Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2015/12/18

「今年の漢字」のドイツ版に相当?「今年の単語」に選ばれた「フリュヒトリンゲ」が巻き起こした論争の意味

先週のコラムで紹介した通り、ドイツ版「今年の言葉」(Wort des Jahres)は12月11日に正式に発表され、栄えある1位に「Flüchtlinge (フリュヒトリンゲ)」(「難民たち」という意味)、2位に「Je suis Charlie」(私はシャルリー)、3位に「Grexit」(グレグジット=ギリシャのEUからの脱退論)がそれぞれ選ばれました(→ドイツ語圏の流行語大賞ならぬ「今年の言葉」が如実に物語るドイツ・スイス・オーストリアのそれぞれの事情)。本年1月のフランスの雑誌社襲撃で12名が命を落としたテロ事件や欧州経済危機におけるギリシャ問題も大きく影を落としたものの、やっぱり今年のドイツの最大の関心事は難民問題だった…という結論に落ち着いたようです。

(上記画像は末尾参考サイト1)のドイツ言語協会GfdSの公式ホームページより)

シュピーゲル電子版(2015年12月11日):Gesellschaft für deutsche Sprache: "Flüchtlinge" ist Wort des Jahres 2015 (ドイツ言語協会が「今年の言葉」に「難民たち」を選出)
http://www.spiegel.de/kultur/gesellschaft/fluechtlinge-ist-wort-des-jahres-2015-a-1067253.html

上記リンク先のシュピーゲル誌も書いていますが、「Flüchtlinge(フリュヒトリンゲ)」から末尾のeを取ると、単数形の「Flüchtling(フリュヒトリング)」になります。そして、ドイツ語における”-ling(リング)”という接尾辞は、動作の主体や受け手を表します。例えば、「侵入する」(eindringen)という動詞に”リング”を付ければ「侵入者」(Eindringling)、「試験する」(prüfen)に”リング”を付けて「受験者」(Prüfling)といった具合です。そして、この”リング”が付くと見下したような響きを帯びるのも特徴で、例えば「書き手」(Schreiber)に”リング”を付けると何と「へぼ作家」(Schreiberling)に、「上に上がる」(emporkommen)にリングを付けると「成りあがり、成金」(Emporkömmling)になってしまいます。今回の「難民(Flüchtling)」という単語も、元をただせば「大急ぎで逃げる、避難する」(flüchten)から派生した単語ですが、”リング”が付くことによる侮蔑的なニュアンスを問題視する声も少なくないようで、末尾参考サイト2)のターゲスシュピーゲル紙や3)の南ドイツ新聞などは、「難民たち」ではなく「避難者」を表す「Geflüchtete(ゲフリュヒテテ)」を使う方が良いのではないかという社説を掲げています。

しかし、「ゲフリュヒテテ」なんて、用法として正しく表現も中立的なのかもしれませんが、実際にニュースやトークショーで言っているのを聞いたこともないし、十回繰り返せと言われたら「アイテテ…」と舌を噛みそうですので、定着するかも疑問です。それでも、参考サイト4)によれば、他に候補に挙げられていた「Flüchtlingsflut」「Asylantenflut」(ともに「難民洪水」の意)についても検討されたものの、難民を不気味な群衆として貶める単語であるという理由で、今回あえて選ばなかったともドイツ言語協会は説明しているようで、いかに今回の選考委員がそのさじ加減に悪戦苦闘したかが目に浮かぶようです。

結局は、多少なりとも見下すようであろうとも、ニュースのヘッドラインを席巻し続けた事実は動かない以上、否定的ニュアンスの強い「フリュヒトリンゲ」という単語を1位通過させる以外に、今年のドイツ言語協会(GfdS)に選択の余地はなかったようです。一足先に今年のオーストリアの「今年の言葉」に選ばれた「Willkommenskultur」(難民を歓迎する文化)が比較的好意的に難民問題に向き合う単語であることと比較してしまうとなおさら、今回のドイツの「今年の言葉」のネガティブさは、今のドイツの微妙な立ち位置、そして国民感情の建て前とホンネのズレを見事に描き出しているように見えます。

