Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2009/10/16

アンジェラ・ギャラリー(3)…アンジェラ佐藤の三大能力

2009年9月27日放送の『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)のサブタイトルは、「最強の名を継ぐ者」でしたが、北海道が生んだ大型新人・アンジェラ佐藤の「全ラウンド一位」という完全優勝は、まさにこの名に相応しい戦いぶりでした。
そんなツワモノのアンジェラ佐藤こと佐藤綾里さんですが、半年前の番組初登場ではいきなり海外進出(シドニー)を果たすも、準決勝で敗退し、決勝戦当日はギャル曽根さんと一緒にハッピを着て、決勝戦の食材用意などの手伝いをこなしていたことを、御記憶の方もいらっしゃることと思います。また、前回の大会で僅かに及ばず準優勝となったロシアン佐藤こと佐藤ひとみさんもまた、一年前の初参加でいきな Read more...
2009/10/09

アンジェラ・ギャラリー(2)…ネーミング秘話

近年の『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)は、5泊6日の本選ロケ(うち4日間が海外)の前日の午前に、最後の一枠を決める敗者復活戦である「最終代表決定戦」を行うスケジュールが定着しています。本選の一ヶ月ほど前に行われる大阪予選および東京予選で次点になった選手が、本選前日に東京に呼びつけられます。ここで勝利をおさめると、同日夕方からの当番組恒例の健康診断にて他の選手と合流し、翌日からの本選ロケに参加します。つまり、敗者復活戦経由の選手は、他の選手よりも一日多く試合をすることになります。
2009年春の女王戦の場合も、本選ロケの前日に最終代表決定戦が行われました。このときの司会は、本選と同じ中村有志 Read more...
2009/10/02

アンジェラ・ギャラリー(1)…二人のアンジェラ

9月27日に無事オンエアされた『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)は、北海道からやってきたアンジェラ佐藤こと、佐藤綾里さんの「華やかすぎる優勝」で幕を閉じました。当サイトで重ねて強調してきた傾向ではありましたが、「超美形」「ファッショナブル」といった波が大食い界に押し寄せていることを、あらためて再確認できる大会でありました。
その中でも特に際立つ美しさとファッションセンスを披露してくれたのが、今大会の覇者・アンジェラ佐藤さんです。そこで当サイトでは「アンジェラ・ギャラリー」と銘うって、彼女の初登場からの軌跡を追ってみたいと思います。
彼女が当番組に初登場したのは、2009年春の女王戦の東京予 Read more...
2009/09/25

大食いとメイク(4)…カラコンの思わぬ副作用

『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)のオンエア日がいよいよ迫ってきました。明後日(9月27日)は14:00から予選の模様を紹介した後、19:00からはいよいよ手に汗握る熱き本選の戦いを、3時間6分の特別番組として放送する予定です。是非、皆様でご覧いただければと思います。
その大食い番組と切っても切れない存在となったものそれが、カラーコンタクトレンズ(カラコン)です。先週までは、当番組出場選手のメイクおよびカラコンについて述べてきましたが、最近では選手のみならずスタッフにも、メイク及びカラコンの波が押し寄せています。2005年の番組開始から早5年目、スタッフの顔ぶれにも多少の入れ替わりがありまし Read more...
2009/09/18

大食いとメイク(3)…世界のカラコン&メガネ事情

前回のコラムでは、大食い女性ひいては日本女性のメイクの特徴としての「アイメイク」「カラーコンタクトレンズ(カラコン)」「チーク」のうち、主に「アイメイク」について考えました。今回は、「カラコン」について考えてみましょう。
私が「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)の本選を担当するようになったのは2005年からですが、地方予選も併せて担当することになったのは、今年が初めてです。そして、番組に登場する女性たちにおけるカラコン使用率の高さに、かなりの衝撃を受けたものでした。
そこで、色々と調べ始めました。まず、全世界におけるコンタクトレンズの装用者数は1億2500万人、うちアメリカ合衆国で3800万 Read more...
2009/09/11

