Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2009/02/13

「人はなぜ大食いするのか?」(6)・・・日本の食文化編

ドイツの(庶民的な)レストランでは、料理の一皿あたりの分量が半端でなく多い上に、水やチップといった、料理本体以外の部分に非常に金がかかるというのが、先週のお話でした。最終的な支払い金額が高くなれば、それだけ客足が遠のくのは当然です。もったいないほどの食べ残しを見るたびに、「モッタイナイ精神」の日本人は心が痛んでしまいます。食べ残しを少しでも減らすのがエコという発想も漠然とあった私は、ある時、「それ、食べないなら私がもらいましょうか?」と申し出たのですが、その時に同僚から返ってきた答えは、非常に印象的なまでにドイツ的でした。
「そういう問題じゃないんだってば!食べ残しってのは、ボクの思慮分別(理 Read more...
2009/02/06

「人はなぜ大食いするのか?」(5) ・・・ ドイツことわざ編

さて、人がなぜ大食いするのかを考えてきたこのコラムですが、今回は、ドイツでの生活の中で以前から疑問に思ってきたことにスポットを当てながら、人間の食行動および食文化の日独比較にまで話を広げて考えていきたいと思います。
ドイツのレストランで周囲を見渡すと、例えそれが宴会であっても、1人が自分の好きな料理を1品しか注文しないというケースが多いようです。その内容は、肉やサラダやジャガイモの乗った大皿が1人分、という一皿(ワンプレート)料理です。日本でよくみられる3000円飲み放題付などといった宴会メニューが普及しないのは、コース料理だと値段が上がることと、自分の飲み食いした分しか払わないワリカン文化で Read more...
2009/01/30

「人はなぜ大食いするのか?」(4)・・・ドイツ経済危機編

前回のコラムで、「大食い行為」と「飢餓」とは背中合わせであり、因果にも似た循環であることを説明してきました。世の中には、これを善悪で理解しようとする考え方が少なからず存在しますが、そうするとちょっと困ったことになります。というのも、これがもし悪なら、「医師」「看護士」「介護福祉士」といった医療従事職自体、この世に存在してはいけない危険職種ということになるからです。もっとも、深夜勤務に昼食抜きの重労働などは、何も医師に限った話ではありません。かつては、そのような激しい働き方は「働きバチ」(workaholic)などと諸外国から揶揄され、日本独特の現象であるかのような言われ方をしていた時代もありまし Read more...
2009/01/23

「人はなぜ大食いするのか?」(3)・・・医療従事者編(後)

先週は、「外科系医師の大食い」について考えてみました。外科医は、手術途中での退室(食事休憩)をなかなか許されない状況に長時間置かれることが頻繁にあります。長い手術が終わり、いざ、久しぶりの食べ物を目の前にしたとき、妄想の如く膨らんだ自らの食欲には逆らえず、大食い選手も顔負けの食いっぷりを披露することもあるでしょう。それも、食事を我慢する時間(≒手術時間etc)が長くなればなるほど、その後の食欲も食事量も比例するように大きくなりがちです。ちなみに、私の研修医時代を振り返っても、医師生活がスタートした直後からみるみる太ってきた人は、やはり外科系の人が多かったように記憶しています。
前回のコラムおよ Read more...
2009/01/16

「人はなぜ大食いするのか?」(2)・・・医療従事者編(前)

 『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)の東京予選と大阪予選が2月初旬に開催されます。興味深いのは、以前から当番組の予選に看護師や介護福祉士といった医療従事者が必ずといっていいほど参加していることです。また、本選出場経験者の中にも、昨年秋の覇者の「ドクター西川」こと西川廣幸さんや、2006年春の女王戦の決勝進出者の「ナース嘉数さん」こと嘉数千恵さん等がおりました。
かく言う私もまた医療従事者たる医師であります。そして、大食い選手たちと比べればその足下にも到底及びませんが、世間一般からみれば、どちらかといえば「よく食べるほう」に分類されるらしいです。そして、それは私が外科系医師であることと関係があ Read more...
2009/01/09

