Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2017/11/10

アクセスがウナギ登り!お茶の間で楽しむワールドドッグショー2017 inライプツィヒ

先日、フランクフルト空港に人を迎えに行った際、到着ロビーで犬用ケージを積んだ光景に出くわした。普段ドイツの空港ではペット連れの旅行客を見ること自体は決して珍しくないが、それにしてはケージの数が多い。それぞれのケージにはそれぞれ色も種類も異なるワンコが一匹ずつおとなしく鎮座していたが、その横に座る人がまさか一人でそのワンコたちを全て飼っているという訳でもあるまい。そこで、何気なく聞いてみたら、彼らは今週ライプツィヒで開催されるドッグショーの参加者だという。まだ他にもワンコたちが到着予定だが、この子たちは一般の手荷物返却とは異なる出口から出てくるため、「ひょっとして、犬の受け取り場所を知らないから遅れているのかも」と、お仲間の心配をしていた。

その日はそのまま帰宅したのだが、後日テレビで早朝の情報番組(当コラムで毎度おなじみのZDF Morgenmagazin)にチャンネルを合わせた瞬間、一気に眠気が吹っ飛んだ。何と、他ならぬこのドッグショー会場であるライプツィヒ・メッセから生中継と言うではないか!↓(以下、参考動画Aより)

ワンコの頭を撫でている女性は獣医師さんで、ドッグショーについての短いVTR紹介の後に登場。ZDFリポーターからの「狂犬病リスクについて」といった至極真面目な質問に対し、獣医師としての見解を説明していたところ、いきなり想定外のハプニングが…!↓ 

  このワンコ、レポーターの差し出すマイクロフォンがすっかりお気に召したようなのだ。右に差し出されれば右(上写真左上)、左に差し出されれば左(同右上)と、一体何が良かったのか、ZDFのイメージカラーであるオレンジ色のマイク先端の臭いを嗅ぎ続ける(笑)。これには獣医師さんもタジタジで質問への回答もグチャグチャ…(笑)!そして、合間にはカメラの方向に愛くるしい視線を振りまくというお茶の間サービスも(同左下)。この一部始終には、早朝の出勤支度中だった多くの視聴者が悩殺されたのではないだろうか。ついさっきまで難しい政治経済のテーマを怖い顔で論じていたスタジオの司会者たちも、いつの間にかすっかり顔がトロけている(同右下)。

ちなみに、この直後がコチラの話題だっただけに、その話のつながりが妙な事になってしまった↓。

アメリカのトランプ大統領が韓国訪問を終えて中国入りへ…というニュース。上写真に写る左側の男性は当サイトでは伊勢志摩サミットの記事に既出のトーマス・ライヒャートZDFアジア支局特派員(→「サミット」も「オバマ広島訪問」もスルーさせた「ボアテング騒動2連発」の異様な盛り上がり)。つい前日の夜に同氏の「韓国ソウルから生中継」という映像を見たばかりだというのに、これではまるで瞬間移動のトランプ追っかけ隊(笑)である。こちらはテレビのリモコンしかいじっていないのに、ライヒャート氏の背景だけが東京→ソウル←北京と刻々変化するのだから、御苦労様ですという他に言葉がない。このトランプ氏の中国訪問にはアメリカの大手企業の幹部がゾロゾロと同行しているとかで、安全保障もさることながら経済面での両国の綱引きの方が注目されている。少なくともライヒャート氏の現地リポートで聞く限りは、韓国も中国もトランプ様に尻尾を振るつもりはサラサラなさそうだ。

さて、話は戻るが、このワールドドッグショーはライプツィヒ・メッセで11/8(水)~12(日)に開催とあるが、このうち11/8はドイツ犬の国内大会であるGerman Dog Showのみを行い、世界73か国から3万1千匹以上のワンちゃんが一堂に集結する世界最大規模のドッグショーであるワールドドッグショー2017は11/9(木)~11/12(日)に予定されている(参考サイト1)。確かに世界から集まるワンコにとっては、せめて11/8は時差ボケ調整のためにも完全オフにしてあげたいということだろう。

なお、ドイツ大会も世界大会も共に、YouTubeのストリーム配信で完全生中継される。以前のコラムで問題になった野球のU-18ワールドカップにおけるジオブロックのように、日本の試合だけが日本からのアクセスを拒否されるなどというバカげた事態になるほどの放映権争奪戦も無いだろうし(→見てきたつもりのU-18野球W杯(7)…日本野球の未来を左右するEFL・外国人監督・英語野球アカデミー)、全世界から均等にアクセス視聴が可能なはずである。ということで、早速そのYouTubeサイトを訪れてみた。

下写真は11/8昼間、ドイツ版ドッグショーことGERMAN WINNER SHOWのうち、昼間に行われた「Best Veteran (ベテラン犬部門)」の様子である。(ここから下の写真は全て参考動画Bからのスクリーンショット)