大食いとメイク(2)…欧州白人女性のアイメイク

先週掲載のコラムでは、「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)の本選および予選を通して浮かび上がってくる大食い選手のメイクの特徴として、以下の三つを挙げました。
1) 濃いアイメイク
2) カラーコンタクトレンズ
3) 濃いチークカラー
そして、これらの三点は大食い選手独特のものではなく、全国津々浦々の日本女性に浸透したメイク方法の共通点であるかもしれないと考えました。
そう感じるのは、私が普段ヨーロッパの女性を目にする機会が多く、現地女性のファッションやメイクと、日本女性のそれらとの違いを日々痛感してきたからなのかもしれません。もっともこれらは、大食い番組に携わるようになったからこそ目に入る Read more...
2009/09/04

大食いとメイク(1)…日本女性編

2009年秋の「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)は男女混合戦です。そのロケが8月27日から9月2日まで、前半は国内、後半は海外という従来の形で無事終了いたしました。本放送は9月27日(日)を予定しています。今年もドラマチックな熱戦続きの当番組を、ぜひ皆様でお楽しみいただければと思います。
さて、今回からは、大食いとメイクの関係について考えます。以前のコラムでも述べましたが、最近当番組に出場する大食い選手は美人揃いの傾向をますます強め、ファッションセンスも抜群で、さながら美女軍団の様相を呈してきました。そんな中でも、番組の5年の歴史の中で明らかに右肩上がりの進化を遂げてきたのが、女性選手のメイ Read more...
2009/08/28

大食い戦闘服(3)・チュニックとプロブレムゾーンの日独比較

先週は、世界に冠たるファッション先進国・日本においては、大食い選手もまた大変オシャレであること、そのオシャレには「腹部を圧迫しない」という大食い界ならではの機能性もまた重要であることについて説明しました。そんな大食い選手の間で人気の大食い戦闘服といえば「チュニック」ですが、実はこれ、最近ドイツでも若年女性のみならず中年女性の間でも人気急上昇中のアイテムであります。
先日、ドイツで見た番組にファッションのコーナーがあり、その日はたまたま「チュニック特集」でした(注1)。チュニックは英語でもチュニック(tunic)で、フランス語でもチュニック(tunique)なのですが、ドイツでは何故か「トゥーニ Read more...
2009/08/21

大食い戦闘服(2)・チュニックin Japan

大食い戦闘服(2)・チュニックin Japan
前回のコラムでは、大食い選手のファッションとして「チュニック」「ワンピース」の比率が増加していること、その理由として「腹部の圧迫を防ぎ、一口でも多くハラに収めることができる」という競技上のメリットが考えられると説明しました。この中でもチュニックは、ファッションにさほど敏感ではないドイツでも、今年に入って流行の兆しを見せています。今週は、チュニックという衣服について少し説明を加えつつ考えみたいと思います。
広辞苑で「チュニック(tunic)」を引いてみると、以下の説明があります。
「婦人上衣の一種。多くは4分の3丈程度の長さ。時代によりさまざまな Read more...
2009/08/14

大食いファッションは戦闘服(1)

2009年秋の「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)は、今年もまた男女混合戦を予定しております。この大会への出場権を賭けた前哨戦として、8月8日に大阪予選、8月9日には東京予選が開催され、4名の選手が本選出場のキップを手にしました。この4名に新人戦覇者1名、推薦または敗者復活からの出場者3名を併せた合計8名の選手が、8月下旬から始まる本選ロケに参加することができます。
大阪・東京予選を担当させていただくのは二年連続となる私ですが、ロケのたびに感心するのが、選手のファッションセンスです。男女を問わず、大食い界は年々加速度的にオシャレ度を増していく傾向があるように感じられます。これまでも、初出場時に Read more...
Pages: 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849