Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2017/03/17

ようやく発効のドイツの医療用大麻解禁法案(続報)

先週は、ドイツにおける医療用大麻の解禁決定と、その法改正の内容について紹介しました。3月に入ってすぐに解禁となるかと思いきや、改正法の発効がなぜか遅れている…というのが先週までの内容でしたが、その後、3月9日にようやく改正法案がドイツ連邦官報サイト(Bundesanzeiger)に告示されました(末尾参考サイトA)。ドイツでは法律は告示された翌日に発効するので、これによりドイツにおける医療用大麻は晴れて3月10日に解禁となったことになります。(→医療用大麻がついに解禁!秒読みの法改正を前に渦巻くドイツの思惑と賛否両論

Pharmazeutische Zeitung(2017年3月9日):Gesetz veröffentlicht: Cannabis ab morgen verordnungsfähig(法案ついに告示:明日から大麻が処方可能に)
http://www.pharmazeutische-zeitung.de/index.php?id=68108

上記サイトによれば、この法改正の特徴は以下の通りです:
・重病を抱える患者が医師の処方箋さえあれば全国の薬局で大麻の処方を受けることが可能(これまでは、既存の治療法で効き目がなかったという前提で、大麻使用許可書の事前申請が必要だった)
・コストは健康保険負担(これまでは100%自己負担だった)
・処方の条件は、「当該患者への大麻処方によって、その病状や症状に有効な効果があると医師が見込んでいる」ことである
・娯楽/嗜好を目的とする使用は相変わらず非合法
・医療用であっても自家栽培は相変わらず非合法


前回記事でも触れたように、国産大麻生産の監督管理を行う”大麻庁”(Cannabisagentur)も設立されました。そして、コチラの記事によれば、今度は大麻関連の株式市場がうなぎ上りなのだそうです↓:

Die Welt(2016年3月15日):Das neue High der Cannabis-Aktien(大麻関連株が新高値)
https://www.welt.de/finanzen/article153332676/Das-neue-High-der-Cannabis-Aktien.html

上記記事を読むまで知りませんでしたが、巷には大麻関連会社のみで構成される株式市場が存在するのだそうです。日本の日経平均やアメリカのダウ・ジョーンズにドイツのDAXなどは誰でも聞いたことがあるでしょうが、その名も「MJIC」というその正式名称はMarijuana Index Global Composite(MJIC)。主にアメリカ・カナダのマリファナ(大麻)関連企業数十社で構成される66億ドル規模(約7500億円)の市場のインデックス値は通称マリファナ・インデックスとも呼ばれます。ドイツ法改正発効後の最初の月曜日となった3月13日、そのマリファナ・インデックスが160ポイントから271ポイントへ急上昇したことを伝えるのが上記記事です。

この記事には、マリファナ・インデックスは「特にアメリカが先導となって牽引する世界的な大麻ブーム」を反映するものだと書かれています。確かにアメリカでは、これまでにコロラド・オレゴン・アラスカなど8州が娯楽用も含めた大麻合法化(他にもさらに28州が医療用に限定して解禁)、その結果として大麻生産・運搬・製剤製造・小売販売といった各産業が成長、今年1年で170億ドル(約2兆円)の利益をアメリカにもたらす見込みで、2020年にはその額が440億円(約5.2兆円)にまで伸びると見込まれています。一部の州で解禁されているにもかかわらず国(連邦)としての大麻はいまだに非合法というねじれ状態がアメリカの現状ですが、この調子でいけばアメリカ合衆国としての大麻解禁は単に時間の問題なのかもしれません。

なお、今週のマリファナ・インデックス急上昇の立役者としてその名が挙がっているのが、イギリスのGM Pharmaceuticalsという会社です。この会社は、大麻由来成分であるテトラヒドロカンナビノール/カンナビジオール含有のサティベックス(Sativex:口腔スプレー、ドイツでは多発性硬化症薬として承認済)と精製カンナビジオール(Cannabidiol)製剤であるエピジオレックス(Epidiolex:液体製剤、アメリカで臨床試験中)という2商品を擁し、この3年で株価が実に1200%(!)という成長著しい製薬会社です。同社が自社の大麻由来製剤が小児てんかんの一種に有効だったと報告したのが今週月曜日であり、それが今回のマリファナ・インデックスを押し上げました。

それなら、マリファナ・インデックスやGW Pharmaceuticals株は買いか?と聞かれたら、必ずしも返答は楽観的なものとはならないでしょう。というのも、先程の記事には、「このマリファナ・インデックスの過去10年の最高値は650だった」と書かれているからです。650だったものがいつの間にか160まで下がっていたのなら、それが今週271まで上昇したと言われたとしても、楽観視はとてもできません。しかも、最新のマリファナ・インデックスを調べてみたら(参考サイトB)、3月15日時点で135.09と、何と2日前の始値より下がってしまったではありませんか!どうやら、大麻関連の株式市場はジェットコースター並の乱高下も珍しくないハイリスクな投資先のようです。

