Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2008/09/12

大食い甲子園(5)・・・野球界にみるメタボの構造

これまでのコラムでは、監督・部長などの高校野球指導者の内臓肥満(いわゆるポッコリお腹)ひいてはメタボリック症候群、さらにその前段階としての硬式野球部員の引退に伴う肥満を取り上げてきました。
競技を引退するということは、それまでの人並み外れていた運動量がガタ落ちしてしまうことを意味します。少しずつ運動量を減らしていければ理想的ですが、多くは突然パッタリと運動を止めて、あとは週一回の草野球のみというほどの急激な変化が体を襲います。ここで、同じく人並み外れていた食事量を一気に人並みレベルに下げることができない場合、余ったカロリーの分だけ確実に脂肪は体に溜まっていくのです。
一般に男性は、女性に比べ Read more...
2008/09/05

大食い甲子園(4)・・・元・高校球児の場合

毎年、3月末~4月初めの選抜高校野球大会に併せて来阪する関係で、関西の高校や大学の健康診断医のお仕事を受ける機会が増えました。最近の依頼先には関西六大学野球連盟や京滋大学野球加盟の私立大学数校が含まれ、受診者として来場する多くの硬式野球部員さんとお話させていただきました。彼らが私のブースに来ると、ついつい野球の話で盛り上がってしまいます。グラウンドを離れた彼らはフツーの学生と変わらない表情を見せてくれますが、時には、指導者にも言えないような本音を打ち明けてくることもあります。
ある日、某強豪大学野球部を引退して数ヶ月経つ学生が私のブースに入ってきて、かなり深刻そうな表情で告白してきました。
Read more...
2008/08/29

大食い甲子園(3)・・・監督・部長・コーチの場合

今夏、甲子園球場で開催された第90回全国高等学校野球選手権大会(朝日新聞社主催)は、大阪桐蔭高校(北大阪)の優勝によって盛況のうちに幕を閉じまし た。決勝戦での記録ずくめの猛打は、打高投低のパワー野球時代の再来を濃厚に観戦者に印象づけました。
この大会期間中ずっと、私はある素朴なる疑問を感じ ていました。高校野球の監督や部長といった人たちは、どうしてこうも異様にお腹が膨れた内臓肥満体型、ないし、メタボリック症候群と思われる人が多いの かということです。
高校野球の試合では必ず、試合前に守備練習(いわゆる試合前ノック)が行われます。各守備位置に就く選手を前に、大きなお腹を揺らした監督さんがノ Read more...
2008/08/22

大食い甲子園(2)・・・現役高校球児の場合

   大食い甲子園(2)現役高校球児の場合
大食いファンのみなさまの熱気にも負けない一大行事、第90回全国高等学校野球選手権大会(朝日新聞社主催)は、偶然にも大食い予選と同じ8月2日に開幕し、大阪桐蔭高校(北大阪)の優勝で幕を閉じました。私も連日の観戦で、すっかり日焼けしてしまいました。
 先日観戦した甲子園での試合で、朝日放送のアナウンサーがある投手のことを次のように紹介していました。
「彼は、高校入学時は57キロしかなかった選手でしたが、食べて、食べて、85キロにまでなりました!」
彼は今年入学したばかりの一年生、身長176cmの大型サウスポーです。その体格はとても一年生とは思えないもので Read more...
2008/08/15

大食い甲子園(1)・・・大食いオタクと野球オタク?

「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)も、間もなく秋の大会を迎えようとしています。この本選に先立ち、本選への出場権をかけた予選が、8月2日(大阪)と3日(東京)に開催されました。我こそはとばかりに、胃袋に自信を持つ男女が集結する会場は、クーラーの冷風もなかなか効かないほど、濃厚な熱気に包まれていました。
2005年春より当番組の管理医師として撮影に帯同するようになった私ですが、帰国日程がなかなか合わず、これまでの担当は春と秋の本選のみでした。
しかし、今回初めて何十人もの予選参加者と実際にお会いして、語り合う機会を得ることができました。心から大食いを愛する人々が、会場で白衣姿の私を見つけて次々 Read more...
2008/08/08

