Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2018/04/20

さよなら東京タレントナビ(前)…伝えたかった事、伝えきれなかった事

突然ですが、当サイトこと東京タレントナビは6月末日を以て閉鎖することになりました。当コラムの連載も、来週(4月27日)の掲載分が最終回となります。振り返れば、金曜コラムニストとして初回コラムを掲載したのが2007年11月2日でしたが、ここまで長く連載を継続することになろうとは思ってもいませんでした。足掛け10年余りにわたり、息つく暇もないほど忙しい時期もそうでない時期も欠かすことなく寄稿してきたコラムサイトの閉鎖は寂しい限りですが、各方面の皆様にあらためて感謝を申し上げたいと思います。

次回作のネタがなかなか浮かばなくて苦労したことも幾度かあったというのに、記事掲載も残すところあと2回となると、俄然書きたいネタがあれもこれも浮かんでくるのが皮肉というものです(笑)。

かつてのコラム作成の過程では、思わぬ偶然が重なることも多々ありました。例えばフィギュアスケート観戦のために出かけたアメリカやカナダなどで、大食い番組で知り合った大食い選手たちにソックリなフィギュアスケーターやジャッジに次々と遭遇(→日常の中の大食い的風景(2)…中国フィギュアスケート界の新星に大食い選手の面影!、→今度はチェコ版・菅原初代を発見!フィギュアスケート界は大食いソックリさんの宝庫?)。はるかドイツの町中でも、大食い選手ソックリのミュージシャンを発見してしまう始末(→日常の中の大食い的風景(1)…HIROMIとHITOMI?)。中でも最たる偶然は、大食い選手が「子持ち」であることの意味を考察した記事を脱稿し送付し終えた直後、フィギュアスケーターの織田信成さんが結婚かつパパになるというニュースが速報で流れたことでしょうか(→菅原初代とエフゲニー・プルシェンコ(2)…子持ちであることの意味)。

かと思うと、コラムの脱稿・送付を終えた直後にもっと良いネタや資料が見つかり、それでいて文字数と原稿締切日の関係で紹介し損なったという、タイミングの悪いケースもありました。中でも特に悔しかったのが先週のケースで、「相撲における女子禁制」の最終稿(→世界に発信された「KEGARE(穢れ)」…相撲の女人禁制問題をドイツ語圏の人々はこう見た)を作成送付した直後、ARDのホームページで信じがたいほどタイムリーな動画(末尾参考サイトA)を発見したのです↓:

先週のコラムを執筆しながら、ドイツが日本の相撲について論じるなんて部外者もいいところ…などと思っていた私は、この動画で自分の無知を恥じることになりました。皆様は、世界女子相撲選手権(Women Sumo World Championships)なる大会が2001年から開催されていること、そして世界の女子相撲のトップに君臨しているのが他ならぬドイツであることをご存じでしたでしょうか?上の写真のドイツ人女性はザンドラ・ケッペンさん(Sandra Köppen、1975年生まれの42才)。彼女こそ、栄えある初代世界女王です(無差別級)!見た目も、背景の写真の白鳳関と姉弟ではないかと思う程ソックリ!

 彼女は元々は柔道の欧州チャンピオン(78キロ超級)。シドニー五輪では5位、世界柔道で2度の銅メダル、アテネ五輪及び北京五輪にも出場歴があります。相撲に転向してからは、個人・団体を含めて6度の世界一に輝き(左上写真)、現在はブランデンブルグで相撲スクールのトレーナーとして、男女を問わず後進の指導に当たっています(右上写真)。

中でも特に有望なのは、ザンドラさんの実の娘で2005年生まれのマリー・ルイーゼちゃん↓。

左上写真は、娘がまわしを巻くのを手伝う母の姿。血は争えず、弱冠12才とはとても思えぬデカさです!右上写真は、「わが娘が(ドイツ出身のスーパーモデルである)クラウディア・シファーのように生まれつくはずがないことは百も承知」と母が発言した瞬間、娘がいたずらっぽく首をすくめるシーン。親譲りの体格と女子相撲の英才教育で、親子2代での世界女王の座を狙っているそうてす。この調子では、相撲を国技とするはずの日本が女人禁制の何のと揉めている間に、世界における女子相撲をドイツが牽引し続けるとしても文句は言えなさそうです。

