Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2015/10/09

ピンクリボンの季節…北斗晶さんとも関連?「高身長ほど乳癌になりやすい」というスウェーデンの研究の解釈

毎年10月といえば”Breast Cancer Awareness Month”(乳癌意識向上月間)です。通称「ピンクリボン」と呼ばれるその啓蒙キャンペーンは世界中に展開しており、日本でも無料の乳癌検診や無料電話相談などの企画が組まれたり、先日も姫路城がピンクにライトアップされたのは記憶に新しいところです。そのような時期に実にタイムリーに飛び込んできたニュースが、元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さんの乳癌の告白です。リンパ節転移を伴う乳癌と診断され右乳房全摘出術を受けて退院、以後は化学療法も予定されているという病状報告の記者会見は、今週に入ってから朝のワイドショーのトップニュースと言ってもよいほどの大々的な扱いで報じられ、全国のお茶の間の女性たちに乳癌の早期発見や乳癌検診の大切さを強く深く印象づけることに成功したようでした。

一方、ドイツでは北斗晶という人物は全く知名度がありませんが(←北斗さんスミマセン)、その北斗さんと全く無関係とも言えない乳癌関連の記事が、全く同じタイミングである今週月曜日に一斉にドイツの各メディアで相次いで報じられたので、私はビックリしてしまったのでした。記事のタイトルは「高身長の人ほどガンに罹りやすい」というもので、バルセロナで開かれた第54回欧州小児内分泌学会(2015年10月1-3日)でスウェーデンの学者さんが発表した内容だそうです(末尾参考サイトにその学会発表の抄録のリンク先あり)。重要な内容な割には日本に紹介されている形跡がないので、以下にその全文を和訳して紹介します。ちなみに、当の北斗晶さんは身長168cmだそうで、日本人女性としては比較的高身長の部類に入ると思われます。そのことも念頭に置いてご覧下さい↓。(以下、和訳引用部分は青字)

RP Online(2015年10月5日):Große Menschen haben ein größeres Krebsrisiko(高身長ほど発癌リスクが高い)
http://www.rp-online.de/leben/gesundheit/medizin/krebs/das-krebsrisiko-steigt-je-groesser-der-mensch-ist-aid-1.5446841
・身長と健康はどう相関するか?過去にこの疑問に対して色々な研究が行われた。今年の初めには、「低身長の者ほど心臓疾患のリスクが高い」という論文が発表された。そして今回、ある研究チームが高身長の人間に特定の健康リスクがあることを発見した。
・スウェーデンのEmelie Benyiを中心とするカロリンスカ研究所の研究チームは、1938年から1991年にスウェーデンで生まれた身長100cmから225cmまでのスウェーデン人550万人を対象に、20歳以上で癌に罹ったケースを掌握し、これらのケースと罹患者の身長との相関を解析した。その結果は驚くべきものだった:
 -身長が10cm高くなるごとに、癌に罹るリスクが女性では18%、男性では11%上昇した
 -皮膚の黒色腫(メラノーマ)に限って言えば、このリスク上昇は30%にもなった
 -乳癌に罹るリスクは身長10cm増あたり20%上昇した
・この研究の発表者の話では、同様の結論を示す同様の研究は過去にもあったが、今回のように解析対象人数の規模がここまで大きい研究はこれまで無かったという。これは、スウェーデンの住民に個人識別番号(注:マイナンバーのようなもの)が振られており、それが癌患者登録にも使用されているからである。
・しかし、高身長者で癌リスクが増える理由については、研究発表者たちは明らかにできなかった。


いかがでしょう?そもそも、初っ端の「背が低いほど心臓病リスクが高い」という話の方がまずビックリですが、そちらは何と言っても泣く子も黙る天下の「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に掲載された学術論文で、ヨーロッパ人22万人を対象に「身長が6.5cm低くなると心疾患が13.5%上昇する」「身長が24cm低くなると心疾患リスク50%増あるいは心筋梗塞まで達する」と結論付けています(ただし、肥満度であるBMIは相関が無く、逆にLDLコレステロールと中性脂肪は相関があった)。

