Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2016/07/01

アイスランド旋風を横目にイギリスの”BREXIT”がもたらす欧州サッカーEURO 2016への思わぬ余波

先週のイギリスの国民投票は、BREXIT、つまり欧州連合(EU)からの離脱という衝撃的な結果となりました。その影響は欧州のみならず世界に飛び火し、結構大変なことになっているのはご存じの通りです。6月23日に行われたEU残留の可否を問う国民投票において、「51.9%が離脱、48.1%が残留」という結果が報じられたのはその翌朝でしたが、そこから一気に世界同時株安の様相を呈して日本の日経平均も急落、しかも麻生財務大臣の口先介入もむなしく円高もズンズン進行していきました。ほんの一か月前の伊勢志摩サミットで、安倍首相が現状を「リーマンショック前に近い」と言っても他のG7首脳に鼻で笑われて相手にされなかったのが、まるで別の星の話かと思うような混乱ぶりです。

そこに追い打ちをかけるように、「もうひとつのBREXIT」という衝撃のニュースも入ってきました。サッカーの欧州選手権こと「UEFA EURO 2016」の決勝トーナメントのベスト16対決(ラウンド16)にて、今話題の渦中にあるイングランドが人口たったの33万人の小さな島国アイスランドに敗退したのです(末尾参考サイトA)。この日は前回大会決勝の再現となったイタリアvsスペインで前回王者スペインも敗退しており、「SPEXITとBREXITが同時にやってきた!」(参考サイトB)などと騒がれております(笑)。このように、あるチームが敗退する度に、チーム名の後ろに”-XIT”を付けて「#○○グジット!」とハッシュタグ付きでツイッター等で盛り上がるのは最近すっかりお約束となっており、このトレンドは他のスポーツや今夏のリオデジャネイロ五輪にも引き継がれていく予感が濃厚です!これも、ソーシャルメディア界における「ブレグジットの思わぬ余波」の一つでしょうか?(笑)

他方で、ここのところ国を越えて欧州全体を感動の渦に包みこんでいるのが、イングランドを下したばかりのアイスランドです。ドイツ代表監督のヨアヒム・レーヴ氏まで、その戦いぶりに感動したと記者会見で語ったばかりです(参考サイトC)。もっとも、アイスランド国内はそのはるか前となる大会序盤からとっくに大フィーバー状態です。グループトーナメント初戦当日など、「全人口の10%がいまフランスいる」とテレビで報じられましたし、さらに続報によれば、そのうち1万人弱が実際にスタジアムに足を運だそうです。島ごと民族移住してきたようなスタジアムはまるでホームで、「家族といるようなもの。客席のサポーターの半分位が顔見知りだと思う」とアイスランド代表DFのアルナソン選手は語っています(参考サイトD)。


(ZDFのサッカー中継の場合、試合前に出場チームの戦力分析やふるさと紹介などを行う「Fußball, mon amour(サッカー・わが愛)」という特番が毎回放送される。上の写真はその番宣のスポットCMで、右手と左手に対戦国の国旗が描かれ、両手でハートマークを形成するというなかなか粋な趣向)

これを聞いた私が条件反射的に思い出したのは、甲子園の1986年春の選抜高校野球大会における「新湊旋風」でした。この時の新湊(富山)の場合、まさかの金星から始まり次々と強豪を撃破、これに伴い応援団も当時の新湊市の人口の実に4分の1となる一万人にまで膨らみ、反対に市内はガラガラ、警察も空き巣被害阻止のためパトロールに難渋したという話でした。この30年前の甲子園で新湊は結局ベスト4まで進出したので、今回のアイスランドもまさかのフランスに勝利して「新湊旋風の再来」を起こす可能性は十分あります!なお、アイスランドは来たる日曜日、あの同時多発テロのあったパリのスタッド・ド・フランスにてフランスと対戦予定です。今や「欧州の恋人」(参考サイトD)とまで呼ばれるようになったアイスランドの注目度はこれまでとは比べ物にならず、開催国フランスと言えどもやりにくいことでしょう。そして、次の試合でアイスランドがもし本当にフランスに勝ってしまうようなことがあれば、その次の準決勝でアイスランドは国内がどれほどガラガラになってしまうのか、母国のパブリックビューイングの警備や治安を守る警察のマンパワーは大丈夫なのか、今から”島民大移動”の行方を心配してしまいます!

