Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2017/02/18

お正月の新定番?S・ランビエル主催アイスショー『アイス・レジェンズ』に登場した驚異のスーパーウーマン

ドイツで年を越すのは決して今年が初めてではありませんでした。それなのに、今回の年末年始はそれまでに気付かなかった面白いテレビ番組にいくつも遭遇し、大晦日からテレビにかじりつくことになってしまった…という事は、以前のコラムで取り上げた通りです。特にドイツの国民的人気番組『ディナー・フォー・ワン』については、今まで知らなかったことの方が不思議で、つい周囲に「どうして今まで教えてくれなかったの?」と愚痴ったら、「だって、聞かれなかったんだもん!」と異口同音に返答されてしまう始末…(笑)。自分がその存在すら知らないものを他人に聞くって、そもそも可能なのでしょうか?これは、自分が知っていると自負する世界なんて世界全体から見ればゴミにもならないほど狭小なものだ、という教訓なのかもしれません。(→お正月の過ごし方inドイツ(1)…クイーンの80年代ライブに釘付け!音楽三昧の大晦日、→お正月の過ごし方inドイツ(2)…大晦日の視聴率が断トツのトップ!『ディナー・フォー・ワン』ってどんな番組?、→大晦日の定番!ドイツの長寿番組『ディナー・フォー・ワン』の時代背景と衰えぬ人気の秘訣

今回のコラムでご紹介するアイスショーも、おそらくコアなフィギュアスケートファンには常識(?)なのでしょうが、そうでない一般ピープルには全くと言って良いほど知られていないのではないかと思います。実は私自身も、今年のドイツで元旦当日に偶然テレビで見かけるまで、このショーのことは全く知りませんでした。

そのアイスショーの名は『アイス・レジェンド・2016』。元・男子シングル世界王者(2005、2006)で2006年トリノ五輪銀メダリスト、そして今は振付師・コーチとしても活躍するスイスの英雄(!)、ステファン・ランビエル氏(Stéphane Lambiel)が主催して2016年4月22日(金)にスイス・ジュネーブで行われたものです。私が目にしたのはTV5Mondeというフランス語の国際放送で今年の1月1日の昼間(14:00~15:50)に放送されたもので、正月名物のウィーンフィルのニューイヤーコンサートの中継終了直後を見計らったかのような絶妙のタイミングで流れてきたこともあり、そのまま”音楽つながり”で見始めたら見事にハマって抜け出せなくなりました(笑)。このショー、日本からは浅田真央さんと高橋大輔さんという日本フィギュアスケート界きっての2大スターがアベック出演とあって、日本でもBS(2016年4月24日19:00~、NHK BS1)およびCS(2016年6月、日テレプラス)で放送があったようです。

ショーの出演者はオリンピックチャンピオンあり、世界チャンプ多数、欧州チャンピオンだらけという、とにかく豪華絢爛な顔ぶれでした。以下にそのチャンピオン軍団を紹介しましょう↓。(括弧内の各選手の年齢は2016年4月22日のショー当日のもの。赤字は五輪金メダル、ピンク字は世界選手権金メダル)

<ペア>
・タチアナ・ボロソジャール/マキシム・トランコフ組(ロシア、29/32才):ソチ五輪 (2014)、世界選手権 (2013)・銀(2011、2012)、欧州選手権 金(2012-2014、2016)

<アイスダンス>
・テッサ・ヴァーチュー/スコット・モイヤー組(カナダ、26/28才):バンクーバー五輪 (2010)、ソチ五輪 銀(2014)、世界選手権 (2010、2012)・銀(2008、2011、2013)・銅(2009)

<女子シングル>
・浅田真央(日本、25才):バンクーバー五輪 銀(2010)、世界選手権 (2008、2010、2014)・銀(2007)・銅(2013)
・カロリーナ・コストナー(イタリア、29才):ソチ五輪 銅(2014)、世界選手権 (2012)・銀(2008、2013)・銅(2005、2011、2014)、欧州選手権 金(2007、2008、2010、2012、2013)他
・サラ・マイアー(スイス、31才):欧州選手権 金(2011)・銀(2007、2008)

<男子シングル>
・イリヤ・クーリック(ロシア、38才):長野五輪 (1998)、世界選手権 銀(1996)、欧州選手権 金(1995)・銅(1996)
・ステファン・ランビエル(スイス、31才):トリノ五輪 銀(2006)、世界選手権 (2005、2006)・銅(2007)、欧州選手権 銀(2006、2008、2010)
・髙橋大輔(日本、30才):バンクーバー五輪 銅(2010)、世界選手権 (2010)・銀(2007、2012)
・ブライアン・ジュベール(フランス、31才世界選手権 (2007)・銀(2004、2006、2008)・銅(2009、2010)、欧州選手権 金(2004、2007、2009)他

