Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2015/10/16

ピンクリボンの季節(2)…ドイツの視覚障害者が乳癌検診で大活躍!MTU(医療触診師)のお仕事とその実力

先週の当サイトのコラムは乳癌検診に関する内容でした(→ピンクリボンの季節…北斗晶さんとも関連?「高身長ほど乳癌になりやすい」というスウェーデンの研究の解釈)。そうしたら間髪入れず、今度は姫路城に続いてイギリスのバッキンガム宮殿もまたピンク色にライトアップされたとの報道が流れてきました。乳癌による死亡を撲滅しようというこのキャンペーンは世界規模で強力に展開されており、こうもあちこちがピンクに染まるのを見れば見るほど、「真っ赤な太陽」(美空ひばり)のメロディーに乗せて「十月はピンクリボンの季節なの~♪」と口ずさみたくなる今日この頃です。

そんな「ピンクリボンの季節」に合わせて世界中のあちこちで乳癌に関連する報道が相次ぐ中、先日ドイツのテレビを見ていたら、いきなりこのような映像に遭遇してビックリでした↓。

乳癌検診における乳房触診の光景であることは一目で分かります。しかし、日本でも行われる通常の乳癌検診と比べると、何だかちょっと様子が違います。まず、この髪の長い女性が、女医さんという雰囲気ではありません。受診者の女性の胸に縞模様の見慣れないヒモが掛けられているのも、気になります。

実はこちらの映像、ドイツで最近保険適用が認められて話題となっている「目の不自由な女性たちによって行われる乳房触診」のニュースで、初出は先月末だったようです。中世以前の大昔から存在した社会的マイノリティとしての視覚障害者は、失った視覚を補うように他の感覚が並外れて発達、特にその指先の感覚の鋭敏さゆえに鍼灸師やマッサージ師といった職業に就くケースが今も昔も多いのはご存じの通りです。そのような視覚障害のある女性たちが、ドイツでは何と乳癌検診の現場で活躍し始めたというのです。このニュースは、日本の乳癌検診に携わる医療関係者にとっても大いに参考になる重要な内容ではないかと思います。彼女たちは、目が見える乳腺専門医師よりもさらに鋭敏に、あらゆる乳腺の異常をその研ぎ澄まされた指先で蝕知できる、という研究結果が発表されました。日本ではこのような人々による触診の保険収載など夢のまた夢という感じですが、ドイツではすでにこの検査のエキスパートとも呼べるまでに経験を積んだ視覚障害女性たちが「ディスカバリング・ハンズ」(discovering hands)というグループを構成し、医師の指導管轄のもと活動しています↓。

(ベルリン市中心部にあるディスカバリング・ハンズのロゴ)

RBB Fernsehen(2015年9月30月):Blinde ertasten zuverlässig Brustkrebs(乳癌検診における視覚障害者の触診に有効性あり)
http://www.ardmediathek.de/tv/rbb-PRAXIS/Blinde-ertasten-zuverl%C3%A4ssig-Brustkrebs/rbb-Fernsehen/Video?documentId=30858154&bcastId=6331656
・MTU (Medizinische Tastuntersucherin)(←直訳すれば「医療触診師」)という、視覚障害を持つ女性の特殊技能としての新しい職業がある。彼女たちは特に指先の感覚が繊細で、その手は乳腺の腫瘍を発見して人の命を救うことができる。

・被験者の胸にはあらかじめマーキング用のヒモが置かれる。このヒモには点字が打たれており、MTUの女性たちが蝕知した所見の位置を座標として口述できるように工夫されている↓。こうすることにより、乳腺エコー検査を追加する際にMTUが発見した異常と同じ位置に正確にプローブを当てることができる。

・エルランゲン大学の予備研究によれば、このような触診師は乳腺専門医よりも乳腺腫瘍を50%多く、その他のより小さな所見を28%多く蝕知することができるという結果が示された(統計学的有意差あり)。

一般人が蝕知するしこりの直径は通常2.5センチ以上とされる。それに対し、医師が蝕知できるしこりの最小サイズは1センチ(左写真の右側の球)。これに対し視覚障害を有する触診師の場合、6ミリのしこりまで蝕知することができる(右写真の左から2番目の球)。1センチ未満の乳癌を早期発見できれば、それがすでに転移している可能性は極めて低く、完治が見込める。
・ただし、この蝕知可能なサイズの差は、指先の感覚の差というよりはむしろ検査時間の長さの違いで説明される可能性がある。MTUたちの触診は30分ないし1時間かけてじっくり行われるのに対し、クリニックの医師による触診は3分程度に過ぎない。
・触診検査は一回当たりの費用が46.50ユーロ(約6300円)で、保険が適用されるようになった。ちなみに、X線を使用するマンモグラフィーの費用は78ユーロ(約1万500円)である。
・「この検査の素晴らしいところは、(慌ただしいとされる)医療の現場において人と人とがじっくり時間をかけて向き合い、機械やボタン操作が介在することなく、全てが人の手で行われていることです」とMTUの女性は語る。

