Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2014/06/13

いよいよサッカーW杯!ドイツ全土を席巻する優勝予想ゲームやキャンペーンの嵐

サッカー王国のドイツもいよいよ開幕です。この原稿が掲載される6月13日といえば、サッカーのW杯こと2014 FIFAワールドカップブラジル大会の開幕日(日本時間)に相当します。ちょうど、ブラジル対クロアチアの開幕戦が行われる頃でしょうか(ちなみにドイツ時間での試合開始は6月12日木曜22:00)。昨年のフィギュァスケート観戦以降、いまだにクロアチア語の勉強に精を出している私ですが(→日本語とクロアチア語の思わぬ共通点…「数の簡潔性」と『九九』は東洋の誇る文化遺産?!、→私がクロアチア語にハマり始めた理由…次々見つかる日本語との思わぬ類似点!)、以前の高校野球取材を通じて知り合った日系ブラジル人選手たちとの親交もあるので、きっと今頃はどちらを応援するかで大いに悩みつつ、「えぇい、どっちもガンバレっっ!」と割り切りながらテレビに向かっていることでしょう。

ちなみにドイツではサッカーW杯に限らず、あらゆる競技における世界選手権のことをWM(Weltmeisterschaftの略、ヴェーエムと発音)といいます。例えば、今年の3月に羽生結弦選手と浅田真央選手のアベック優勝等で盛り上がった世界フィギュアは”Eiskunstlauf WM”ですし(→フィギュアスケート世界選手権inさいたま…ドイツの新聞とテレビでみるドイツ選手の意外なホンネ)、4月末から5月始めにかけて東京で開催された世界卓球もまた”Tischtennis-WM"となります(→世界卓球2014の実況中継が無視したドイツ卓球男子イケメン軍団)。

(“WM 2014”の表記と、ドイツ代表監督”ヨギー”ことJoachim Löw。老け顔の多いドイツ人にしては珍しく、54歳にはとても見えない若々しさ!)

さて、W杯を間近に控えたドイツは国の隅々までサッカーづいており、日本人の私はとにかく舌を巻く他にありません。先日も、ぼんやりテレビをみていたら、いきなりこのような旗が画面いっぱいに出てきて、「何じゃコリャ!」とばかりに思わず身を乗り出したものでした。皆さん、これはどこの国の国旗だと思いますか↓?



こんなの見たことない…というアナタ、ご安心下さい。正解は何と、「ヤパーリエン(JAPALIEN)」!英語に訳すとしたら、「JAPALIA(ジャパリア)」でしょうか。日本(Japan)とイタリア(Italien)とを足して2で割ったのではという御推察の通り、イタリア国旗の真ん中に日の丸をドッキングしたものです。実はコレ、当サイトで以前にもご紹介したことがあるドイツの大手家電量販店メディアマルクト(Media Markt)のCMです(→大食いベトナムロケで遭遇した面白いモノ大集合!(4)…ドイツの大手家電量販店と一字違いのソックリ店!「メディアマート」)。このCM、つい最近までドイツ全土でジャンジャン流れていたので、今ならドイツ人で「ヤパーリエン」を知らない人はいないかも…(笑)!そのCM内容とは、「W杯の決勝進出2チームを予想せよ」という、同社オリジナル企画への参加を呼びかけるものです。その内容を、下記の同社ホームページの画面をもとに説明しましょう↓。

Media Markt “Das Grösste Tipp Spiel zur WM”(直訳すれば「ワールドカップ大予想ゲーム」)
http://www.mediamarkt.de/mcs/shop/wm-tippspiel-2014.html


参加要領は次の通りです。まず、6月6日から6月11日までメディアマルクトで好きなだけお買い物をします(オンラインショップも可)。そして、下のような国名リストの中から「あなたが選ぶ決勝戦進出予想チーム」を2つチェックし、先方に提出しておきます。準決勝は現地時間の7月8日と9日のそれぞれ17時に予定されているので、この2試合が終了し決勝進出2チームが判明するのは7月10日となります。この日以降、前もって届け出た2チームが正しかった人は6月6日から6月11日までのレシートを持参すると、そのレシート合計金額がそのままギフトカードの形でキャッシュバックされる…というのがこの企画の全貌です。日本でいえば、ヨドバシカメラやビックカメラにて一定期間にお買い物をした合計金額がポイント還元の形で丸ごとキャッシュバックされるようなものでしょうか。


