Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2010/09/24

大食い版・どうぶつ奇想天外(2)…タスマニアンデビルにヒヤヒヤ!

『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)の秋の本選は、2010年9月26日(日)放送予定となっております。今回のロケは、今思い返しても実に美味しい食べ物ばかりでしたので、秋の食欲増進に大いに貢献できる画面になることでしょう。皆様の満腹感の一助になるようであれば幸いです。
さて、前回は当番組における動物にまつわるエピソードとして、「宮島鹿にぎり天事件」を取り上げましたが、今回は2009年春のシドニーについて取り上げたいと思います。
2009年2月28日早朝にシドニーに到着したロケ本隊は、この日が大食い競技のない通称「胃の休息日」であったこともあり、市内観光やランチの撮影などを予定していました。その Read more...
2010/09/17

大食い版・どうぶつ奇想天外(1)…宮島鹿乱入事件

先月末にロケを終了したばかりの2010年秋の本選『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)は、2010年9月25・26日(土日)の昼間に予選および最終代表決定戦の模様を、26日(日)19時より本選の模様をオンエアする予定です。今回は近年稀にみる出場選手の実力が拮抗した大会であり、行く末の読めない熱戦が目白押しでありました。きっと、お楽しみいただけるオンエア内容に仕上がるであろうと予想されます。是非皆様でご覧いただければ幸いです。
さて、「大食いロケと動物とのコラボ」を取り上げてきた本連載ですが、今回は大食いスタッフ一同が最も肝を冷やした「宮島鹿乱入事件」を取り上げたいと思います。
あれは、当番組に木下 Read more...
2010/09/10

続・元祖!ポチたま選手権…ロケ先のネコちゃんたち

先週は、『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)のロケ中に遭遇した可愛いワンちゃんたちの写真を数点掲載しました。カメラ目線で悩殺ポーズを決める犬から働かない麻薬犬まで、その人馴れ・カメラ慣れした可愛いい姿は、番組ロケの激務の真っ只中にあるスタッフのストレスを和らげてくれました。
しかし、これがネコちゃんとなると、少し事情が違うようです。よく思い返してみると、番組ロケ中に猫に遭遇する機会は、犬ほどには多くないのです。大食いでは大量の食材を扱うので、餌にありつけることを目当てに寄ってきてもよさそうなものですが、実際のネコちゃんたちは警戒心が強いのか、周囲に関せずわが道を行くタイプが多いのか、なかなかロ Read more...
2010/09/03

元祖!ポチたま選手権…ワンちゃんは大食い王が好き?

しばらくおカタい話が続いたので、今週はすこし息抜きの回にしたいと思います。この原稿が掲載される頃には、すでに『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)の本選ロケも無事終了している予定です。そこで、これまでの本選ロケに登場した可愛い動物たちの写真を掲載したいと思います。題して『元祖!ポチたま選手権』、今回は犬に限定したいと思います(後日、別の動物も企画予定)。ちなみに「ポチたま」とは、大食いと同じくテレビ東京の看板番組の一つであった番組で、関西で高い人気を誇る歌手兼司会者であるやしきたかじん氏も大ファンであるとご自身の番組で何度も公言されていることでも知られる、「ペット大集合!ポチたま」のことです。20 Read more...
2010/08/27

大食い血液型学(6)…血液型の意味するところ

2010年秋の本選こと『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)は、いよいよ8月26日にロケ入りとなります。今大会は一年ぶりの男女混合戦であり、「ニューヒロイン」ばかりでなく「ニューヒーロー」の出現も番組としては大いに期待したいところです。また、先週は本選出場選手の血液型に占めるO型の比率の上昇と、予選レベルでの血液型比率とのギャップについて説明しましたが、今回の本選でその傾向は追認できるのか否かという点も、興味が持たれるところです。
広辞苑によると、「血液型」の項には「赤血球膜に含まれる抗原の種類によって区別される血液の型」と書かれています。ただ、これは「狭義の血液型」を説明したものであり、実際は Read more...
2010/08/20

