Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2015/09/18

U-18ベースボール・ワールドカップ観戦記(2)…開催国特権について考える

基本的にスポーツの国際大会であればどんな競技であっても、開催国のホームチームに有利な日程が組まれるのは必然なのでしょう。今回の日本開催のU-18ベースボールワールドカップの大会期間中、私が思い出していたのは2010年7月にドイツ・シュトゥットガルトで現地観戦したヨーロッパ野球選手権大会(European Baseball Championship)でした。

2010年のヨーロッパ選手権の場合、ドイツが出場する試合は常に市内のメインスタジアムでしかも夕方からの試合のみ組まれていたのに対し、他のチームは遠方のグラウンドへのバス移動を強いられ、夜の試合を戦った翌日に朝一番の試合というような、かつての甲子園の高校野球が毎試合抽選だった70~80年代にクジのイタズラで少なからず生み出された超過酷日程を強いられることも珍しくありませんでした。当然、観客もドイツ人ばかりなのでドイツびいきです。野球のヨーロッパ選手権は2010年から三大会続けて決勝が「オランダvsイタリア」の同カードで、そもそも「二強の一騎打ち」と「その他大勢による横一線の三位争い」という側面が色濃い大会ですが、2010年にドイツが晴れて3位に入ったこと自体、この「開催国特権」とも呼ぶべき日程上の優遇があったことは決して無視できないファクターと考えられ、これは過去にドイツが銀メダルを獲得した唯一の大会(1957年)がドイツ開催であったこととも符合します。

そういう観点でU-18ベースボール・ワールドカップを振り返ると、これまた日本に圧倒的に有利な日程が組まれた大会と言えるでしょう。1次ラウンドは全て舞洲球場、それも全て夕方17時半ないし18時の試合開始、さらに中一日で引き続き行われたスーパーラウンド3試合は舞洲17時半→甲子園18時→甲子園13時の順でした。スーパーラウンド最後の試合が日本代表にとっては初めて、しかも唯一となる昼に組まれたのは、その翌日に行われる決勝(甲子園18時)に万全の態勢で臨むためと考えれば納得です。このホーム開催の大会に如何ほどに日本の大会初優勝という悲願がかかっていたのかが分かります。

その反面、優勝したアメリカの日程はかなり過酷だったようです。アメリカ代表の日程と試合結果を以下に並べて眺めると、これでよく優勝できたものだと感心すると同時に、日本のメディアでそういう観点からの分析記事が全く流れないことが不思議です。直前に台湾で合宿をしたという報道はあったので、少なくとも時差ボケ対策はそれなりに万全だったのかもしれませんが、ここまでくると時差云々を超越しているように思います↓。

<1次ラウンド>
8月28日(金) 12時半  豊中ローズ  11-1チェコ
8月29日(土) 17時半  舞洲      0-3日本
8月30日(日) 10時   南港中央   5-1メキシコ
8月31日(月) 15時半  豊中ローズ 11-1オーストラリア
9月 1日(火) 10時   南港中央    5-2ブラジル
<スーパーラウンド>
9月 3日(木) 12時   舞洲       7-4韓国
9月 4日(金) 13時   阪神甲子園   6-5キューバ
9月 5日(土) 18時   阪神甲子園   9-5カナダ
<決勝>
9月 6日(日) 18時   阪神甲子園   2-1日本

ここまで試合会場も開始時刻も毎日バラバラという逆境の中で、格下の相手に苦戦したり、奇跡の大逆転や薄氷を踏む勝利を重ねての決勝進出だったようです。しかも、決勝前日のカナダ戦は夜の21時10分まで及んだようです。選手やコーチ陣にはそれはもう大変な苦労があったと推察しますが、そのようなアウェーの大会でどのような調整をして栄冠を掴んだのか、そちらの方が大いに興味があります。

余談となりますが、この記事を書くきっかけとなったエピソードを一つ。南港中央球場で試合前に腹ごしらえをと思って球場内の売店に立ち寄った際、このようなメニューを目にしました↓。

対戦カードが台湾vsキューバだったため、「台湾風やきそば(Taiwan-style Yakisoba)」と「豆の煮込みカレー(Beans Curry Cuban)」が通常メニューとは別に数量限定特別メニューとして登場しているのです!片や「オイスターソース仕上げの旨み凝縮の焼きそば!オススメ大人気!」、他方は「キューバ名物料理!じっくり煮込んだカレーと豆の相性ばっちり!」という説明が付いています。まさか、全出場国の料理を取り揃えているのかと思い、売店のお兄さんに聞いてみました。

ワタクシ 「これって、毎試合ごとに登場する国の料理を扱っているのですか?」
お兄さん 「そーや。例えばオーストラリアが出てくる試合ではカンガルー料理とか、ワニ肉とか出すんや」
(ワニ!食べてみたいような、みたくないような…などと思いつつ、各出場国ごとの料理メニューを一通り見せてもらう。ただ、イタリアがピザというのは、あまりご当地感がないような気も…笑)
ワタクシ 「凄い気合の入りようですね!」
お兄さん「オレちゃうねん、会社が気合入っとんねん。(珍しい食材の)仕入れとか、大変みたいやで~」
ワタクシ 「12ヶ国分の料理を揃えるのは大変でしょうね」
お兄さん 「いや、12ヶ国やない。日本の試合が無いのは最初から決まっとるからな」

このお兄さんの一言に、私はハッとしたのでした。日本代表は南港で試合することは無いと最初から決まっている…このセリフこそ、ドイツの欧州選手権でも気になっていた「開催国特権」そのもののをズバリ言い当てているからです。もっとも、日本料理であれば日本においては調達も調理もさほど困難ではないでしょうが…。

ちなみに、この日の私が悩みつつも選んだのは、結局キューバ名物料理の方でした↓。


メニューの写真とはずいぶん見た目が違う上に、レトルトパックのカレーに豆を後から入れて作っていたようでしたが、こういう野球場では普段遭遇することのないメニューだけに、新鮮な美味しさがありました。なお、この大会では日本が出場しない試合は入場無料であり、売店や自販機以外の出費がないという点でも、お財布に優しい大会であったことを申し添えておきます。


<参考サイト>
Wikipedia日本語版:ヨーロッパ野球選手権大会
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E9%87%8E%E7%90%83%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A
(優勝回数ランキング:オランダ21回、イタリア10回、ベルギー1回、スペイン1回)

IBAF International Baseball Federation 2015 WBSC U-18 Baseball World Cup
Results
http://www.ibaf.org/en/competition/59b573b0-fcf1-4da6-8c26-99a69c27e34e/results
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476