毎年恒例のドイツの「今年の言葉」ですが、昨年の1位だった「リヒトグレンツェ(Lichtgrenze)」(ベルリンの壁崩壊25周年記念で壁を6880個の白い風船で再現したアートワーク)はそもそもが一回こっきりの企画であり、選出前からそれほど大きく話題にのぼっていた訳でもなく、今では早くも完全に死語と化しています。また、2011年に世界を震え上がらせた福島第一原発の爆発事故が無ければ決して1位に選ばれることはなかったであろう「ストレステスト(Stresstest)」も、選出当時からイマイチ盛り上がることなくいつの間にか忘却の彼方に去ってしまったのは、何だかんだいって事故自体がドイツから見れば所詮は他人事に過ぎなかっただけなのかもしれません。それに対し、今年ほど選出直後からその単語が各メディアを巻き込んでこれほどまでに喧々諤々の議論に発展するのも珍しいことであり、裏を返せば、昨年までのドイツは何だかんだ言っていかに平和だったのかという証なのでしょう。そしてこれは、今後はドイツに限らず世界的に厳しい時代に移行していく…という予兆ないし啓示なのかもしれません。

なお、われらが日本ではつい先日「今年の漢字 2015」が発表され、「安」が1位に輝いたそうです↓。

朝日新聞デジタル(2015年12月15日):今年の漢字は「安」、清水寺で発表 2位は「爆」
(引用部分は青字)
http://www.asahi.com/articles/ASHDG2HK7HDGPLZB001.html
 2015年を表す漢字は「安」――。日本漢字能力検定協会(京都市)は15日、「今年の漢字」を京都・清水寺で発表した。森清範(せいはん)貫主(かんす)が特大の和紙に墨で書き上げた。
 「安」は応募12万9647通のうち最多の5632通(4・3%)。倍政権のもとで全保障関連法案の採否をめぐり国論を2分した点や、世界で続発したテロや異常気象、マンションの杭打ちデータ流用などで人々がになったことなどが理由に挙げられた。
(中略)
 「今年の漢字」は1995年に始まり、今年で21回目。阪神大震災があった同年は「震」。シドニー五輪の2000年、ロンドン五輪の12年はともに「金」。消費税率が8%にアップした昨年は「税」だった。


これも、「安心したいけどできない」という、日本全体を覆う潜在的不安を匂わせる選出なのであれば、今年のドイツのケースと似ていることになります。それにしても、世界各国の「今年の漢字」「今年の単語」「今年の文章」といった年末年始恒例の発表を比較しつつ見ていくことが、世界の動向を掴むのにこれほど役に立つとは思いませんでした。今後は、この手の世界比較の対象をさらに他言語にも広げてウォッチしていきたいものです。なお、来年の1月中頃にはドイツで「今年の文章 2015」の発表が続く予定ですので、それに関連しては年始のコラムで取り上げたいと思います。


<参考サイト>
1) Gesellschaft für deutsche Sprache (GfdS)公式サイト:Wort des Jahres
http://gfds.de/aktionen/wort-des-jahres/
(1971年以降の全ての選出単語を見ることができる)

2) Tagesspiegel (2015年12月11日):Wort des Jahres - Ja, darf man denn nicht mal mehr Flüchtling sagen? (今年の言葉:これからはもう「フリュヒトリング(難民)」って言っちゃいけないの?)
http://www.tagesspiegel.de/weltspiegel/wort-des-jahres-ja-darf-man-denn-nicht-mal-mehr-fluechtling-sagen/12714282.html

3) 南ドイツ新聞(2015年12月11日):Wort des Jahres: Warum "Flüchtlinge" abschätzig ist (今年の言葉「フリュヒトリンゲ(難民たち)」はなぜ侮蔑的表現なのか)
http://www.sueddeutsche.de/kultur/deutsche-sprache-wort-des-jahres-warum-fluechtlinge-abschaetzig-ist-1.2778193

4) ARD(ドイツ第一チャンネル) - Tagesschau(今日のニュース)(2015年12月11日): Entscheidung der Gesellschaft für deutsche Sprache "Flüchtlinge" ist Wort des Jahres (ドイツ言語協会の決定:「フリュヒトリンゲ(難民たち)」が今年の言葉に選出)
https://www.tagesschau.de/wortdesjahres-101.html
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472