Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2009/07/24

マイケル・ジャクソン追悼式にみる国際社会の「放送格差」

2009年7月7日の19:00といえば、日本では関東を中心に大食い新人発掘戦『火曜エンタテイメント! 元祖!大食い王決定戦 全国縦断女王発掘戦』(テレビ東京)が放映された日時でありました。偶然にもEU時間で全く同じ表記となる7月7日19:00より、こちらドイツでは、6月25日に亡くなったマイケル・ジャクソンさんの追悼式がロサンゼルスのStaples Centerから世界へ中継されました。この日は、早朝からテレビもラジオも新聞もマイケル一色でした。懐かしのビデオクリップ紹介は序の口で、マイケルと親交のあった作家やマネージャー、果てはまるで似ていないマイケルのソックリさん(ドイツ人)まで駆り出されて Read more...
2009/07/17

大食い番組にみる日本国内「放送格差」の構図


先々週告知の通り、大食い新人発掘戦『火曜エンタテイメント! 元祖!大食い王決定戦 全国縦断女王発掘戦』(テレビ東京)は2009年7月7日の19:00から2時間番組として放送されました(注1)。ドイツにいる私のもとにも、放送を見た方々からメールが来ました。私自身は残念ながらまだ放送を見ていませんが、録画予約はしてあるので、帰国後に見るのが楽しみです。
(2009年5月31日早朝、岐阜公園噴水広場前にて。食材準備の打ち合わせをする真剣な面持のゼロクリエイトスタッフ:左が酒井英樹プロデューサー、右が橋本崇ディレクター)
ただ、本放送を見れなかった事自体は、どうやら日本在住の多くの皆様も同じであっ Read more...
2009/07/10

マイケル・ジャクソンとアル・ヤンコビックと大食いの意外な関係

先日、驚くべき訃報が飛び込んできました。キング・オブ・ポップス(King of Pops)として知られるアメリカ人歌手のマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が2009年6月25日、50歳の若さで亡くなりました。ワイドショーは連日マイケルの経歴及びディスコグラフィーを紹介し、懐かしすぎるビデオクリップがどの局の映像にも昼夜溢れておりました。
その、数限りないマイケルのヒット曲には、皆様それぞれ思い入れがあることでしょう。私の場合、マイケルのビデオクリップを見ると条件反射的に思い出すのが、キング・オブ・パロディー(King of Parody)こと、アル・ヤンコビック(Weird Read more...
2009/07/03

大食いの資質・番外編(Ⅰ)…体脂肪は断熱材?

「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)では毎年、春と秋の本選の合間に、大食い界の未来のホープを求めて地方を巡る新人発掘戦が行われます。今年もまた、5月末及び六月上旬に福島・岐阜・広島・熊本を巡って地方予選を開催し、6月13日には東京決戦(新人王決定戦)を無事に終了し、今年の新人王が決定いたしました。例年なら、この地方予選および東京決戦の模様は、日曜の昼間などにひっそり(?)と地味に放送されていましたが、今年は何とこの番組、ゴールデンタイムに昇格だそうです。2009年7月7日の七夕様の夕刻は是非、「元祖!大食い王決定戦 2009年夏 新人戦(仮)」を皆様でお楽しみ下さい。
ネタバレになるため具体的 Read more...
2009/06/26

大食いドクター流(!?)日独住宅事情比較

ドイツの住宅といえば、日本に比べて広くてゴージャスそう考える方が多いのではないかと思います。しかし、ドイツの(一軒屋ではなく)集合住宅で生活してきた立場から言わせてもらうならば、以下の二点に対して大いに不満があります。それは、
1. 防音効果が無いに等しいこと
2. 断熱効果が乏しいこと
です。こう書くと、きっと意外に思われるでしょう。私も、実際に渡独するまで、ここまでひどいとは思っていませんでした。
1.についてですが、ドイツの家はとにかく壁が薄く、隣人の声や配管の音が恐ろしくよく聞こえます。左隣のニイチャンの観ている映画のセリフは聞き取れる、夜中に電話の呼び出し音で飛び起きてみたら、右隣の Read more...
2009/06/19

