Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2008/02/15

自律神経にケンカを売る男・・・泉拓人(3)

前回コラムで、アーチスト泉こと泉拓人選手の腹腔スペースが他の選手と比べてとりわけ狭いということを説明しました。これは何を意味するでしょう?腹壁が硬くて腹囲・胸囲が細いということは、胃が前後左右に膨らむ余地が少ないということでもあります。となると、食べ物には上下方向への強い圧力がのしかかってきます。勝負のレベルが上がってくればくるほど、泉選手は毎回、この上下方向への津波のような波状攻撃との仁義なき戦いを繰り広げざるを得なくなります。顔面は蒼白、目は充血、額には冷や汗という状況で、握りこぶしに執念とも怨念ともとれる何かをありったけ込めて耐え続けるその姿は、実は医師との駆け引きそのものでもあります。彼は何のために自分をここまで追い込み、私たちに何を見せようとしているのか。それは自分のためなのか、視聴者のためなのか、誰のためでもないのか・・・。

ドクターストップには明瞭な基準がある訳でもなければ、明文化もされていません。単に、医師が「アブナイ」「ヤメサセヨウ」と思った時がドクターストップの瞬間ですが、その判断は決して容易ではありません。なぜ線引きや規則化が困難かというと、泉さんのような「自律神経をねじ伏せる精神力の強さ」は火事場の馬鹿力のようなもので、数値化も予測もできないからです。

ですから私は最近思うのです。強い大食い選手ほど「自分の限界を知っている」そして「自分で線引きが出来る」という資質を備えているのだと。その逆もしかりで、この資質を獲得できなければ、永遠に強くはなれないのだと。大食い番組のロケでは、予選レベルの方が、勝ち気にはやる挙句に無茶食いで危険な目にあうケースが多いのです。マラソンでは、ゴールに入るなり倒れこんで失神するシーンがよく見られますが、大食いでそれをされては、番組の存続にかかわります。

ちなみに、私が泉拓人にドクターストップをかける基準は決めてあります。前述した顔色や冷汗といった自律神経のサイン以上に、目にあきらめの色が浮かんだ瞬間がその時です。何と非医学的な基準かと思われそうですが、彼は目が大変雄弁な人物です。この点では彼は楽天のマー君こと田中将大投手と似ています。闘争モード全開に三振を奪う時の顔と、一発を浴びてベンチを心もとなさげに見る時の顔・・・野村監督が降板を告げる際の判断基準も、私と同じかもしれません。ただしこれは、彼が決してゴールで失神することのない、自分の限界を知っている選手だという絶大な信頼感があればこそのルールであり、他の選手ではこのようにはいきません。

われらがアーチストは、自律神経とケンカしてかなりの確率で勝ってきている・・・そんな人生経験が目に浮かびます。世の人々は、自律神経とケンカしようとは普通思わないでしょう。相手は、人の意思で制御されないからこそ、「自律」神経と命名されたのです。彼を勝負に挑ませるのは、日常生活の中でも、彼の「パンク」な部分ではなく、彼の「常識人」としての部分のように思えます。彼の繊細な生真面目さ、失言も許さぬ慎重さ、そしてその裏に隠れた闘争心でしょうか。彼が「Takt」と呼ばれる理由であり、その彼が「人生はアート」と豪語する由縁もこのあたりにあるのでしょう。
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486