Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2015/11/27

世にも奇妙なフランス・ボルドー体験(2)…非常事態宣言下のジャン・ムーラン記念館から見える世界

ある日を境に、あなたの住んでいる国が非常事態宣言を発令し、外出禁止とまでは行かなくとも、美術館や映画館にショッピングセンターも全て閉館、学校も休校、公共交通機関も止まってしまう…などということになったら、皆さんはどうしますか?そのようなことが現にベルギーで起きているということは、最近のニュースでもバンバン報じられている通りです。パリの同時多発テロの犯人の一人がベルギー出身で現在も逃亡中ということもあり、何十人もの拘束者を出しつつ首都ブリュッセルを中心とした捜査は難航しているようです。

11月13日の金曜日の夜に発生したパリの同時多発テロ以降、フランス全土には非常事態宣言が出され、そのあおりを受けてフィギュアスケートのグランプリ大会の一つだったエリック・ボンパール杯も翌日の14日に正式に中止となってしまいました(→世にも奇妙なフランス・ボルドー体験(1)…テロの影響で中止となったエリック・ボンパール杯に行ってきました)。選手や観客の中には旅行を切り上げて帰国した方も多かったかと思いますが、私はむしろあまりバタバタしない方が良いのではないかと勝手に判断し、予定通り月曜日までボルドーに滞在する道を選びました。

となると、まるで戒厳令下のようなフランスの週末を少しでもこの目で見ておこう…となります。かくしてスケート中止で急にヒマになった私は、スケートリンク近くの滞在先ホテルを出てボルドー市街中心部までブラブラとお散歩することにしました。市内公共交通機関はちゃんと動いているようで安心しましたが、市電の駅にこのような表示を発見した瞬間はさすがにギョッとしたのでした↓。


上写真は市電の某停留所の案内表示です。通常なら、次の何処行きの電車があと何分後に到着する…という掲示がなされるところ、この日はこう書かれていました:

「国家非常事態宣言発令中:移動に際しては十分に警戒を!」
(Etat d’urgence national :  Restez vigilants dans vos déplacements !)

全く当たり前のことながら、このような表示は昨年のスケート観戦の際は全く見当たりませんでした。いや、ほんの数日前までは、ここにこのような表示がなされること自体、誰一人としてみじんも想像できなかったはずです。つくづく、人生は何が起きるかわからないものです。

とは言っても、ここはパリから遠く離れたボルドー。さすがに映画館は通常営業しています。昼間に通りかかった時は閑散としていましたが、夕方あらためて中をのぞいたところ、どこから湧いてきたのかと思う程のかなりの人数でにぎわっていたのでした↓。

(この写真だとピンボケで見にくいが、奥の売店の前にすごい人の列が出来ている)

さらに翌日、日曜日の市街中心部をぶらぶら歩いていたら、このようなポスターに遭遇しました!その名も「プロパガンダ!戦争の時代のポスター」(PROPAGANDE!AFFICHES EN TEMPS DE GUERRE)という、なかなか興味深くも物騒なタイトルです↓。

折しも、前日からフランスのフランソワ・オランド大統領がテレビに登場するたびに「これは戦争だ!」と連呼していたタイミングです。まさに、日々きな臭くなる今の世界情勢にぴったりのテーマです。

このポスターのある建物は、第二次大戦中のドイツ占領下にあったフランスにおけるレジスタンス運動の英雄であるジャン・ムーラン(1899-1943)の名を冠した国立資料館であるジャン・ムーラン・センター(Centre Jean Moulin)です。ここには、第二次世界大戦中のフランスに関する資料が多数収められており、驚くべきことに入場料は無料です!中は一階部分が常設展示(末尾参考サイト<A>に紹介ブログあり、写真も充実している)、二階部分が企画展となっています(三階部分もあるようですが私は行く時間がありませんでした)。二階部分の展示内容は毎年異なるようで、参考までに、昨年の同時期の同センターの企画展示はコチラでした↓。

これは、昨年11月のエリック・ボンパール杯観戦のついでに訪れた同センターの企画展示「ボルドー解放」(la libération de Bordeaux)のポスターです。2014年はボルドー解放70周年でもあり、この時はドイツとの休戦条約(1940年6月22日)を受けて傀儡のヴィシー政権がフランスに誕生したことに伴いボルドー市街をナチスドイツ軍が闊歩する象徴的な写真に始まり、ナチス占領下のフランスでドイツに協力するフランス人を指す通称「コラボ」と呼ばれた人々(特に見せしめのため丸刈りにされた女性)の写真、シャルル・ド・ゴールの声掛けで始まった自由フランス軍のチラシ、占領下フランスにおけるナチスドイツの上から目線タップリの傲慢さが満載の各種通知・告示・命令文書、パリ解放に引き続くボルドー解放の瞬間の写真(1944年8月28日)…といった興味深い資料が数多く展示されており、仏独間の近現代史をまるで知らないでドイツからのこのことやってきた私は大いなるショックを受けたものでした。末尾参考サイト<B>がこの当時の展示についての地元紙の特集で、写真が豊富なので是非見ていただければと思います。

