Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2013/06/14

私が英語でつまづいた理由とは?…足を引っ張る『間違ったお友だち』の正体

日本にいても海外にいても、「フランス人は英語が苦手」とか「フランス人は英語が分かっていても、意地でも英語を話さない」といった、フランス人の英語に対する苦手意識ないし対抗意識を彷彿とさせる笑い話の類は実によく耳にします。しかし、「実はドイツ人も負けず劣らず英語が苦手」という話をすると、ドイツ以外の国の人々はみなさん意外そうな顔をします。もちろん、全然話せないひともいればペラペラな人もいるのはドイツも日本も同じなのですが、いかにも上手そうに英語をペラペラしゃべっているように見えるドイツ人が、実は心の中でかなりテンパッて心臓バクバクというケースが多々あるということを、私は渡独するまで知りませんでした。 Read more...
2013/06/07

私がクロアチア語にハマり始めた理由…次々見つかる日本語との思わぬ類似点!

帰国子女は語学が得意だと思われがちですが、私の場合は元々さほど語学そのものに執着する性格ではなかったので、今も特に英語では悪戦苦闘が続いております。ドイツで小・中学校時代を過ごしているためドイツ語は問題ないのですが、日本に帰国して英語の授業(私のころは英会話とはかけ離れた受験英語しかなかった)が始まってからというもの、ドイツ語と英語が下手に「似て非なる」言語という紛らわしさも手伝い、授業にうまく適応できず、高校の頃にはすっかり英語嫌いになっていました。今の仕事でも、世界共通語としての英語を使う(使わざるを得ない)ものの、何せ英語そのものを好きになれないものだから、上達もイマイチなようです。同じ外 Read more...
2013/05/31

欧州の超有名ゲーム「MIKADO」に思う…ドイツの高齢化社会に求められる移民の資質と国民性

人間には誰しも得意なこととと不得意なことがあるというのは、自明のことです。それが個人としての資質である場合もあれば、集団としての特性の中でそう見えるケースもあります。ここでいう集団特性とは、たとえば「氏素性」だったり「生育歴」だったり、「地域柄」や「お国柄」だったり、「人種的要素」なども含まれます。ただし、特に最後に挙げた項目が往々にして差別と結びついてきた人類の長い歴史的経緯があるため、このことに言及するのはあまり好ましくないという空気が世界的にあります。あることに秀でていれば、別のことが恐ろしく苦手であることもあるということの例として以前のコラムで取り上げた『東洋人が得意で西洋人が苦手な九九 Read more...
2013/05/24

祝!ついにEU入り決定!…欧州連合の一員としてのクロアチアの前途

ここのところ妙にクロアチアづいていた当コラムですが、そこへ唐突にクロアチアのEU加盟の正式決定を伝える記事がYahooニュースに掲載され、何とタイムリーなことかと驚いたものでした。(青字は引用部分)
Yahooニュース2013年5月17日:「クロアチア、7月にEU加盟28ヶ国体制に」(Yomiuri Onlineより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130517-00000458-yom-int
【ベルリン=工藤武人】ドイツ連邦議会(下院)は16日、クロアチアの欧州連合(EU)への新規加盟条約を承認した。
 これにより、27加盟国で同条約の批准手続きが Read more...
2013/05/17

クロアチアに見出す日本(3)…共通点は「食い倒れ国家」?美味しいクロアチア料理と国民の苦悩

本年1月に訪問したクロアチアについては、以前も当コラムで取り上げたのですが、今週はその滞在時にとても美味しくて心に残ったクロアチア料理について、少し考察を含めて取り上げたいと思います。
クロアチアは1991年に独立した旧ユーゴスラビアの国の一つで、下の図のように、アドリア海に面した部分と内陸部を有しています。
Normal 0 0 2 false false false EN-US JA X-NONE Read more...
2013/05/10

日本語とクロアチア語の思わぬ共通点…「数の簡潔性」と『九九』は東洋の誇る文化遺産?!