もう一つ、ちょっと不思議だったのは、研究対象となった人間集団です。解析対象が「成人してから癌になった550万人のスウェーデン人」で、その身長が「100cmから225cmまで」と記載されていますが、「100cmしか身長がない成人」にはそもそも何か別の疾患(遺伝子異常?)の存在が疑われます。また、いくら高身長の人が他国よりも多そうなスウェーデンであっても、225cmクラスの成人となると下垂体性巨人症、つまり成長ホルモン(GH)産生下垂体腫瘍の患者が一定比率混在している可能性が高く、成長ホルモン刺激により分泌されるIGF-1(インスリン様成長因子-1)を介して発癌を促進すること、GH産生下垂体腫瘍の患者は大腸癌などの悪性腫瘍合併リスクが高く一般人口よりも平均寿命が十数年のスパンで短縮するということも周知の教科書的事実であります。

そして、この研究に決定的に欠けているのは、人の身長を左右する超重要ファクターであるはずの「人種」に関する情報です。スウェーデンでの多数派はもちろん白人ですが、ひとくちに白人と言っても色々あります。また、スウェーデンにはアジア系移民もいれば東欧系移民もかなりおり、南欧諸国ほどではないもののアフリカ系もいます。今話題のシリア難民も今年一年だけで大幅な増加が見込まれ、そのことが今後の医療事情にも何らかの影響を及ぼしていくことでしょう。

私はレイシズムには断固反対ですが、特定の疾患に罹りやすい人種やエスニックグループがあるという事実は医学を学ぶ上でのイロハであり、それを知らなければ診療自体ができません。特に、白人の罹患率が高い皮膚のメラノーマに関しては、「身長が高い」ことが直接メラノーマのリスクとなっているのではなく、「身長が高い人は白人の比率が高い」→「白人は他の人種よりもメラノーマになりやすい」→「だから高身長ほどメラノーマになりやすい」という、間にもう一つファクターを介在した因果関係を疑います。

別の言い方で言えば、北斗晶さんが日本人の平均身長(158cm)よりも身長がちょうど10cm高いからといって、このスウェーデンの研究結果にならって「北斗さんの乳癌罹患リスクは平均的日本人女性よりも20%高い」ということにはならないのです。それは、日本人が高身長となる(遺伝的?環境的?)要因が、スウェーデンと同じであるとは限らないからです。

ちなみに、同じ研究を紹介した10月2日のシュピーゲル誌は、高身長の人間の方が癌化リスクが高くなる理由を以下の3つに分けて紹介しています(該当部分のみ青字で和訳引用):

シュピーゲル・オンライン(2015年10月2日):Größere Menschen haben ein höheres Krebsrisiko(高身長ほど発癌リスクが高い)
http://www.spiegel.de/gesundheit/diagnose/krebs-groessere-menschen-haben-laut-studie-ein-hoeheres-krebsrisiko-a-1055870.html
・背がより高い人間は、若いときにより多くの成長ホルモンを分泌し、そのことが後々の発癌リスクを高めることに直結している可能性
・若い頃は成長促進の働きを示していた環境因子(Umweltfaktor)が、そのまま後々には発癌リスクを高める因子として働く可能性
・単に「体が大きい」イコール「体を構成する細胞数が多い」であり、細胞数が多いから癌化の確率が上がる


ちなみに、若き身体の成長を促進する「環境因子」は具体的に明記こそされていませんが、ドイツでは一部他国で養殖の肉や魚の飼育の際に添加されていると噂される成長ホルモンなどを始めとする添加物や、内分泌かく乱作用のある環境汚染物質などに関する報道が年中あり、この記事の筆者もそれらを想定していると思われます(が、大人の事情により、あえて明記しないのでしょう)。また、「細胞数が多い」は高身長のみならず肥満にも当てはまるはずですが、少なくとも今回のスウェーデンの研究に関しては、体重やBMIは解析対象とはならなかったようです。