大食い血液型学(5)…予選レベルでは特定の傾向なし

先週は、『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)の本選に登場する選手の血液型を見ると、近年はO型の占有率が上昇してきている、つまり「大食いO型全盛時代」の到来を感じさせるという話をしました。しかし、それはあくまでも本選レベルの選手の話であり、その人数の絶対的な少なさもあり、多分に偶然の要素に支配された分布の偏りである可能性が否定できません。では、そのことを立証するためには、次はどんなデータが必要でしょうかと考えると、当番組の予選に出てくる選手たちの血液型を聴取することがポイントになります。つまり、予選レベルの選手にまでターゲットを広げ、母集団(サンプル数:いわゆるN)をより大きくすればするほど、その Read more...
2010/08/13

大食い血液型学(4)…「大食いO型全盛時代」の到来?

2005年春より『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)の名で放送されている大食い番組の本選出場選手は、当初A型が最多の血液型だったのが、回を追うごとにO型の比率が徐々に上がっていった、というのが前回紹介したデータでした。また、B型ないしAB型という「Bの要素」が、往年のテレビチャンピオン王者(ジャイアント白田及びドクター西川の両氏)からもたらされることが多かったということも取りあげました。となると、彼らが番組から相次いで引退した直後となる2009年春以降はどうなるでしょうか。それが、今回のテーマです。
2009年春の女王戦(オーストラリア・シドニー収録)では、まだ辛うじて「Bの要素」が1名残って Read more...
2010/07/30

大食い血液型学(3)…大食い新世代vs.旧世代は血液型対決だった?

先週は2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会の日本代表選手の血液型について取りあげました。同大会の日本代表選手の血液型は多い順にO型12人、AB型5人、A型とB型がそれぞれ3人ずつであり、血液型人口比から考えると意外な感じがしたものの、母集団が23人という少人数の統計であるため、その解釈には注意が必要であるという話でした。
さて、我らが大食い番組こと『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)を見た場合はどうでしょうか。サッカーよりもさらに競技人口の少ない大食い界ですが、当番組で掌握し得たデータを順を追って見ていくと、なかなか興味深いものがあります。
2005年春にかつての「TVチャンピオン Read more...
2010/07/23

大食い血液型学(2)…サッカーはO型が有利?

2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会は、スペインの優勝で幕を閉じました。私の住むドイツは、そのスペインに負けた時は多少落ち込んだものの、次のウルグアイ戦で勝利して2大会連続の3位となり、最後の最後にお祭り騒ぎで締めることが出来ました。一方、我らが日本はというと、ドイツZDFの解説を担当したオリバー・カーン氏に「決勝ラウンドに進出した16チーム中、最も意外だったのは日本」と名指しされておりましたが、周囲の予想を大きく上回る快進撃を見せてくれました。また、ドイツのメディアからのインタビューに流暢なドイツ語で答える長谷部誠選手(ブンデスリーガ1部・VfL Wolfsburg所属)の姿も中継さ Read more...
2010/07/16

大食い血液型学(1)…蚊に刺されやすいのはO型?

2010年秋の男女混合戦こと『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)は、今年も再始動まであと一ヶ月を切りました。今年もまた、全国の大食いさんたちが集う東西予選が、七月末および八月初めに開催される予定です。我こそはという自信のある方から、大食いの現場を単に見てみたいだけという方、果ては金欠気味なのでタダでご飯にありつきたいという方まで(?)、よろしければ是非エントリーしてみて下さい。
さて、今週からは、以前の連載でも取りあげたことのある「血液型」について、別の角度から考えてみたいと思います。以前の連載(大食いロケ必携医薬品(5)虫除けクリーム「きっかけは山本卓弥!」、大食いロケ必携医薬品(6)虫除け Read more...
Pages: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950