さて、今年のテーマは「プロパガンダ」です。ということで、二年連続で今年も中に入ってみました。

企画展示である二階部分には、ナチスドイツが占領下のフランス国民に対して呼びかける、まさにプロパガンダ色全開の各種ポスターが並んでいました。例えば、当時のロシア共産党「ボリシェビキ」による赤化の波がフランスを襲うのをナチスドイツがいかに警戒していたのかが分かる「ドイツこそが君たちを赤い脅威から救う!」という露骨な一連のポスターは目を引きました。さらにもっと強烈なインパクトがあったのは、「フランスの男たちよ、ドイツに出稼ぎに行こう!」という趣旨の、今の欧州におけるドイツの一強とも言える現状を連想させそうな、はたまた戦後のドイツがトルコなど周辺諸国から受け入れた季節労働者や現在の欧州の移民流入問題にも通じるような、象徴的な一連のポスターでした↓。

「オレはドイツで働いている!再起のため、家族のため、フランスのため…。みんなもオレに続け!」(工場で機械を手に働くブルーカラーの男性の絵)
「不幸な日々はもう終わり!パパ、ドイツでお金を稼いで来てネ!」(妻と女児がニッコリと微笑む絵)

また、当時のフランスはよっぽどの物不足だったのでしょう。靴底を作成するための皮革やゴムが入手できないという窮状を棚に上げて、こんなポスターもありました↓。

「寒さ対策に、靴底は木に限る」(靴紐を結び直す雪まみれの男性の靴の裏が木製であるという絵)

そんなアホな、歩きにくいやろが…と思うべきか、物は言いようだと思うべきか…。しかし、何と言ってもハイライトはこちらのポスターでした。ワタクシ、あまりのショックに目をひん剥いてしまいました↓。

1941年時点での世界におけるフランスの領土を示す地図です。フランス本国はもちろんのこと、アフリカ北部~中西部の広範な国々とマダガスカル、南アメリカの仏領ギアナから西インド諸島の一部、今まさにホットな話題の中東のシリア、仏領インドシナ(現在のベトナム・ラオス・カンボジア)、さらに南太平洋の仏領ポリネシアの島々など、当時のフランスの領土が黄色で描かれています。しかしこの地図、何か変だと思いませんか?そうです、日本が影も形もないのです!

上の写真でいえば真ん中付近あたりにあるはずの日本がどこにもありません。あるのは、マストが2本の帆船だけです。もっとも、アメリカもこの地図には入っていないのですが、これは縮尺の関係で説明できるでしょう。しかし、上写真の真ん中上方に当時は日本領だったはずの朝鮮半島らしきものが描かれていることを考えると、本土の方の日本が無視されているのはアリなのでしょうか?まさか、マスト「2本」を「日本」に引っ掛けたダジャレ…なんてことはないでしょうね(笑)。それとも、ひょっとして1941年当時のフランスにおける日本のプレゼンスって、こんな地図を描かれてしまう程度のものだったのでしょうか?ヴィシー政権誕生翌年の1941年の仏領インドシナといえば、日本軍の進駐に見舞われて日仏間で綱引き状態の時期だったはずです(←前述の靴底のゴム不足の話もここにつながる)。それとも、日本など地図に描くのも癪(しゃく)に障(さわ)る、ということだったのでしょうか?いずれにせよ、欧州から見た極東は今も昔も遥かに遠い世界で、フランスも当時は隣国との争いでそれどころではなかったのでしょう。

もっとも、今はだいぶ世界情勢も変わってきたようです。しかし、日本の世界における存在感という観点からは、どうでしょうか?それについては、今回のフランス滞在中に思うところが多々ありましたので、来週に稿を改めたいと思います。


<参考サイト>
<A>  INVISIBLE BORDEAUX:Centre National Jean Moulin: remembering the Second World War
http://invisiblebordeaux.blogspot.de/2013/08/centre-national-jean-moulin-remembering.html
(リンク先にジャン・ムーラン・センターの常設展示の写真あり)

<B>  Sud-Ouest新聞(2014年8月27日):L'exposition sur le 70e anniversaire de la libération de Bordeaux en images (ボルドー解放70周年記念展示の写真)
http://www.sudouest.fr/2014/08/27/l-exposition-sur-le-70e-anniversaire-de-la-liberation-de-bordeaux-en-images-1653117-2780.php
(リンク先の写真が充実しており、一見の価値あり)

Twitter - Centre Jean Moulin
https://twitter.com/CentrJeanMoulin
(2013年6月開設という比較的新しい公式アカウント)
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464