Eating Beauty!! 三宅智子のハラの中(4)

今や大食いアイドルとして大活躍中のタレント・三宅智子さんは、2007年春の「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)での準優勝以降、芸能界のキャリアを確実に積んできているようです。手にする雑誌のグラビアでは彼女の美しいポーズが、テレビのバラエティ番組では数人分の料理にパクパクと箸を進める大食いリポーター姿が、彼女の健在ぶりと多忙ぶりを語りかけてきます。昨年会った時は「歌と踊りのレッスンも再開した」とうれしそうに語っていた彼女のこと、今後ますます仕事の幅を広げていくことが予想されます。
ただ、私から見たら、彼女に1番向いている仕事、本当にやって欲しい仕事は、実は演劇・・・つまり女優業です。
前回のコ Read more...
2008/08/01

Eating Beauty!! 三宅智子の性善説(3)

人気急上昇中の大食いアイドル・三宅智子さんを、大食い番組の管理医師という立場上、私は文字通り「遠近から」眺める機会に恵まれました。その遠景からは、彼女の無欲かつ中性的な人格が、強烈かつバラバラな個性のひしめく大食い選手集団の中にあって、あらゆるトゲを丸く治めてしまう緩衝溶液(バッファー)のような作用を果たしてきたことを、その近景からは、大食いになる必然性そのものを疑わせるような人並み外れた美貌を、これまでのコラムで描写してきました。
しかし、前述の現象ないし事実は、決して彼女の本質を語る上では十分とは言えません。
「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)では、ロケ入りの前日に、本選参加選手全員を Read more...
2008/07/25

Eating Beauty!! 三宅智子のバッファー作用(2)

最近とみに活躍著しい大食いアイドル・三宅智子さんは、今や芸能界での地位をしっかり固めつつあります。しかし、私が初めて彼女に会った2006年秋の時点では、彼女は都内でエステティシャンとして働く一般女性でした。
もっとも、後に本人や他の選手から聞いたところによると、彼女は元々10代の頃にアイドルタレントとなるために岡山から上京してきたということ、歌やダンス等のレッスンを積んだものの、どうも夢を果たせそうにないと思われる絶望的状況に1度は置かれたということ、2007年春にハワイで行われた女王戦「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)における決勝進出が、(正式な)芸能界入りの実質的な最終関門であったことなど Read more...
2008/07/18

Eating Beauty!! 三宅智子の魅力(1)

ここ1〜2年、私が所用で日本に帰国するたびに、強く実感することがあります。それは、大食いアイドル・三宅智子さんの人気が急上昇していることです。乗り継ぎの電車内での吊り広告や、ニュース番組の不定期コーナーなどで、彼女のお仕事が目に飛び込んでくる機会がどんどん増えてきました。そんな時、私はいつも、初めて彼女に会った日のことを懐かしく思い出します。
彼女が「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)に初めて登場したのは、沖縄で行われた2006年春の女王戦だったようです。しかし、私は仕事の都合で帰国できなかったため、このロケには参加していません。彼女との初対面は、その次の大会となる2006年秋に持ち越されまし Read more...
2008/07/11

大食い生体実験系?(2)〜キュウリとバナナの巻〜

キュウリとバナナ・・・驚異のカリウムパワー
一般的に、キュウリやナス・トマトなど、夏野菜に分類される野菜は体を冷やすとされています。「秋ナスは嫁に食わすな」などと言われるのも、嫁の体を冷やさないようにという姑の愛情だとされています(美味い食材を食べさせまいとする嫁イビリ説も有力ですが・・・)。生野菜もまた体を冷やすとされますが、暑い日本の夏においては、むしろ夏バテ解消や食欲増進の献立として、積極的に活用されています。
一方、「フルーツは体を冷やす」とも言われます。旅行で行った南の島があまりの猛暑で、すっかりヘロヘロになったけれども、キンキンに冷えた一杯のトロピカルジュースで生き返った・・・な Read more...
Pages: 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748