Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。

ブログ:Posts list

2014/05/16

世界卓球2014の実況中継が無視したドイツ卓球男子イケメン軍団

先月、都内で地下鉄を乗り継いだ際、このような看板が目に入りました。4月28日から5月5日までの8日間にわたり熱戦が繰り広げられた、「JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会」こと第52回世界卓球選手権団体戦(国立代々木体育館、東京体育館)、略して「世界卓球2014」の宣伝です。放映したのは、あの大食い番組の制作局として当コラムでもおなじみのテレビ東京です。今年が開局50周年となる同局のこと、きっと世界卓球の魅力を存分にお茶の間に伝えてくれるものと大いに期待されました。
しかし、実際の放映を見た途端、大いなる失望の渦に飲み込まれていくのでした。日本開催だから仕方ないのかもしれませんが、ま Read more...
2014/05/09

髙島屋の浅田真央展が解き明かす?フィギュァスケートの衣装にまつわる4つの疑問

先週ご紹介したフィギュアスケートの浅田真央選手の特別展示『妖精から、氷上の女神へ Smile 浅田真央 23年の軌跡展』は、この原稿が掲載される頃は大阪髙島屋の7階特設会場で開催されているはずです(5月12日まで)。浅田選手が獲得したメダルやプライベートシーンの写真等とともに、その名演技を彩った衣装の実物が時系列にズラリと展示されています。まさに「人に歴史あり」と思わずにいられない圧巻のラインアップに、こちらも一目見れば「ああ、あの時の」「あの時そういえばこんなことしてたっけ」など、あらゆる記憶が芋づる式によみがえったりと、おそらくフィギュアスケートに詳しくない方にとっても思うところが色々ある内 Read more...
2014/04/25

日本橋高島屋で見てきた”Smile”浅田真央展

先日東京に行く機会がありました。ある晴れた日曜日、ランチを済ませて桜でも見に行こうかと思っていたところ、ちょうど通り過ぎた日本橋高島屋の前でこのような垂れ幕が目に入り、思わず立ち止まったのでした。
『妖精から、氷上の女神へ Smile 浅田真央 23年の軌跡展』と題されたその展覧会は、先のソチ五輪ではまさかのショートプログラム16位から一転して会心のフリー演技で世界を感動の渦に包み、続く世界選手権では自身3度目となる優勝を成し遂げたフィギュァスケート女子シングル・浅田真央選手の幼少期からのプライベートも含む秘蔵フォト100点、これまでに使用してきた衣装約30点、さらには獲得してきた幾多のメ Read more...
2014/04/18

大島高校センバツ初出場記念!即興カラオケにオススメの曲「安陵愛唱歌」

「日本に旅行したときの一番の思い出は?」と周囲のドイツ人に聞くと、たいてい同じ答えが返ってくるということに気付いたのは、割と最近のことでした。これは老若男女を問わない傾向のようですが、特に若い人の場合はそれはもう判で押したように、彼らが一番に挙げるその返答とは、ズハリ、「カラオケボックス」です。ついこないだも、所用のため行った銀行の窓口で、私が日本人であることを知った男性行員が、いきなり「日本でのカラオケボックス体験」を熱~く語り出してビックリしました。
こちらはむしろ、外国人の日本滞在の目玉といえば「日本食」や「マンガ」「アニメ」「ゲーム」ひいては「電化製品の買い物」などを想定していたのです Read more...
2014/04/11

フィギュアスケート世界選手権inさいたま…ドイツの新聞とテレビでみるドイツ選手の意外なホンネ

日本勢の活躍で大いに盛り上がる毎年恒例の世界フィギュアスケート選手権ですが、今年は3月26日から3月30日までの間、さいたま新都心にあるさいたまスーパーアリーナにて開催されました。日本のテレビは元々男子シングル及び女子シングルの人気が非常に高く、地上波で放送されたのもまたこの2種目とエキシビションだけだったようです。このあたりが、むしろペアやアイスダンスの方が人気のある欧州とはとても対照的です。中でもドイツの場合は、自国選手であるアリオナ・サフチェンコ/ロビン・ソルコヴィー組が優勝候補筆頭というペア競技に関する報道が最も熱心であり、公営放送ARDなどは今回ペアだけをストリーム配信、他の競技は完全 Read more...
2014/04/04