前回の原稿では、元素周期表に出てくる元素名の暗記術「水兵リーベ」を取り上げ、「言語の簡潔性が学問のレベルを上げる」と述べました。今週は「日本語の簡潔性」について、「数の数え方」という観点から考えてみたいとおもいます。
以前のコラムで私が自らの体験を織り交ぜつつ説明した、ドイツの小学校における容赦ない落第制度について、ここでまた振り返ってみましょう(ドイツ教育事情ドイツ版「早生まれ」Kannkindから容赦なき落第まで)。このコラムの中に、このような記述があります:
そして、さらに驚愕の日がやってきます。小学校2年生から小学校3年生に上がる際、通知表を受け取ったその日、同級生の実に1/3が落第 Read more...
2013/04/26

日独徹底比較!元素周期表とその涙ぐましい暗記術

日独徹底比較!元素周期表とその涙ぐましい暗記術
この原稿が掲載される日は、まさにチェルノブイリ原発事故から27年のメモリアルデーに相当します。例年、この日はドイツではチェルノブイリ関連ニュースや特番が新聞やテレビに溢れかえるのですが、日本ではどうでしょうか。思えば、先だっての3月11日もドイツでは福島関連の記事や番組がメディアを賑わせたものでしたが、日本ではどうだったのでしょうか。
さて、ポスト・チェルノブイリかつポスト・フクシマとなった今のご時世、ドイツの我が家には2011年以前にはなかったお気に入りの新アイテムが仲間入りしており、今回こちらにご紹介します。

こちらは、我が家の朝の定 Read more...
2013/04/19

「早生まれはどこへ行った?プロジェクト」第二弾…東京大学医学部医学科卒業生編

ここのところ、当コラムは「早生まれを探せ!特集」の状態となっております。野球やサッカーなどの人気スポーツで4月~7月生まれが圧倒的に幅を利かせている裏で、早生まれはどうやらフィギュアスケート界(男子シングル)に多いという話(異例の高さ!早生まれ率が示唆するフィギュアスケート選手の資質)、そしてさらなる早生まれたちの進路となっている可能性として「ジャニーズ事務所所属タレント稼業」という世界が挙げられそうであること(早生まれはどこへ行った?プロジェクト」第一弾ジャニーズ事務所所属タレント編)というのが先週までの内容でした。
さて、今週取り上げるのはコチラです。これは、どのような人間集団のグラフでしょ Read more...
2013/04/12

「早生まれはどこへ行った?プロジェクト」第一弾…ジャニーズ事務所所属タレント編

先週までは、競技者に占めるいわゆる「早生まれ」の選手比率のデータを通して、スポーツ育成の日独比較を試みてきました。「早生まれの巣窟」とも呼ぶべき日本のフィギュアスケート男子シングルと、「遅生まれ偏重」「早生まれ受難」の日本の高校野球やサッカーとでは、誕生月別選手数データが実に好対照であること(異例の高さ!早生まれ率が示唆するフィギュアスケート選手の資質)、そして学校制度における学年とスポーツ育成制度における所属カテゴリーが全く連動しないドイツにおいても(ドイツ教育事情ドイツ版「早生まれ」Kannkindから容赦なき落第まで)、サッカー界にはその育成のかなり早い段階から「早生まれ受難」の傾向が日本 Read more...
2013/04/05

学校制度と完璧に切り離されたドイツのスポーツ育成制度

日本のスポーツ選手を「選手の生まれた月」で分類してみると、思わぬ発見に出くわすことがあるというのが、前々回の当コラムのテーマでありました(異例の高さ!早生まれ率が示唆するフィギュアスケート選手の資質)。ここで提示したのは、日本のフィギュアスケート男子シングルにおけるトップクラスの選手が極端な「早生まれ(1月~3月生まれ)」「準早生まれ(12月生まれ)」の寡占状態にあるということ、それに対し高校野球や高校サッカーの出場選手は4月~7月生まれという「遅生まれ」が大きく幅を利かせている、というデータでした。その理由として、野球やサッカーは大きな体格やパワーが競技者人生を有利に運ぶ上でのプラス要素である Read more...
Pages: 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950