Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2010/09/03

元祖!ポチたま選手権…ワンちゃんは大食い王が好き?

しばらくおカタい話が続いたので、今週はすこし息抜きの回にしたいと思います。この原稿が掲載される頃には、すでに『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)の本選ロケも無事終了している予定です。そこで、これまでの本選ロケに登場した可愛い動物たちの写真を掲載したいと思います。題して『元祖!ポチたま選手権』、今回は犬に限定したいと思います(後日、別の動物も企画予定)。ちなみに「ポチたま」とは、大食いと同じくテレビ東京の看板番組の一つであった番組で、関西で高い人気を誇る歌手兼司会者であるやしきたかじん氏も大ファンであるとご自身の番組で何度も公言されていることでも知られる、「ペット大集合!ポチたま」のことです。20 Read more...
2010/08/27

大食い血液型学(6)…血液型の意味するところ

2010年秋の本選こと『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)は、いよいよ8月26日にロケ入りとなります。今大会は一年ぶりの男女混合戦であり、「ニューヒロイン」ばかりでなく「ニューヒーロー」の出現も番組としては大いに期待したいところです。また、先週は本選出場選手の血液型に占めるO型の比率の上昇と、予選レベルでの血液型比率とのギャップについて説明しましたが、今回の本選でその傾向は追認できるのか否かという点も、興味が持たれるところです。
広辞苑によると、「血液型」の項には「赤血球膜に含まれる抗原の種類によって区別される血液の型」と書かれています。ただ、これは「狭義の血液型」を説明したものであり、実際は Read more...
2010/08/20

大食い血液型学(5)…予選レベルでは特定の傾向なし

先週は、『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)の本選に登場する選手の血液型を見ると、近年はO型の占有率が上昇してきている、つまり「大食いO型全盛時代」の到来を感じさせるという話をしました。しかし、それはあくまでも本選レベルの選手の話であり、その人数の絶対的な少なさもあり、多分に偶然の要素に支配された分布の偏りである可能性が否定できません。では、そのことを立証するためには、次はどんなデータが必要でしょうかと考えると、当番組の予選に出てくる選手たちの血液型を聴取することがポイントになります。つまり、予選レベルの選手にまでターゲットを広げ、母集団(サンプル数:いわゆるN)をより大きくすればするほど、その Read more...
2010/08/13

大食い血液型学(4)…「大食いO型全盛時代」の到来?

2005年春より『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)の名で放送されている大食い番組の本選出場選手は、当初A型が最多の血液型だったのが、回を追うごとにO型の比率が徐々に上がっていった、というのが前回紹介したデータでした。また、B型ないしAB型という「Bの要素」が、往年のテレビチャンピオン王者(ジャイアント白田及びドクター西川の両氏)からもたらされることが多かったということも取りあげました。となると、彼らが番組から相次いで引退した直後となる2009年春以降はどうなるでしょうか。それが、今回のテーマです。
2009年春の女王戦(オーストラリア・シドニー収録)では、まだ辛うじて「Bの要素」が1名残って Read more...
2010/07/30

大食い血液型学(3)…大食い新世代vs.旧世代は血液型対決だった?

先週は2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会の日本代表選手の血液型について取りあげました。同大会の日本代表選手の血液型は多い順にO型12人、AB型5人、A型とB型がそれぞれ3人ずつであり、血液型人口比から考えると意外な感じがしたものの、母集団が23人という少人数の統計であるため、その解釈には注意が必要であるという話でした。
さて、我らが大食い番組こと『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)を見た場合はどうでしょうか。サッカーよりもさらに競技人口の少ない大食い界ですが、当番組で掌握し得たデータを順を追って見ていくと、なかなか興味深いものがあります。
2005年春にかつての「TVチャンピオン Read more...
2010/07/23

大食い血液型学(2)…サッカーはO型が有利?

2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会は、スペインの優勝で幕を閉じました。私の住むドイツは、そのスペインに負けた時は多少落ち込んだものの、次のウルグアイ戦で勝利して2大会連続の3位となり、最後の最後にお祭り騒ぎで締めることが出来ました。一方、我らが日本はというと、ドイツZDFの解説を担当したオリバー・カーン氏に「決勝ラウンドに進出した16チーム中、最も意外だったのは日本」と名指しされておりましたが、周囲の予想を大きく上回る快進撃を見せてくれました。また、ドイツのメディアからのインタビューに流暢なドイツ語で答える長谷部誠選手(ブンデスリーガ1部・VfL Wolfsburg所属)の姿も中継さ Read more...
2010/07/16

大食い血液型学(1)…蚊に刺されやすいのはO型?

2010年秋の男女混合戦こと『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)は、今年も再始動まであと一ヶ月を切りました。今年もまた、全国の大食いさんたちが集う東西予選が、七月末および八月初めに開催される予定です。我こそはという自信のある方から、大食いの現場を単に見てみたいだけという方、果ては金欠気味なのでタダでご飯にありつきたいという方まで(?)、よろしければ是非エントリーしてみて下さい。
さて、今週からは、以前の連載でも取りあげたことのある「血液型」について、別の角度から考えてみたいと思います。以前の連載(大食いロケ必携医薬品(5)虫除けクリーム「きっかけは山本卓弥!」、大食いロケ必携医薬品(6)虫除け Read more...
2010/07/09

ハワイの救急車(2)…PA・NPという資格

医師という職業は世界中にありますが、日本ほど医師に雑用をさせる国は少なくとも主要先進国には無いのではないかそう思うことが最近少なくありません。病院にもよりますが、日本では初期研修中の医師に限らず指導医的立場のベテラン医師でさえも、医師でなくてもできるような単純作業から解放されません。採血・点滴・カテーテル挿入などの各種処置や、処方箋や診断書などの各種文書作成などはまだしも、患者の院内移動やレントゲンフィルムの運搬等や、検査結果報告用紙をカルテの所定の位置に貼ったり伝票を順番にファイルする等の図画工作的作業、ひどいケースでは封書の宛名書きなども医師の仕事だったりすると説明すると、私の周囲のドイツ人 Read more...
2010/07/02

ハワイの救急車(1)…救命救急士という資格

以前、『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)の新潟ロケにおいて、新潟の救急医療の現場を垣間見たことについて述べたことがありました(新潟医療崩壊~三条大食いロケ編(1)、新潟医療崩壊~データ検証編(2))。そして、盛況のうちに収録を終了した前回春のハワイロケでもまた、これまた期せずしてアメリカ最後の夜に救急の現場に遭遇したのでした(ハワイの思い出(5)アメリカの救急車編)。今回は当番組とは全く関係のない観光客の急病ではありましたが、この番組はよほど救急車との縁が深いようです。
そういえば、当番組が撮影場所を海外に移すようになって二年目となった2007年のハワイにも、実は救急車がお目見えしていました Read more...
2010/06/25

ハワイの思い出(5)…アメリカの救急車

『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)のハワイロケは、これまで書いてきたように、色々な思い出の詰まった貴重な体験でした。大食いの熱戦も全て終了し、丸一日のフリータイムもエンジョイし、ちょうどホテルに帰ってきた時の出来事今回は、そのことについて説明したいと思います。
私が映画鑑賞と買い物を終えてホテルに戻ってきたら、ロビーに一人の日本人女性が倒れていました。隣にはご主人と思われる方が座っており、その周りをホテル関係者および旅行代理店の担当者が心配そうな表情で取り囲んでいたのでした。
その後しばらくして、救急車がやってきました。日本の救急車だと、救命救急士が2~3名乗っているだけのことが普通ですが Read more...
Pages: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647