GW Pharmaceuticals社についても、楽観は禁物です。サティベックスは既に欧州では販売されていますが、アメリカではいまだに未承認です。エピジオレックスの方もアメリカで臨床試験が順調に進んでいるとはいえ、土壇場で横やりが入ったり他社の他剤に出し抜かれたりすれば、FDAの承認を取りつけられなくなる可能性だってあります。

とは言っても、エピジオレックスはごく一部の難治性小児てんかん(ドラヴェー症候群やレノックス・ガストー症候群などの)には効果がありそうだという結論に落ちつきつつあり、オーファン・ドラッグ(患者数の極端に少ない希少疾患に対する治療薬)として審査期間短縮措置も受けており、そう遠くないうちにFDA承認を得られるでしょう。本当に有効な薬剤なのであれば、それを必要とする患者さんの元に確実に届くことを政治は邪魔するべきではありません。他方で、ドイツでは既に2011年から販売されているサティベックスの方は、要冷蔵かつ施錠保管が義務づけられている(つまり薬局はカギのかかる冷蔵庫を新調しなければならないない)というわずらわしさが普及のネックとなっているとの報道もあります(参考サイトC)。

それ以前に、政治リスクも考慮する必要があります。今回の「医療用大麻解禁」のドイツのように、「アメリカ発の世界的な大麻ブーム」に追随する国は今後も続くでしょうが、その後の展開次第では方向性をいきなり180度転換することが十分にあり得ます。例えば、医療用大麻や大麻由来製剤の使用経験が蓄積された末に「意外と効かなかった」という結果が出たり、はたまた処方大麻の横流しや濫用・依存、犯罪につながる悪用などの負のケースが社会事件化したらどうなるでしょう?若い人ほど、大麻摂取による脳へのダメージが大きい(特に統合失調症との関連が指摘されている)という報告もあります(参考サイトD)。慢性疼痛には効いても、手術後のような急性疼痛には大麻は効かないどころか幻覚や不穏などの精神症状で逆効果、という論文も最近発表されたばかりです(参考サイトE)。何らかの事件を契機に国民から規制強化の声が高まることにでもなれば、それこそ株価の一喜一憂どころの話では済まず、MJICを構成する関連企業の大半がドミノ倒しのように連鎖倒産してしまうでしょう。

大麻製品関連市場が不安定な理由としては、記事中には他にも理由が挙げられていました。一つは、この業界を構成するメーカーの多くが中小ないし零細企業であり、GW Pharmaceuticalsのような大企業はむしろ少数派だということです。それでも大小の企業が、いつ認可されるともしれない製品の開発にしのぎを削っているのです。そして、いまだに認可されていない薬は、現時点では会社に一銭の利益ももたらしません。GWのような大企業ですら、自社製品を当局に認可させるのには四苦八苦であり、まして小さい企業の場合はもっと大変です。そんな会社の株を買っても配当など得られる日が来るのかどうか、投資家は懸念することでしょう。

もう一つ、挙げられていたのは「銀行の貸し渋り」です。アメリカの場合、州レベルでは認可されていても、国レベルでの大麻使用はいまだに非合法です。アメリカ政府から睨まれることを恐れ、銀行は大麻関連企業への出資に慎重なのだそうです。このため、各企業は事業規模を拡張することが困難になっているといいます。

大麻自体の有効成分は60以上あるということですので、今後も新たな大麻由来成分が発見されたり、新しい製剤が開発されたりするかもしれません。今後は、ハイエナのような投資家も世界中から湧いてくることでしょう(笑)。色々と問題を孕みながらも紆余曲折を経て解禁されたドイツにおける医療用大麻については、今後も折々に報道があればチェックしていきたいと思います。


<参考サイト>

A) Bundesanzeiger(2017年3月) 法案原文(PDF注意)
https://www.bgbl.de/xaver/bgbl/text.xav?SID=&tf=xaver.component.Text_0&tocf=&qmf=&hlf=xaver.component.Hitlist_0&bk=bgbl&start=%2F%2F*%5B%40node_id%3D%27262427%27%5D&skin=pdf

B) The Marijuana Index
http://marijuanaindex.com/

C) apotheke adhoc(2011年8月16日):Betäubungsmittel im Kühlschrank (冷蔵庫保管の麻薬)
http://www.apotheke-adhoc.de/nachrichten/nachricht-detail/betaeubungsmittel-im-kuehlschrank/

D) Kölnische Rundschau(2016年7月20日):Umstrittenes Medikament Wie harmlos ist Cannabis wirklich?(賛否両論ある薬剤:大麻ってホントに害はないの?)
http://www.rundschau-online.de/magazin/umstrittenes-medikament-wie-harmlos-ist-cannabis-wirklich--24426478

E) Acta Anaesthesiologica Scandinavica(2017年1月16日公開):Volume 61, Issue 3, March 2017, Pages 268–280.  A systematic review of the analgesic efficacy of cannabinoid medications in the management of acute pain
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/aas.12851/full

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498