ドイツn-tv『FUKUSHIMAの3年後』(3)…ドイツのメディアが教えてくれた楢葉町の苦悩とジレンマ

今週は下記の動画をご紹介するシリーズの最後、第3部をご紹介します。楢葉(ナラハ)町のことを「ナハラ」と呼んでいるのはこの回で、この楢葉町は元々サッカーのトレーニングセンターであり今は原発事故収束のための中継基地となっている「Jヴィレッジ」の所在地でもあります。1年半ほど前に「警戒区域」(全面立ち入り禁止)の指定を解除され「避難指示解除準備区域」(日中は出入り可能も宿泊は禁止)となった楢葉町には、夜間無人になることに伴う盗難の問題や治安の悪化といった、必ずしも歓迎できない新たな問題の発生もあったようです。さらに、避難指示解除が決まればかえって東京電力の提示する賠償額が低く抑えられる懸念もあり、住宅 Read more...
2014/03/28

ドイツn-tv『FUKUSHIMAの3年後』(2)…イチエフ原発作業員からドイツ環境団体ボスまでネット著明人が続々!

今週は全三部にわたる下記の動画の第2部をご紹介します。なお、前回は人名のスペルミスが目立ったこの動画、今回は阿武隈川を「アブカマ」という強烈な地名ミスがあったりするところが、さすが「ツェンタカータ」のn-tvだけのことはあり、相変わらず日本エキスパートが局内に居ないのかとタメイキが出てきます。それでも、あくまでも一般市民の視点に立ちながら一般市民の声を取り上げるその取材は正にn-tvの真骨頂とも言うべきで、日本の皆さまにご紹介する価値があると考えます。なお、前回同様、黒字の本文は全て番組音声の和訳であり、筆者の意見ではありません。番組内で述べられていない参考内容や私見を注釈として入れた部分のみ、 Read more...
2014/03/21

相変わらず地名人名はハチャメチャ!それでも渾身作!ドイツn-tv『フクシマ…大災害の三年後』(1)

今年の3月11日は月曜日でした。東日本大震災からとうとう丸3年を迎えた日本では、3周年追悼式が国立劇場で開催され14時46分には黙祷が捧げられたと、ここドイツやフランスのテレビ局でも大々的に報道されました。日本の報道と比較した訳ではありませんが、こちらの報道で真っ先に気付くのは、その話題の中心が地震や津波よりも圧倒的に「FUKUSHIMA」すなわち原発事故と放射能汚染の話題に重点が置かれていることでした。中には、呼んだ瞬間にブッ飛んでしまったこのような字幕もありました。これは、フランスのニュース専門チャンネルFrane24で番組中に流れていたテロップです:
「JAPON: MINUTE DE Read more...
2014/03/14

欧州版”REMEMBER FUKUSHIMA”の大合唱(1)…前哨戦となったドイツZDFとARDにみる「原子力」という単語の相違

この原稿が掲載される頃は、東日本大震災からちょうど3周年の週に相当します。これを書いているのがまだ「3・11」前なので、当日のドイツにおける日本関連の報道がどうなるのか今からビビり気味の私ですが、実は先月末頃から既にテレビでは前哨戦のようにどの局も競うように「FUKUSHIMA」の話題で盛り上がっておりました。
皮切りとなったのは2月26日オンエアの、それもオリンピック観戦疲れでホケ~ッとなっていたところにガツンと飛び込んできた、ZDF(ドイツ第二テレビ)のヨハネス・ハーノ記者による渾身のルポでした。
ドイツZDF放送『ZDF Zoom』より(2014年2月26日放送):Tuschen, t Read more...
2014/03/07

ZDF版ソチ五輪フィギュアスケート解説者の驚異的博識(4)…ソトニコワの金は「伊藤みどりの代理戦争」だった!

ロシア女子シングル史上初となるオリンピック金メダル獲得の快挙を成し遂げたアデリーナ・ソトニコワですが、その後も一部に判定への不満があるのか、いまだに場外乱闘が続いているようです。当サイトでは先週、ドイツ公共放送の一つであるARDのフィギュアスケート中継について、実況のダニエル・ワイス(Daniel Weiss:元ドイツ男子シングル王者)と解説のカタリナ・ビット(Katarina Witt:1984年サラエボ及び1988年カルガリーの五輪女子シングルで二大会連続の金メダル)の発言内容全文を紹介しました。カタリナ・ビット(正しくはヴィットと表記すべきだが以下ではビットに統一)の発言がその一部を切り取 Read more...
Pages: 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849