 (2016年6月14日、ZDFサッカー中継「ポルトガルvsアイスランド」より。フランス中東部ロアール県県都のサンテティエンヌのスタジアムが、一体どこの国でやっているのかと目を疑うほど、アイスランドの青いユニフォーム姿のファンで埋め尽くされ、30年前の新湊旋風の時の甲子園のアルプススタンドの記憶が甦ってきます)

この世の春を謳歌するかのように国を挙げて大フィーバー中のアイスランドとは対照的に、BREXITの英国連邦はスポーツでも政治でも試練の時を迎えています。そのようなご時世ですが、離脱派勝利が判明する4日ほど前に何とドイツのれっきとした大手新聞のヴェルト紙が、信じがたい内容の記事を出していたことに気付きました!私が記事を発見したのはつい最近だったのですが、その見出しの衝撃度につられ、思わず惹きこまれるように本文を読んでしまいました↓。

Die Welt (2016年6月20日):英国国民投票で離脱派が勝利なら、欧州選手権参加チームのイングランドが不戦敗へ
http://www.welt.de/satire/article156372842/Englisches-EM-Team-muss-im-Brexit-Fall-nach-Hause.html

(写真左はイングランド代表監督のロイ・ホジソン、中央がイングランドのFWで超スター選手のウェイン・ルーニー)
<見出し直訳>「イングランド代表チームに多大なるストレス。もし英国国民が来る国民投票でブレグジット(EUからの離脱)を選択するようであれば、”ルーニーと仲間たち”の軍団は残念ながら即座に欧州から退去せねばならない(不戦敗)。欧州王者への道はそこまで悲劇的に展開するかもしれない」

不戦敗?!読んだ瞬間、「んなアホな!」「んなワケ無いやん!」と、ドイツにいながら大阪弁しか口を突いて出てこなかったのは、世界でもきっと私たけだったことでしょう(笑)。しかも、読み進めていくと、もっと凄いことばかり書かれています。以下にその香ばしすぎる内容の一端を箇条書きで紹介しましょう:

・木曜日(6月23日)の英国のBREXITを問う国民投票の結果次第では、土曜日(6月25日)から始まる欧州選手権EURO2016のベスト16対決を、ルーニー選手とその仲間たちは母国のパブでテレビ観戦ということになるかもしれない。
・イングランド代表監督のロイ・ホジソン(Roy Hodgson)氏は落ち込んでいる若くて心の広いチームを築いてきたのに、残念だ』『もしブレグジット側が勝利することにでもなれば、選手はみんな帰国すると言い出すだろう。だって、欧州に背を向けようという国が欧州チャンピオンを目指すだなんて、矛盾しているじゃないか』
・それでも、他人の不幸は蜜の味である(Des einen Leid ist des anderen Freund)。木曜日にBREXITが決まってイングランドが即座に帰国する事態になった場合に備え、ちゃんと代替出場チームは用意されている:それはトルコだ。EUに入りたくてウズウズしながら模範生のごとく欧州にすり寄る国としての姿勢が評価され、トルコはベスト16のイングランドの穴埋めとして招集される予定である。


もうお分かりですね!実はこの記事、同じ新聞でも、政治欄や国際欄ではなく、娯楽欄(Feuilleton)の記事なのです。記事冒頭にはジャンルとして”SATIRE”と表記されており、”グラスアウゲ”(Glasauge)というタイトルの名物コーナーの中にあります↓。


(記事トップにあるバナー。真ん中やや右に鬼太郎のパパが青くなったような目ん玉あり!)