こうしてズラリと名前を並べただけでも、金銀キラキラで眩しすぎます(笑)。かくもゴージャスな面々に若手を交えて一堂に会しての『アイスレジェンド2016』、、その一部は末尾参考動画A)およびB)のリンク先から見ることが出来ます。

しかし、このショーに出演しながら、その時の演技が下記リンク先に含まれていない出演者が一人います。私が色々な意味で衝撃を受けたその人物の名はマリー=ピエール・ルレイ(Marie-Pierre Leray)(下写真)。現役時代は女子シングルでフランス選手権3年連続準優勝(1992-1994)、1994年リレハンメル五輪14位、1994年世界選手連7位。ペアに転向してからはフレデリック・リプカと組んで1992年フランスチャンピオン、ニコラ・オスランと組んで2002年欧州選手権9位などの記録があります。(以下、写真は全て2017年元旦のTV5の番組からのスクリーンショット)

マリー=ピエール・ルレイさんは2002年に現役引退、以降はフィギュアスケートとサーカスの要素を融合させた「アクロバティック・スケーティング」を確立、世界各地のショーで披露し続けている…というのが公式プロフィールですが、「アクロバティック・スケーティング」という言葉だけではピンとこないと思われるので、見る者の度肝を抜くそのパーフォーマンスを具体的に説明しましょう。

まず、空から白いフープが降りてきます(左下)。それを片手だけで掴んだ瞬間、いきなりフープが上昇!そして、命綱もセーフティーネットも何もない状態で片手吊りとなります(右下)。

少しでも手が滑ったら一気にアイスリンク上に転落…という状況で、彼女はこんなポーズや(左下)あんなポーズなど(右下)、次々と体勢を変化させながら、グルグルと高速スピンを披露し続けます。

腕も筋骨隆々なら(左下)、足から臀部にかけての筋肉も全身の体重やスピンの遠心力を支えるに十分な発達ぶりです(右下)。アメコミにそのまま出てきそうなスーパーウーマン、という感じです。

 終盤にさしかかり、彼女はいきなりリンクサイドに何かを取りに戻ります。それは、黒いベルトらしきものでした(左下)↓。

そして、このベルトを首にかけてアイスリンク中央にまで戻ると、そのベルトの先をフープに引っ掛け(右上)、またもやそのままグルグルとスピンしながらどんどん上昇していったのです↓。

まるで首つり?!下から見上げる観客はヒヤヒヤしていたことでしょう(上写真)。頭を後ろに傾けてベルトを保持しつつの空中高速スピンですが、首の筋肉だけで全体重と遠心力に対抗するとは、最高級の危険度です。また、この体勢の高速スピンで、万が一にもアクシデントでベルトが絡まり首が絞められるようなことがあったら、どうするのでしょうか?そうでなくても、このスピン中に意識が遠のいたりすれば、それこそホンモノの首つりになりかねません。何よりも、氷から十数メートルほどの高さで緊急事態が発生した場合、救護者はすぐには手も足も出せません。一体、どの程度の救命・救護体制を敷いてのショーなのか、途中からはそういうことばかり気になってしまうのでした。

中でも、下の写真のような場面はさらなる不安を誘いました↓。

真ん中やや右に、フープを片手にスケートリンク上空を旋回するように飛ぶ彼女の姿が見えます。左手に伸びるのはリンクのフェンスです。これは、仮に彼女の手が滑ったら、遠心力による勢いがそのままついて、足にスケート靴の鋭利なブレードをつけたまま客席に飛び込んでしまうことを意味しています。

もちろん、彼女も日頃から私たち一般ピープルには到底真似できないような猛特訓を積み、事故を絶対に起こさぬような万全の準備をしてこの場に臨んでいるのでしょう。しかし、例えば医療の世界は、過去の医療事故等の経験や歴史を踏まえ、「事故はゼロにすることは不可能」、という前提のもとに、「一定の比率で事故が起きることを織り込んだシステムづくり」というスタンスへ、この十数年の間に大きく方針転換して現在に至っています。アイスショーの世界はどうなのでしょう?