つまり、W杯決勝進出チームを正しく予想できた場合に限ってではありますが、6月6日から6月11日までにより多額の買い物をすればするほど、返ってくる金額も大きくなる訳です。こちらの企画、参加費を徴収されるわけでもないので、仮に正解しなかったとしても何も失うものはありません。つまり、引っ越し等の大口の買い物予定が元々あるのであれば、6月6日から6月11日までの間がビッグチャンスだということです。もちろん、W杯のために一念発起して大型テレビをフンパツする、とかもOKでしょう。メディアマルクトはこの企画を大々的にテレビCMで宣伝しまくっており、そのCM中に決勝2チームの組み合わせの例として、以下の3つの「造語」ならぬ「造旗」(?)が登場します↓。

1) シュパニガル(SPANIGAL)…スペイン(Spanien)とポルトガル(Portugal)



2) ヤパーリエン(JAPALIEN)…既述、日本(Japan)とイタリア(Italien)



3) ブラジシュランド(BRASISCHLAND)…ブラジル(Brasilien)とドイツ(Deutschland)



さて、みなさんならどの組み合わせで申請しますか?さすがに「ヤパーリエン」は無い?それとも、大いに期待アリ?まあ、ドイツ人であれば3)の「ブラジシュランド」が単なる希望的観測も含めて一番人気になるであろうことは想像に難くありません。

そんなドイツ人の願望は、他社のこんな企画にも表れています。これはドイツの元・国鉄であるドイチェ・バーン(ドイツ鉄道、Deutsche Bahn←日本でいうJRに相当)が現在行っているW杯関連の企画です。

その前に、まずバーンカード25(Bahncard 25)というドイツ鉄道の商品について説明する必要があるでしょう。バーンカード25とは、ドイツ全土に交通網を有するドイチェバーンの鉄道運賃が一律25%引きとなるカードで、価格は1年あたり二等車なら62ユーロ、一等車なら125ユーロです(子供・学生・高齢者はさらに割引有)。これなら年に数回の長距離移動で元が取れることになり、現在加入者が300万人以上とされています。他のラインアップとしては、バーンカード50(50%割引)やバーンカード100(全額タダ)なんてのもありますが、それぞれ年会費がババーンと高くなっていくため、どのカードを選ぶかは鉄道の利用頻度に応じて各自が損益分岐点を考えて選択することになります。

それが、今回売り出される有効期間4ヶ月というW杯特別仕様の新商品「ジーガー・バーンカード25」(Siegerとは勝者のこと)の場合、少し事情が変わってきます。このカードを入手するには、インフォメーション(ドイチェバーン版みどりの窓口)で申し込むか、下記ホームページ内で下写真のように国旗をデザインしたサッカーボールが次々と出てきますので、この中からW杯で優勝すると予想されるチームの国旗をクリックしていくと、あなただけのジーガー・バーンカード25を作ることができます↓。

Deutsche Bahn - SIEGERBAHNCARD 25
https://www.bahn.de/micro/view/siegerbahncard/


(日本国旗が目玉小僧に見えてしまう…笑)


(上記リンク先のワンコの隣をクリックすると、上のようなドイツ・ブラジル・フランス・スペインの国旗がプリントされたカード見本が登場)

このジーガー・バーンカード25は有効期間が「購入日から4か月間」、価格は二等で25ユーロ、一等で50ユーロです。本来の一年契約のバーンカード25(二等で年間62ユーロ、一等で年間125ユーロ)と比べると、価格は割高になります。しかし、あなたが優勝チームを正しく当てていれば、このジーガーバーンカード25は引き続く1年間、有効期間がタダで延長されるという魔法のカードに化けるのです!ちなみに、購入期限は6月26日だそうで、これはグループリーグ最終日に相当するため、決勝トーナメント進出チームの顔ぶれがある程度固まってから購入した方が賭けは有利に働きそうなので、ギリギリに購入する人もいることでしょう。それでも、決勝トーナメント進出は16チームであり、16分の1の確率となる正解を選ぶことができなかった場合、カードの期限が切れる6週間前までに書面で解約手続きを済ませなければ、自動的に一年契約のバーンカード25に移行してしまいます。つまり、うかうかしていると勝手に次の年会費が引き落とされてしまうのです。これを嫌だと思うか否か、そもそも後日解約する意思はあるのか否か、といった個人的事情に応じて、このカードに対する購入意欲も変わってくることでしょう。

なお、このジーガー・バーンカード25の優勝予想国ランキングはホームページによると以下のようになっています(6月9日時点):