SATIREとは「風刺文」の意味、そしてグラスアウゲとはガラスの目玉、つまり「義眼」、ニセモノの目という意味です。つまり、これはウケ狙いの嘘っぱちパロディー記事ばかりで構成される完全なお笑いコーナーで、日本でいう「虚構新聞」のようなものでしょうか。真に受けてしまった人は、「な~んだ、最後まで読んで損した!」と思ったことでしょう。もっとも、ヴェルト紙そのものはあくまでも真面目な新聞であって、虚構新聞でもパロディ新聞でもありません。ただ、この嘘っぱちコーナーの中の記事はいずれもそのバカっぷりが最高に楽しめる内容で、密かなファンが多かったりする名物コーナーでもあります。

そもそも、少し考えてみればわかります。欧州選手権はあくまでも欧州選手権であって、EU選手権ではありません。それゆえ、EUに加盟していないノルウェーやアイスランド、スイスにウクライナやアルバニアなども普通に出場していますし、ロシアやトルコのようにアジアに大きくまたがる国や、はたまたアジアサッカー連盟から移籍してきて予選に参加しているイスラエルやカザフスタンもいます(→フィギュアスケート四大陸選手権は2022年冬季五輪招致「BEIJING vs. ALMATY」の前哨戦だった?!)。記事内では途中から「EU(欧州連合)」と「EURO(欧州選手権)」がいつの間にかすり替わって話が展開しており、その論理の矛盾を指摘することはそう難しくはありません。

それでも、嘘っぱち記事の中にも一片の真実はあります。上記要約内でピンク色に強調した「若く」(jung)で「心の広い」(weltoffen)というくだりです。イングランドのみにとどまらないイギリスひいては欧州のサッカーは、ドイツのような移民だらけのチームも含め、偏見のない若い心で世界に門戸を開くことによりその強さをはぐくんできたという側面はあったはずです。「ミュラー・マイヤー・ベッケンバウアー」のドイツは良くても「ボアテング・ゴメス・エジル・ケディーラ・ムスタフィ・ポドルスキー」みたいなドイツは断じて嫌だと言うような政治家がドイツにいることは以前のコラムでも述べましたが(→「サミット」も「オバマ広島訪問」もスルーさせた「ボアテング騒動2連発」の異様な盛り上がり、→UEFA EURO2016ついに開幕!ドイツのSNSは「隣人ボアテング」&「小さなシュコドラン」で祭り状態!)、彼らの言う通りにしたらドイツはサッカーはおろか国全体が沈没するであろうことは火を見るより明らかです。というのは、そのような異質のものを排除する「不寛容の論理」が跋扈するような国や体制そのものが、優秀な人々や技術の流入阻止や流出促進を招き、周辺諸国からも警戒され、長い目でみて国力を削ぐからです。つまり、「ルーニー選手と仲間たち」は逃げ出さなかったとしても、「未来のルーニー」を生み出す土壌は確実に失われていく…この記事はそういう排外主義の行きつく先を言外に示唆した風刺なのでしょう。

今回のイギリスで「離脱賛成」に投票したのは、移民の少ない地方の高齢層に多かったと報じられています。結果判明直後から「そんなはずじゃなかった」「投票をやり直してほしい」との声が日増しに強くなり、離脱賛成に投票した人々の後悔(regret)を示す「ブレグレット(BREGRET)」「リグレグジット(REGREXIT)」と言ったハッシュタグ付きツイートがトレンドを席巻しています。人を呪わば穴2つ、他者への敵意は回りまわって、必ず自分自身へのダメージとなるように跳ね返ってくるものです。