生放送の映像の横には、ライブチャットのコメントが次々と書き込まれていくのだが、なぜかロシア語圏からの書き込みが多いようだ。画面には、同じカテゴリーに参加する全ての犬が高校球児の入場行進よろしく一斉に登場する場面が映っている。

ちなみにベテラン犬とは8才以上の犬のことだそうで、これは人間で言うところの「美魔女コンテスト」のような感じだろうか(笑)?まず、ノミネートされた全6匹が堂々と入場した後、今度は一匹ずつが呼ばれて飼い主とともに登場、審判員のチェックを受けることになる。審査の手順については、コチラのラブラドル・レトリバーの映像で説明する↓。

まず、審判が犬の口をこじ開けるようにして、歯の状態を確認(上写真左上)。次いで、後方に回ってお尻のあたりをまさぐりながら(?)尻尾の付け根の辺りを確認(同・右上)。すると今度は、ワンコが飼い主と一緒に場内を一周(同・左下)。走り方や佇まい、さらには飼い主との距離感や連帯感なども審査の対象なのだろう。そして、元の場所に戻った途端、ワンコが飼い主ともどもホッとした表情をうかべている(同・右下)。ちなみにこのラブラドルは同カテゴリーでは4位入賞となった。(参考サイト2)

こんな調子で一匹ずつ紹介されていくのだが、どのワンコもあまりに可愛いすぎて、つい時間を忘れてしまう。引き続き行われた「プロジェニー(親子)部門」も面白い。プロジェニー(直訳すれば「子孫」)とは「一匹の父犬または母犬と、その子たちで構成される親子グループ」のことだそうで、たとえが古くて恐縮だが「オールスター家族対抗歌合戦」(1972-1986、フジテレビ→2016年からはBSフジで不定期特番として復活)がコンセプトとしては近いかもしれない。

まずは、同カテゴリーで3位になったダルメシアン(上写真)。ダルメシアンといえば、クロアチアのダルマチア地方が原産とされ、ディズニー映画『101匹わんちゃん』(1961年)でもお馴染みの犬である。


次いでこちらは、同カテゴリーで2位に入ったプードル。フサフサのワンコたちの毛並みもさることながら、その首縄を操る女性たちのお揃いのワンピースの方に関心が行ってしまった(笑)。随分サイズが異なるようだが、どこでどのように調達したのだろうか?

ワンちゃんの可愛さには間違いなく癒されるのものの、このままズルズルと見ていては仕事にならん!ということで、泣く泣くであるが、一旦ストリーム配信から離れた。そして夜になって再びアクセスしてみると、あらまビックリ!昼間の「ベテラン犬部門」の時は647名に過ぎなかった視聴者数が、いつの間にか1万人を軽~く超えるまでに増えているではないか!う~ん、さすがは「人類の最良の友」と言われるだけのことはあり、ワンコの威力、恐るべし。ドイツ国内犬限定の、いわば前座のような大会でこれだけのアクセス数があるのだから、翌日以降の世界大会の方は一体どうなることやら、今から興味が尽きない。

犬が大好きな人もそうでない人も、日頃のストレスから解放されたい、癒されたいという人も、そして仮に週末ヒマという以外の理由がなくても、お時間が許せば是非とも末尾参考動画Bのストリーム配信サイトを見ていただきたい。どんなメジャースポーツにも決して引けをとらないほど、ワンコたちの真剣勝負は純粋に見るものの胸を打つ。もっとも、勝敗が点差ではなくジャッジの評価で決まるという点では、これは野球よりもフィギュアスケートに近い世界かもしれない。さらにブリーダーとハンドラーがいたり血統が重視されるあたりを見れば競馬の方が近そうではあるが、かと言ってタイムを競う訳ではない。世界最大規模のワンちゃんの祭典というテレビの宣伝こそあれ、実際にどういう基準で勝敗が決まるのかといった仕組みを掘り下げた解説記事などは見あたらない。そういう意味では、初めて見る者には分かりにくい世界でもある。

それでも、私が空港で出会ったワンコたちや、出口が分からず空港で迷いながらも、はるばる世界各地から長時間のフライトに耐えてドイツに来てくれたワンコたちには、是非ともみんな一世一代の晴れ姿と日頃の鍛錬の成果を披露してくれることを期待したい。


<参考動画>
A) ZDF Morgenmagazin(2017年10月8日):"World Dog Show": Kurioses und Trends
https://www.zdf.de/nachrichten/zdf-morgenmagazin/world-dog-show-100.html

B) YouTube - World Dog Show 2017
https://www.youtube.com/watch?v=3LFNDA7gkxo

<参考サイト>
1) WORLD DOG SHOW 2017 & GERMAN WINNER SHOW
http://www.wds2017.de/en/home/
(プログラムやエントリー、審査結果が順次掲載される公式サイト)

2) German Winner Show 08.11 - Online Results
https://showsystem.wds2017.de/results/frmTuloksetRyhma.aspx?N=1&R=BIS

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498