1位 ドイツ
2位 ブラジル
3位 スペイン

うーん、やはり「ブラジシュランド」でしたか…(笑)。

ちなみに、少し古い話をすると、私も以前ドイツでW杯が開催された2006年にドイチェバーンのW杯仕様のバーンカード25を買ったことがあります。当時は「Weltmeister Bahncard 25」(Weltmeisterは世界王者の意味)と命名されていたこのカードは、同年4月から売り出され有効期間が6月末日(つまり最長3か月)という短いもので、価格も19ユーロとさらに安いものでした。さらにこのカードには、今年のジーガー・バーンカード25とは幾分異なる粋な趣向がありました。それは、「ドイツが決勝トーナメントで一勝するごとに、有効期間が1か月ずつ延長していく(追加費用なし)」「有効期間が終了したら契約は延長されず、解約手続きは不要」というものです。ドイツが決勝トーナメントに進出できなければ有効期限は6月末日のままですが、もし優勝しようものなら、このカードは年内いっぱい、つまり最長8か月間有効ということになります。19ユーロ位のカード代であれば一度の中・遠距離移動ですぐ元が取れることに加え、何と言っても手続き上の面倒の少なさと後腐れのなさが決め手となり、このカードは40万枚以上を売り上げたそうです。私の周囲でもこのバーンカードの所有率はかなり高く、彼らが揃いも揃ってテレビの前でドイツチームの一挙手一投足に妙に熱~くなっていたのも、半分は私利私欲じゃないのかという疑いが濃厚でした(笑)。そして実際、この年のドイツは準決勝敗退で3位となり、カードは10月末日までの7か月間使用可能となり、その期間は25%引きの威力を存分に堪能させてもらい、今振り返ってみても大変お値打ちの買い物だったと思っています。

その他にも、ドイツテレコムはこの手のW杯仕様の商品こそありませんが、サッカーファンを意識したCMを各メディアにバンバン流していますし(左下)、近所のスーパーでは買い物金額に応じてポイントやカードを配布するキャンペーンが始まり、岩手放送のオラ君も必死にカード集めやドイツ代表グッズの収集に励んでおります(右下)。


(オラ君がゲットしたコップには、トルコ系ドイツ人であるメスート・オェツィール選手の勇姿が印刷されている)

このように国の隅々まで熱狂中のように見えるドイツですが、テレビのアンケートをみたら意外と冷めた結果が出ていて驚きました:


「来るW杯サッカーにおけるドイツ代表チームはどこまで勝ち上がると思いますか?」という質問に対し、何と「準々決勝敗退」が31%でトップだったのです。続いて、「優勝」と「準決勝敗退」がそれぞれ22%、さらに「ベスト16敗退」が10%、「決勝敗退」と「予選ラウンド敗退」がそれぞれ4%となっています。この調査の出典や調査方法が述べられていなかったので詳細不明ではあるものの、ドイツ人がW杯での自国チームを「ベスト8前後が相場かな?」と捉えている事実がもし存在するのであれば、企業による最近の一連の商品展開や広告・キャンペーンの熱狂ぶりとは対照的であり、国民一人一人の現実的感覚とのギャップは意外に大きいのかもしれません。


(上の写真はフランクフルト中央駅。ドイチェバーンのジーガー・バーンカード25の広告で溢れかえっているのがわかる。ちなみに、右端に映りこんでいる広告は、Ritter Sportという創業102年の有名な老舗チョコレート会社が売り出すサイコロ型チョコの宣伝。キャッチコピーの「Die Würfel werden gefallen」という文は、「賽は投げられた」(ラテン語:alea iacta est、ドイツ語:der Würfel ist gefallen)のパロディ。gefallenが「投げられた」と「気に入る」の二重の意味を持つため、本来なら「サイコロたちは気に入られるだろう」となるところを、たまたまW杯の時期だけに「サイコロたちは投げられる」でも意味が通ってしまうのが面白い)

さて、前置きが長くなりすぎました。先週告知した「(食にまつわる)とても面白い文献」は、実はこのフランクフルト中央駅で偶然見つけたものです。それについては来週に続きます。


<参考サイト>

Presseportal.de - Weltmeister Bahncard 25
http://www.presseportal.de/pm/31465/803173/weltmeister-bahncard-25-fuer-nur-19-euro-deutsche-fussballer-entscheiden-ueber-geltungsdauer

Ritter Sport Plakatvoting 3
http://www.ritter-sport.de/blog/2013/09/30/ritter-sport-plakatvoting-runde-3-schokowurfel-vanille-mousse-und-pfefferminz/
(老舗チョコレート会社Ritter Sportのホームページ上では、主に駅での広告として掲示するポスターの人気投票が定期的に行われている。どの広告もセンスが良く、とんちが効いていて楽しい。いずれご紹介する機会があればと思う)
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479