今回のイングランドのKOラウンド初戦敗退も、今回の国民投票前後の母国の雰囲気の刻々たる変化がフランス滞在中の選手たちに心の動揺をもたらした結果かもしれません。本文中に登場のロイ・ホジソン代表監督は敗戦直後、いち早く辞任を表明しました。グラスアウゲの記事の作者も、記事初出から1週間そこらで監督がまさか本当に辞めるような事態にまで発展するとまでは思わずに書いていたに違いありません。

ここでついでに、グラスアウゲの他の記事もなかなか楽しいので二本ほど紹介しましょう。例えば、W杯では2度も得点王に輝きながら不思議と欧州選手権でまだノーゴールというドイツのFWのトーマス・ミュラー選手をいじるような、こんな記事もあります↓:

Die Welt (2016年6月22日):ゴール際のストレスを無くすため - UEFAがトーマス・ミュラーのためにサッカーゴールの幅を拡大する
http://www.welt.de/satire/article156449635/Uefa-vergroessert-Tore-fuer-Thomas-Mueller.html?wtrid=socialmedia.socialflow%E2%80%A6.socialflow_facebook

 欧州サッカー連盟(UEFA)がようやく動いた。あまりにも得点が少なく引き分け続きの試合ばかり続き、スーパースターのみならず観客までも退屈しているばかりか、大会役員までもが客席で堂々と居眠りをするという由々しき状況に鑑み、ある決断をした。それは、試合の魅力をアップさせるため、「ゴールを大きくする」ということだ。「ゴール幅を7.32メートルに拡げることで、「今大会不振のドイツのトーマス・ミュラーやポルトカルのクリスチアーノ・ロナウドのようなスター選手に自信をつけさせたい」「今大会では参加チームを16から24に増やすという従来にない改革を行ったのだから、ゴール規格の変更だって可能だ」とUEFAは豪語する。

 
(上記リンク先の埋め込み動画からのスクリーンショット。0-0のまま膠着中のイングランドvsスロバキア戦で、右のウィリアム王子の隣という席で堂々とお休みのUEFA副会長兼スペインサッカー協会会長Angel Maria Villar氏)

こんな超幅広のゴールにしたら、ゴールキーパーが一人ではあまりに酷です!確かにこれならバスケットボール並にバンバン得点が入る競技にはなるでしょうが、逆にゴールを外した場合の精神的ダメージは再起不能レベルになると見込まれ、もはや別のスポーツです(笑)。

なお、クリスチアーノ・ロナウド選手といえば、こちらもなかなかの傑作でした↓:

Die Welt (2016年6月12日):ワガママなポルトガル… フリーキック時のマーキング用スプレーを、アルマーニ製でないとイヤだとロナウド選手が主張するワケ
http://www.welt.de/satire/article129047176/Ronaldo-besteht-auf-Freistoss-Spray-von-Armani.html

・ポルトガルのスーパースターでレアル・マドリッド所属のクリスチアーノ・ロナウド選手は、今年のEURO2016で母国の試合に登場できないかもしれない。それは、試合中のフリーキックの際にマーキングに使用する泡状スプレーを、アルマーニ製でないと困ると主張するロナウド選手に対して、UEFAが返答をはっきりさせないからである。
・ロナウド選手は、アルマーニ社を含む複数の会社とスポンサー契約を結んでいる。つまり、公私にわたりありとあらゆる制約を抱えており、(他社スプレーを使用してはいけないといった)その契約事項に違反すると、法外な違約金を取られたり制裁を科せられるため、ワガママを主張せざるを得ないのだ。
・ちなみにフリーキック用のマーキングスプレーは、ディフェンスの壁を形成する選手の水虫臭い足を消臭するために、2014年のW杯ブラジル大会で初めて導入された(んなアホな…笑!)。これをアルマーニ製にしたら、天まで匂うに違いない!
・しかし、ちょっと待った!ここで抗議の手を挙げたのが、他ならぬドイツであった。ドイツ代表監督のヨアヒム・レーブ氏はこう言う「ロナウドのそんなワガママ発言が許されるなら、こちらはドイツが出場する試合では全てニベア製の低刺激シェービングクリームを使用することを要求する!」