年頭挨拶「人はなぜ大食いするのか?」(1)

大食いファンの皆様も、そうでない読者の皆様も、新年明けましておめでとうございます。私が言うのも変な話ですが、旧年中オンエアの『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)は、おかげさまで多くの視聴者の皆様に観ていただくことができました。スタッフ一同を私が代弁するのもこれまた変かもしれませんが、ここに改めて御礼を申し上げます。
さて、今年の『元祖!大食い王決定戦』もすでに始動間近で、一ヶ月後には早くも女王戦予選を予定しております。2005年春の放送開始以来、無事に5年目を迎えることができたということは、今思えば大変感慨深いことです。
昨年まで当サイトで連載を続けてきた「大食いの資質」シリーズは、三つ Read more...
2009/01/02

2008/12/29~2009/1/4 コラムの掲載はお休みです


平素 東京タレントナビのコラムニスト、Dr.片山晴子さんのコラムを
ご愛読頂きまして誠にありがとうございます。
2008/12/29~2009/1/4の期間中はお正月休みのため
新規コラムの掲載はお休みさせていただきます。
2009年度のDr.片山晴子さんのコラムをお楽しみに!
東京タレントナビ 管理人
Read more...
2008/12/26

徹底検証?! 大食いの資質(12)・・・のどヂカラ・「首筋美人?」

当連載では、大食い選手の三大ヂカラ「あごヂカラ・のどヂカラ・忍耐ヂカラ」についてこれまで検証を続けてきました。今回はその「のどヂカラ」の中の更なる小項目にあたる「嚥下力の強さ(咽喉筋群)」について、ある1人の女性を例に考えてみたいと思います。
これまでに「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)に登場した選手の中でも、短期間のうちに最も急成長を遂げた選手といえば、文句なく梅村鈴さんではないかと思います。2008年春に最終代表決定戦(いわゆる敗者復活戦)を経て女王戦本選に登場した彼女が、半年後となる2008年9月30日オンエアの「元祖!大食い王決定戦in Thai」では、男女混合戦でありながら、あわや Read more...
2008/12/19

徹底検証?! 大食いの資質(11)・・・のどヂカラ・「鵜飼いの鵜?」(後編)

「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)に登場する選手の資質を検証する当コラムは、「のどヂカラ」についての検証を続けてきました。また、当番組発足前、大食い番組が3年間放送を自粛した経緯として、パンによる窒息事故があったことも、当コラムで繰り返し述べてきました。このような事故を今後繰り返さ ないためにも、ここでは発想を少し変えて、食べ物が詰まりにくいノドとはどんなノドか、という観点から、「首の太さ」について考察を加えてみたいと思いま す。これは、前回コラムに出てきた、鵜飼いの世界における「いい鵜の条件」の2番目に相当しますが、大食い選手の資質の1つである可能性もあります。
まず、一般論として考えて Read more...
2008/12/12

徹底検証?! 大食いの資質(10)・・・のどヂカラ・「鵜飼いの鵜?」(前編)

2008年もいよいよ終わりに差し掛かってきました。日本では、お正月の頃になると、お餅でノドを詰まらせる小児や高齢者のニュースをよく耳にします。そのような窒息事故を防ぐためにも、「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)の大食い選手の資質である「のどヂカラ」について理解を深めていただくことは有益なのではないかと考えます。
前回の日本への一時帰国中、あるテレビ番組に遭遇しました。「こんなステキなにっぽんが『父から受け継いだ鵜匠のこころ』〜岐阜県関市」(NHK)なるタイトルのこの番組は、長良川中流・関市の小瀬地区における、手漕ぎ船での鵜飼漁によるアユ獲りについてのドキュメンタリーでした。50年の伝統を誇る Read more...
Pages: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950