Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2009/04/17

大食いドクターのカバンの中身(7)・・・水絆創膏編

「元祖!大食い王決定戦」(TV東京)は、2009年3月28日に無事にオンエアされ、岩手の大食い女王・菅原初代さんが、パワー全開の食いっぷりで二連覇を達成しました。また、私のもうひとつの関心事である「選抜高等学校野球選手権大会」(毎日新聞社主催)は、4月2日に無事に決勝を迎え、清峰が2度目の決勝進出にして初の紫紺の大旗を、長崎・佐々町に持って帰りました。そして、その清峰と決勝で対戦し、惜しくも0-1で惜敗した花巻東は、あの菅原初代を世に送り出した岩手からの出場校でした。

ちなみにスポーツ界では、1998年が「神奈川イヤー」として有名です。年始の箱根駅伝で神奈川大学が往路・復路とも完全優勝したのを皮切りに、大学ラグビーで関東学院大学が優勝、高校野球では松坂大輔投手を擁した横浜高校が春夏連覇、プロ野球では横浜ベイスターズが日本一、天皇杯全日本サッカー選手権大会で横浜フリューゲルスが優勝、しかも偶然にも国体は神奈川県開催で天皇杯・皇后杯も独占・・・といった具合に、まるで連鎖反応のように神奈川勢がタイトルをさらっていった珍しい年でした。

そして、今年の菅原初代に花巻東・・・大食いに引き続き、岩手県勢の全国制覇となる可能性もチャンスも、十分にあった花巻東高校硬式野球部でありました。まだ夏の甲子園や他競技もあることですし、2009年が「岩手イヤー」となるのか否か、今年の岩手勢の活躍からは、目が離せませんね。

その岩手の女帝が大活躍した今年の大食い大会において、以前のコラムでのストップウォッチ『→大食いドクターのカバンの中身(3)・・・ストップウォッチ編(前)、→大食いドクターのカバンの中身(4)・・・ストップウォッチ編(後)』に引き続き、野球からの転用品が活躍しました。

前回のコラムでは、大食い競技に伴う手荒れの問題を取り上げました(→大食いドクターのカバンの中身(6)・・・絆創膏(カットバン)?)。大食い選手の手指にかかるストレス負荷の強さゆえに、あらゆる薬剤や絆創膏を試してみたものの効果が長続きせず、ずっと私の悩みの種でした。そんなある日、突然ひらめいたのが、高校野球の現場で使われている「水絆創膏」(液体絆創膏)でした。

高校野球の場合、エースピッチャーの連投を防ぐために「複数投手制」が推奨されてはいるものの、やはり過酷な試合日程から、連投を余儀なくされるケースは珍しくありません。高校生投手の繊細な指先に連日の強いストレスがかかり、彼らの爪は割れたり、血マメがつぶれたりすることがあります。

昔の高校野球では「血染めのボールを投げた投手」などの武勇伝もよく報道されていましたが、今の高校球界では、そのような事態になる前に処置を行うという考え方が普及してきました。そこで、爪を接着したりマメを固めるために高校野球の現場で活躍しているのが、この水絆創膏です。そしてこれは、野球選手のみならず、大食い選手の指のケアにおいても大変有用で強力なツールでありました。

水絆創膏とは無色透明の粘液様の液体で、そのニオイと概観はセメダインに似ています。その主成分がニトロセルロース(ピロキシリン)であることから、小切傷・すり傷・あかぎれなどの傷口の上に塗ると、耐水性の被膜を形成して傷口を保護してくれます。そして、傷口の上の保護膜は傷に強く接着するのに対し、皮膚に異常が無い部分の保護膜は、生活とともに自然にはがれていくという選択性があります。つまり、皮膚面の傷が治れば、その膜もまた時間とともに勝手にはがれていくということです。

大食い競技で指にかかる負荷と、野球のピッチングの負荷・・・両者を比べたことが無かったのですが、よく考えてみたら共通点があります。それは、どちらも「血と汗と涙と脂」にまみれる可能性があるということです。野球界では実績のある水絆創膏のコーティング効果ですが、大食い版の「血と汗と涙と脂」に堪えられるのかどうか、大会前は未知数でした。しかし、この「傷がある限り、しがみつき続ける」という特性の被膜は、過酷な競技を経ても剥がれないばかりか、あらたなダメージ(手荒れ)を予防するプロテクターの役割も果たしてくれるのでした。全日程を消化して戻るシドニーからの帰国便の中で、選手の手の状態が日に日に良くなっていく経過を、私は嬉しくもしみじみと振り返っていました。

今まで、この水絆創膏の大食い競技における有効性に気づかなかったことに、いささかの悔しさと、今までの選手たちへの申し訳なさを感じます。今後も、野球界にかぎらず他業種・他分野であっても、有用なアイテムがあれば是非、大食い界にも取り入れていきたいと考えています。

付記になりますが、水絆創膏にはエタノールやカンフルが含まれ、消毒効果もあるという利便性があります。ただし、アルコールにアレルギーがあるケースでは、その使用には注意が必要で、医師等の専門家に相談するほうが賢明です。また、前回取り上げた「靴ずれ」にもまた、水絆創膏は非常に効果があったことも、付け加えておきます。

と、ここまで書いてきて、実は逆のパターンも最近あったということに気づきました。というのは、大食い競技に用意した物品が野球観戦に思いがけず役立った・・・という、「大食い界からの転用品」の一例です。それについては、来週にあらためて説明したいと思います。

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476