(仕事の合間に休憩室で盲導犬を囲み談笑中の医療触診師の女性。医療機関に盲導犬が自然に溶け込んでいる光景自体が珍しく、新鮮に見える)

日本では最近「一億総活躍大臣」なるポストが誕生したようで、一体何をする大臣なのかと話題になっているようです。しかし、今回のドイツの報道を見ると、そのようなスローガンをブチ上げるよりも前に、日本にはすることが山ほどあるのではないかと思わずにはいられません。視覚障害のある人々に特有の強みを医療現場に生かすこのMTUという職業を生み出した人口8000万人のこの国には、「八千万総活躍社会!」などという概念も標語もなければ、
担当大臣もいないのですから。

最後にもう一つ、このニュースの中に出てきた非常にドイツらしい一文について補足したいと思います。当コラム冒頭の写真に出てくる触診師の女性が番組の最後で述べた、先程の本文中にピンク字で強調したこちらの発言です。

”人と人とがじっくり時間をかけて向き合い、機械やボタン操作が介在することなく、全てが人の手で行われている”

これは、日本ではピンと来ないかもしれませんが、価値観の典型的な日独差が如実に表れているセリフです。私などは、「全てが人の手で行われるものは、それを行う人間の力量差や体調変化などの影響を受けやすく、客観性や再現性に問題があるのではないか」「その点では機械やボタン操作のある方が有利なのではないか」と思ってしまいます。少なくとも、自分が乳癌検診を受ける場合、乳腺エコーないしマンモグラフィーのどちらも受けることなく触診のみというのでは、あまりにも不安だというのが正直なところです。まして、「機械や放射線を使った検査には抵抗がある!全て人間の手でやってくれた方が安心だ!」などとはとても考えられません。しかし、ドイツ人は違うのです。

私がドイツに来て驚いたことの一つに、「文明の利器よりも人間どうしの触れ合い」という考え方の根強さがあります。日本の医療現場の多忙さを先に経験しているので、ドイツの医師の外来など余裕がありすぎる方だとついつい比べて考えてしまう私は、先程のニュースに出てきたドイツの乳腺触診の場合も、「3分もあるのかい!日本だとその半分も時間ないぞ!(怒)」とテレビにツッコミを入れていました。しかし、日本では何よりも患者サイドが問診・診察よりもCT・MRIやPETといった機器による検査を非常に好み、その手の診断機器の設置台数が世界的に見て突出して多いのに対し、ドイツでは確かに「機械よりも人」という傾向がそれはもう医療現場に限らず全ての分野において、ほとんど宗教のように浸透している感があります。だからこそ、以前の当サイトのコラムでも記事にしたように、我が家も電磁波の健康被害にうるさい周囲のドイツ人の説得に負けて自宅のワイヤレスLANを撤廃したりした次第です(→「炎のストッパー」津田恒美はなぜ悪性脳腫瘍になったのか?)。

なお、それ以前の前提として、機械が導入されればされるほど、それに見合う数の人間が必ず職を失います。本当にそのような社会をとことん目指すのであれば、理論上、国民全員に活躍の場を与えるための必要条件は「人口減少をうまく着地させ少数精鋭社会を目指すこと」に帰着してしまいます。これは、少子化対策という発想と真っ向から対立します。となると、「一億総活躍社会」とは本質的に「脱オートメーション」「脱テクノロジー」でないと話が合わない訳で、その構造上の矛盾に一体どれほどの人が気づいているのでしょうか。

それでも、十月のピンクリボンの季節に合わせるように流れてきた今回のこのドイツの報道は、私たちにも大きなヒントを与えてくれました。これを機に、テクノロジー立国だのロボット社会だのオートメーションだのと効率を追求する社会と、一人でも多くの人間の手のぬくもりにきちんと予算をつける社会とでは、果たしてどちらが私たちやその子孫の未来を明るく幸せなものにするのか、私たち日本人も一度じっくり考えてみた方が良い時期に来ているのかもしれません。


<参考サイト>
Wikipedia日本語版 - 視覚障害者
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%96%E8%A6%9A%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487