「ワキバラにカイロ」の医学的根拠

前回のコラムでは、長年の野球観戦経験および4年余りの大食いロケ帯同経験から、「使い捨てカイロは脇腹と太腿前面に貼るのがオススメ」という自説(珍説?)を提唱してみました(使い捨てカイロと三点クーリング野球観戦時はここに貼れ!)。それは元々、医療・介護の現場で知られる「三点クーリング」を逆転した発想でありました。そして、その貼り付け場所を具体的に説明するために引用した「gooヘルスケア」の中に、私の珍説を別の面から補強する重要なポイントがさりげなく描かれていることに気づいたというところまでお話ししました。
この「gooヘルスケア 人体図 内臓前面」という図は、人間の胴体(体幹)の中にひしめくように Read more...
2009/06/12

使い捨てカイロと3点クーリング・・・野球観戦時はここに貼れ!

先週は「使い捨てカイロはどこに貼るか?」について取り上げました。「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)ロケの場合、競技中の大食い選手は、食材の温度が胃内の温度ひいては体温に反映されやすく、食材と考え合わせる必要があるのに対し、大食いをしないスタッフの場合はその限りでないことを述べました。

ただ、毎度ながら寒い中で行われる大食いロケにも、たまに事件が勃発します。カイロを買い忘れてしまう、あるいは、選手使用のカイロの必要量を少なく見積 もってしまい、スタッフにカイロが充分まわらないケースです。例えば、厳寒のロケにて、カイロが1人当たり2個しか支給されないとしたら、あなたならその カイロをどことど Read more...
2009/06/05

大食いロケの必需品・・・使い捨てカイロはどこに貼る?

先週は、第81回選抜高等学校野球大会を襲った強烈な寒波と、それが東北勢の躍進に繋がった可能性について取り上げました。その際、大食いグッズから転用したドイツ・サニタス社製の体温計が明らかにしてくれたのは、今年の春のセンバツ大会が例年にも増して寒い大会だったということでした。しかし、それを言うなら、われらが「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)のロケも、常に寒さとの戦いです。ということで、今週は、甲子園と大食いロケの経験から掴んだ、カイロの貼り方について考えてみたいと思います。
当番組の国内ロケは、春は2月下旬頃、秋は9月下旬頃行われ、その会場の多くは風の冷たい屋外です。そして、その参加者である大食 Read more...
2009/05/29

「凛烈の意気」・・・ スリー・イン・ワン温度計in甲子園(後)

第81回選抜高校野球大会は、清峰(長崎・佐々町)が花巻東(岩手・盛岡市)を破り、初優勝を果たしました。先週のコラムでは、この大会の最大の特徴が 「寒さ」であったことと、そして、ひょっとしたらそれに起因したかもしれない「寒冷地有利の法則」の存在について、仮説を提示しました。この仮説を実証するために、大食いロケ用グッズだったドイツ・サニタス社製「スリー・イン・ワン温度計」を、私は甲子園に初めて持ち込んだのでした。
スタンドの隅から隅まで、ピコピコと音のする器具を手に、駆けずり回りながら野球観戦するというのは、きっと物珍しい光景だったに違いありません。こうして得られたデータのうち、第7日の第2試合 Read more...
2009/05/22

「センバツは寒冷地が有利?」・・・ スリー・イン・ワン温度計in甲子園(前)

さて、これまでは、「体温」「物体・液体温」「気温」の3種類の温度を測定するドイツ製のスリー・イン・ワン体温計が、大食い番組「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)のロケにどのように役に立ったかを説明しました。今週は、この体温計が野球観戦にも役立った一例として、今年の春の選抜大会を挙げたいと思います。
第81回選抜高等学校野球大会(毎日新聞社主催)は、例年よりもやや早い2009年3月21日(土)に開幕しました。実はこの「3月21日」は、センバツ史上最も早い開幕日でした。おそらく、客の入りが格段に違う土曜・日曜に開幕を合わせ、この時期に比較的多い雨天順延を計算に入れた上で、翌月の新学期開始に被ることの Read more...
Pages: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950