さらに先日、もっとビックリするような奇妙な偶然がありました。とある本を大至急読みたいのだけれども、アマゾンで注文するのでは待ちきれない…とばかりに飛び入った大型書店で、その本が見つからなかった代わり、さらに面白そうな別の本が視界に入り、予定外ながら思わず購入してしまったのですが、それが吉村昭さんの『破獄』でした(参考サイトB)。戦前から戦後にかけて4度も脱獄し、「昭和の脱獄王」の異名でも知られた実在の囚人についての実録小説で、グイグイと引き込まれる内容ゆえにアッという間に読破したところ、その数日後に今治市(愛媛)の松山刑務所大井造船作業場から27才の受刑者が逃走したという事件が発生(参考サイトC)。しかも、この脱走犯が逃げ込んだ尾道市対岸の向島(むかいしま)といえば、私が大学生時代に入り浸っていた懐かしい思い出の地なものだから、二重にも三重にも驚きました。なお、この『破獄』という小説は2017年にテレビ東京でドラマ化されたそうです。ひょっとしたら、模範囚だったというこの受刑者も、愛媛にいた頃にこのドラマを見る機会があったか、身近な人物がドラマを見て面会時に本人に入れ知恵などして、今回の手を思いついたのかもしれません。

最後に、極めつけといえばやっぱり、この数日間で突然降って湧いた新潟県知事の辞任劇でしょうか(参考サイトD)。私は大学時代の丸6年を彼と机を並べて学んだ同級生なので、即座に脳裏に甦るエピソードがいくつもあります。大きなヒントとなるのが、大学時代に再放送されたドラマ『白い巨塔』について以前当サイトに掲載したコラムです(→山崎豊子さんの訃報に思う…わが同級生を魅了した『白い巨塔』の”悪の華”)。自分で書いておきながら何ですが、このコラム、今読み返すと実に予言的な内容なのです!

この4年半も前に書かれたコラムに改めて目を通してハッと気づいたことがあります。長年目指し続けてうまくいかなかった財前五郎路線を里見侑二路線に切り替えた瞬間に転がり込んできたのが、彼にとっての新潟県知事のポストだったのではないかと。そして、最初から後者の路線を目指していれば、おそらく今回のような事件はハナから起きなかったであろうし、新潟県民の皆々様方を裏切る結果にもならなかったのではないかということも。

彼自身、今は何も考えらない状況でしょう。そんな彼と同期だった灘高校OBの面々も、やはり今は複雑な心境でしょう。彼には灘高校入学直後に発したということで語り草になっている凄い名言があるのですが、当コラムサイトの閉鎖がこのタイミングということもあり、彼の人生における捲土重来を期する意味も込めて、我が心の中にしまっておくことにします。


<参考サイト>
A) rbb(ベルリン・ブランデンブルグ放送) Brandenburg Aktuell(2017年5月29日):Brandenburgs Sumo-Trainerin (ブランデンブルグの女性相撲指導者)
http://www.ardmediathek.de/tv/Brandenburg-aktuell/Brandenburgs-Sumo-Trainerin/rbb-Fernsehen/Video?bcastId=3822126&documentId=49630794
(公開期限2018年5月29日)

B) Amazon.co.jp - 破獄 (新潮文庫) 吉村昭
https://www.amazon.co.jp/%E7%A0%B4%E7%8D%84-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%90%89%E6%9D%91-%E6%98%AD/dp/4101117217

C) スポーツ報知(2018年4月10日):松山刑務所から27歳男脱走 広島・尾道市で盗難車発見 愛媛県警が指名手配
http://www.hochi.co.jp/topics/20180409-OHT1T50284.html

D) 新潟日報(2018年4月18日):米山隆一知事が辞職表明 複数女性に金銭 「県政混乱」と謝罪
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180418387712.html
(「米山知事の在任期間は約1年6カ月で、民選知事では県政史上最短」「本県初の野党系知事だった」の記述あり)

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516