界ギリギリの選手が苦痛に顔を歪める一瞬・・・実際に進行する試合のダイナミズムを、遠景・近景の配分や選手の位置関係も把握しつつ、正確かつ整然とフィルムに収めていくのが、彼らカメラクルーの仕事です。
「元祖!大食い王決定戦」(テレビ東京)では、番組成否のカギを握るこの重要な仕事に、3組のカメラチームを起用しています。ある時は互いに競り合う緊張感、ある時はあうんの呼吸と協力体制、そして、何と言っても芸術的というしかない卓越した直観力をもって、彼らは3台のカメラを縦横無尽に駆使します。当番組のカメラクルーは Read more...
Pages: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647