結局のところパーフォーマンスは何事も無く終了し(上写真)、私もホッと胸を撫でおろした次第です(事故があれば放送できなくなるので、当然と言えば当然ですが)。地上で行うサーカスなら、下にセーフティーネットを引いたり、地面を土や砂にすることもできますが、フィギュアスケートとサーカスの融合となると、下にマットを敷くわけにもいかず、固い氷のまま他に選択の余地がありません。従って、安全対策の宿命的な困難さもさることながら、もっと厄介なのは、観る者の恐怖心を惹起してしまう事です。実際に動画サイト・ユーチューブにアップロードされた彼女のパーフォーマンスに対するコメントを読むと、「素晴らしい」「美しい」というものと、「怖すぎる」「見ていられない」というものと、完全に二分されているようです(参考動画C、D)。

それでもなお、シングル選手からペア転向、そして引退後にさらなる新境地に果敢に挑戦する姿勢は心からの称賛に値します。そして、さらに感心してしまうことがあります。実は彼女、この原稿が掲載される予定の2月17日が何と、42才の誕生日なのです!世界は広いと言いますが、かくもパワフルな42才の女性はこの世に果たして何人いることやら(笑)?考えてみれば、先に述べた通り、彼女は1992年12月開催のフランス選手権で女子シングル準優勝とペア優勝を果たしましたが、そもそもシングルとペアの二足の草鞋を履くことも凄いですが、そのいずれにおいてもトップクラスの成績を収めたということ自体、やはりただ者ではありません。

さらに蛇足ですが、この1992年のフランス選手権では、二足の草鞋を履いた女性がもう一人いました。サラ・アビトボル(Sarah Abitbol)というその女性、女子シングルでは6位、ペアではステファン・ベルナディス(Stéphane Bernadis)と組んで2位でした。このアビトボル/ベルナディス組こそ、先週のコラムで述べたヴァネッサ・ジェームズ/モルガン・シプレ組の項における「欧州選手権でのフランス勢のメダル獲得は14年ぶり」という記述の基となった、14年前のメダリストなのです(→欧州フィギュアスケート選手権のキーワード(2)…「ブレイクスルー」!自己ベスト大幅更新の選手を一挙紹介)。

サラ・アビトボル/ステファン・ベルナディス組といえば、フランス選手権10連覇(1993-2002)、欧州選手権 銀(2002、2003)・銅(1996、1998-2001)、世界選手権 銅(2000)という輝かしい実績がある、フランスを代表するベアの一つです。ということは、次なる世界選手権でジェームズ/シプレ組は、今度は「17年振りのフランス勢の表彰台ベア」の座を狙って戦うことになります。昨今のペア競技は参加数は多くない割に、近年にも増してトップ同士が拮抗しつつ全体のレベルも上がっており、それこそサーカス的でアクロバティックなハイリスク勝負となってきています。来月の世界選手権では、猛烈にドラマチックな展開が私たちを待ち構えていることでしょう。

最後になりますが、ステファン・ランビエル主催の『アイス・レジェンズ』は今年も健在です。同じジュネーブのリンクで2017年4月28日に開催予定で、チケットは今もインターネットで入手可能なようです(末尾参考サイト1)。お時間と興味のある方は、是非とも欧州旅行を兼ねてどうぞ!


<参考サイト>
1) 2017年4月28日(金)予定:Ice Legends 2017 (会場:ジュネーブ、Patinoire des Vernets)
https://www.starticket.ch/de/tickets/ice-legends-2017-20170428-2030-patinoire-des-vernets-les-acacias-geneve
18:30 会場、20:30開演、22:30 終了予定

<YouTube参考動画>
A) Ice Legends 2016, Geneva
https://www.youtube.com/playlist?list=PL5dcKmptKqr3qlDF7k3DgddhDcZ8Ipocg
(YouTubeにアップロードされたスイスRTS中継から作成のプレイリスト。16の動画から構成)

B) Ice Legends 2016
https://www.youtube.com/playlist?list=PLwS1BAQvDZ8nYE9_3Q5CFhQLrihMYt2tZ
(現地で観戦していた方のビデオを中心に、20の動画で構成)

C) B.ESP. Marie-Pierre LERAY EX - 2016 Trophee de France (Trophee Eric Bompard)
https://www.youtube.com/watch?v=OpJ_D0oHkv4&list=PLwS1BAQvDZ8nYE9_3Q5CFhQLrihMYt2tZ&index=5

D) Marie-Pierre Leray Acrobatics on ice EX 2016 Trophee de France
https://www.youtube.com/watch?v=lfmcsR1BH0I

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490