それにしても、かつて「大食いには高身長の方が有利?」という内容のコラムも掲載したことがある当サイトにおいて(→徹底検証?! 大食いの資質(2)・・・胃ヂカラ・体格編(座高))、しかも先週は「野球では高身長の方が有利」というアメリカの論文を紹介したばかりだったというのに(→U-18野球ワールドカップ観戦記(3)…身長・BMIランキングを振り返りついでに東京五輪の野球も占ってみる)、まさか今週に入ってから「高身長の女性は乳癌に注意!」という報道が一斉にドイツで流れてくるとは、先週の時点では全く想像もつきませんでした(笑)。思えば、1972年センバツ優勝投手であり長身野球選手の代名詞でもあった「ジャンボ仲根」こと仲根正広投手(元近鉄→中日、193cm)が40歳の若さで肺癌で死去、1973年横浜高校初出場初優勝の原動力となった永川英植投手(元ヤクルト、190cm)も同様に35歳の若さで肝臓癌で他界したというように、若いころに旺盛に分泌されていたであろう成長ホルモンにも、思わぬ負の余波があるということなのでしょうか。今後、小さい時から「食べて体を大きくする」ことに邁進してきたアスリートが夢と引き換えに発癌リスク上昇で若死にする、などということが万が一にも立証されたとしたら、一体何のためのスポーツなのか、健康増進のためじゃなかったのかとスポーツ庁に怒鳴り込みに行かないといけなくなるかもしれない…そんなことを考えたこのスウェーデン発の研究でもありました。

蛇足ですが、上述のスウェーデンの研究の元データが「マイナンバー制度を利用して収集された」というのも衝撃的でした。これぞまさに「ビッグデータ時代」の医学研究という感じです。超がつくほどの福祉予算を計上する福祉国家だからこそ、そのような制度にもなるのでしょう。しかし、誰がどんな病気になったのかをカロリンスカ研究所にもお役所にも全て把握されてしまうというのは、調査対象が「癌」以外になった場合を考えると、果たして良いことなのかと考えてしまいます。そもそも、従来的な医学研究においては「データを使われる側の同意」が不可欠というのが長らく続いた常識でしたが、この手の「ビッグデータ研究」はそのあたりをどのようにクリアしているのか、大変気になります。


(ブリュッセルの郵便ポストになぜか貼り付けられていた縞柄の乳房…これがIBC岩手放送のオラ君の乳房視触診デビューとなりました)


<参考サイト>
54th Annual Meeting ESPE(European Society of Paediatric Endocrinology) 2015Barcelona (2015年10月1-3日)
ESPE Abstracts (2015) 84 FC4.6:Positive Association between Height and Cancer in the Swedish Population (スウェーデン人の身長と発癌リスクに正の相関)
Emelie Benyia, Marie Lindera, Johanna Adamia, Mårten Palmeb & Lars Sävendahla
http://abstracts.eurospe.org/hrp/0084/hrp0084FC4.6.htm

Ärztezeitung online(2013年8月14日):Krebsrisiko mit dem Zollstock messen(発癌リスクを身長計で測る)
http://www.aerztezeitung.de/medizin/krankheiten/krebs/article/843387/indikator-koerpergroesse-krebsrisiko-zollstock-messen.html
(今から2年前に発表された「高身長ほど癌になりやすい」というアメリカ発の研究論文の紹介。ただし、対象は閉経後の女性のみで男性含まず)

RP Online(2015年4月14日):Warum kleine Menschen häufiger am Herzen erkranken (低身長の方が心疾患にかかりやすい理由)
http://www.rp-online.de/leben/gesundheit/medizin/herzkrankheiten/herz-kreislauf-erkrankung-warum-erkranken-kleine-menschen-haeufiger-aid-1.5011269
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486