ロナウド選手がアルマーニ推しで、ドイツ代表のレーヴ監督がニベア?日本ではピンと来ないかもしれませんが、実はレーヴ監督はニベアのメンズコスメのイメージキャラクターで、ドイツのドラッグストアに行けばどこでも売り場はこんな感じになっております↓。

ズラリと並ぶニベア・メンの商品の横に、(ヨアヒムJoachimをもじって愛称はヨギJogiという)レーヴ監督の関連商品の応募用封筒が掛かっています。男性用ニベア商品をバッチリ購入し、一口あたり12ユーロ分(約1400円弱)のレシートを封筒に入れて送付すると、この写真のレーヴ監督のようにあなたもチョイ悪っぽくもカッコいい男に変身(?)できる2016年バージョンの監督ユニフォームが当たるとのことです。といっても、写真でもおわかりのように、250mlのボディーソープが200~300円未満というように価格全般が安いので、12ユーロ分となると相当なまとめ買いとなり、家の中がニベアで溢れ返りそうです。

さて、そろそろ大会も終盤です。今はちょうど、ベスト8激突の準々決勝が二日目を迎える頃でしょうか。今大会で絶不調のドイツのミュラー選手は調子を取り戻して欧州選手権での自身初となる得点を挙げることができるのか?ヨギ・レーヴ監督はニベア・メンで洗い上げたサラサラの髪を手で撫でつけながら、如何なる采配を見せるのか?そんな「グラスアウゲ」風の妄想も、試合観戦を10倍楽しくする材料にしていただければ幸いです。

(近所のスーパーにて。岩手放送のオラ君、トーマス・ミュラー選手を激励中?!)


<参考サイト>

A) Die Welt(2016年6月28日):Island feiert die größte Sensation der EM-Geschichte(アイスランドが欧州選手権の歴史上最大のセンセーションを巻き起こしている)
http://www.welt.de/sport/article156625976/Island-feiert-die-groesste-Sensation-der-EM-Geschichte.html

B) Der Tagesspiegel(2016年6月27日):Brexit folgt auf Spexit - Italien fordert Deutschland(スペグジットに引き続きブレグジットも…イタリアはドイツに挑む)
http://www.tagesspiegel.de/sport/liveblog/liveblog-zur-fussball-em-brexit-folgt-auf-spexit-italien-fordert-deutschland/13704682.html

C) Sport1.de(2016年6月28日):Fussball Video - Isländer beeindrucken auch Joachim Löw
http://video.sport1.de/sport/fussball/video/islaender-beeindrucken-auch-joachim-loew__0_wtf59ozm
(現アイスランド代表監督はスウェーデン人かつ元スウェーデン代表コーチで、守備強化が得意というそのスウェーデン時代の仕事ぶりも含め、レーヴ監督は最高級の賛辞を送ってている)

D) Sport1.de(2016年6月28日):Kuriose Fakten über Island nach Sieg gegen England bei EM 2016 - Sensation Island: Das muss man wissen(EURO2016でイングランドに勝利したアイスランドチームにまつわる不思議な事実…センセーション・アイスランド - これだけ知っていれば大丈夫)
http://www.sport1.de/fussball/em/2016/06/kuriose-fakten-ueber-island-nach-sieg-gegen-england-bei-em-2016
(アイスランドチームならではの独特な事情や興味深い事実が列記されている。例えば、地元放送局RUVのコメンテーター Gudmundur Benediktssonの絶叫尽くしの実況の動画が世界的ヒットとなっていることや、本職が映画監督という選手がいたり、現在監督の補佐をしている次期監督就任予定の人物が現役の歯科医だったりするという驚くべき話に、どうしてみんな苗字の末尾に「-ソン」がつくのかといった小ネタも)

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483