Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2014/05/23

神戸のヘルシー弁当専門店「健美食medi」の看板から考える…関西の「アメちゃん文化」や「うどん定食」の危険

先日、阪神三宮駅構内でこのようなものを目にしました。「おくすりやさんが考えるおいしいローカロリー&ヘルシーフード」というコンセプトで、健康志向の高い惣菜や弁当を販売している同駅隣接の「健美食+medi阪神神戸三宮西口店」が出しているディスプレイ広告の一つです↓。この内容がなかなか考えさせられるものだったので、その内容を以下に書き出してご紹介したいと思います(書き出し部分は赤字)。


<生活習慣チェック!>
□20歳の時の体重から10kg以上増加した
□つい間食をしてしまう
□寝る前の2時間以内に夕食をとることが多い
□早食い・ドカ食い・ながら食いが多い
□濃い味付けが好き
□野菜をあまり食べない
□朝食を抜くことが多い
□ストレスが多い
□ジュースや甘いものをにく口にする
□同世代の同性と比較して歩く速度が遅い
□タバコを吸っている
□毎日お酒を飲む
□運動はほとんどしない
ハイと答えた数が多いほど、内臓脂肪をためやすい生活を送っています。注意しましょう!


いかがでしょうか?みなさんなら幾つ当てはまりますか?ちなみに私の場合、日本で勤務医としてバリバリ働いていた頃の生活に照らし合わせた場合に該当する項目は7つですが、渡独以降から現在に至る生活に照らし合わせると、該当項目は何とゼロになりました!ストレスがなくなり、食生活が激的に健全化したことは確かな事実なのですが、このチェック表を見るまでそのことを意識したことは実は今までにありませんでした。忘れていた大切なことを私に気づかせてくれたこのチェック表を作成した「健美食+medi」さんに、あらためて感謝しています。

今も昔も、日本の勤務医生活は非常に不規則かつストレスフルであることには変わりはないと思います。中でもとりわけ、2004年の医師臨床研修義務化以前の研修医の生活は、今でいう「ブラック企業」の世界に匹敵するものであったと言えるでしょう。職場に24時間張り付くのは当たり前、「食事は5分で食え」とも「早メシ早○○特技のうち」とも上司に尻を叩かれ、そもそも規則正しく三食食べることなど夢のまた夢(当然朝も食べずに病棟回診)、低血糖とストレスは間食のジュースやお菓子(人によっては酒・タバコ)で紛らす…という、「医者の不養生」を地で行く世界は、かつてはどこの病院でも当たり前の光景でした。そもそも臨床研修制度自体、某研修医の過労死案件の反省から導入されるに至った制度ですが、その恩恵にあずかることのなかった私の場合は幸運なことに、体を壊すことなく体重も20歳の時から全く変わらずに今に至ることができました。なお、少なくとも周囲の脳外科の先生方を長年観察してきた限り、ストレス食いで研修医のうちからブクブクと太り出すタイプと、逆にストレスで食が細ってみるみる痩せていく先生とに、はっきりと二分されていたように思います。

さて、このチェック表を見て考え込まざるを得ないような内容は他にもありました。「間食」「甘いもの」という項目です。それもズバリ、一時帰国して関西で仕事する際に毎度のように遭遇する「アメちゃん文化」に尽きます。仕事がちょっとでも一段落すると、看護師さんや事務の方がどこからともなく取り出して何かを私の手に握らせようとして、こう言うのです。

「センセ、コレあげる!ア・メ・ちゃん!」

それは、今の日本ではどこのコンビニやスーパーでも売っている、個別包装された小さいチョコやキャンディ、時にガムだったりします。それにしても関西のおばちゃんはどうしてみんな隙あらば「アメちゃん」を配りまわるのでしょうか(笑)?これぞ関西版「天下の回り物」でしょうか。しかし、私は元々キャンディーやガムなどの砂糖菓子が元々苦手で、それも人工甘味料や人工香料などの添加物が体に合わないので、「天下の回り物」ならぬ「添加の回り物」が来たら、申し訳ないのですが逃げ回ってしまうのです。

そもそもこちらは、すきっ腹に甘いものを単独で食べると口がネバネバして気持ち悪いだけでなく、肝心の食事の際にきちんと腹が減らなくなるので、そもそも甘いものを間食する習慣がないのです。これに関しては、親の教育に感謝しなくてはなりません。幼少期より鍛え上げられた「空腹に強い」という体質は、私の場合は後に医師となって外科系の進路を選択する際の大きなアドバンテージの一つでもありました。外科手術の術者は飲まず食わずで10時間以上…などということはザラで(水やお茶をマスクの下からストローを入れて飲ませてもらうことはありますが、オペ室内で食事することはそもそも不可能)、空きっ腹に長時間耐えられるということはある意味では外科医の必要条件とも言えるでしょう。下手に食事すると今度は眠くなることもあり、軽い飢餓状態にあった方が手術自体はうまくいくという話もあります。そういえば、かつて大食い番組でご一緒した菅原初代さんも確か、「空腹を我慢していると、ある時点から爽快になってくる」という趣旨の発言をされていたように記憶しています。

ジュースについても、一本当たりに角砂糖が10コ以上も入っているような激甘ペットボトル飲料が国の隅々までいきわたり、特に若年世代が好んでそのようなドリンクを絶え間なく口に運ぶ光景は、日本に来るたびにとても気になっています。また、関西ではよく見る「うどん定食」、つまりうどんとご飯をセットにしたという、『ザ・炭水化物!』とも呼ぶべき究極の偏食も、その価格の安さもあって今や日本全国で広く受け入れられています。学校健診の仕事などで高校の学食を訪れると、うどん又はラーメンに菓子パン、さらにペットボトルのジュースという、見ているこちらの方がうすら寒くなるような昼食をとる生徒の姿に毎回愕然とします。

この『ザ・炭水化物』が日本全国津々浦々に蔓延する背景には、日本では野菜や肉といった「おかず」の価格が炭水化物に比して高いという問題があるかと思います。特に、米飯のカロリー単価の安さや国内産業保護の観点もあるのか、最近の日本食は「米飯過剰」が一つの特徴となっており、中でも年配者に多い「銀シャリ信仰」「白砂糖への憧憬」、大食い選手の中にもかなり多い「白米依存症」とも言える食習慣は、野菜不足という観点からも偏食という観点からも、特に若年世代にとって後々多大なる困難を引き起こす元凶となるのではなかと危惧していますが、これはとても大事な議題ですので、後日別稿にてあらためて説明の予定です。

もう一つ、上記のチェック項目の中で気になるのは、「早食い・ドカ食い・ながら食い」という項目です。『元祖!大食い王決定戦』(テレビ東京)は「ながら食い」でこそありませんが、まさに「早食い」「ドカ食い」を地でいく世界です(番組内に毎回登場する「早食いは厳禁」というセリフが実際に守られているかどうかは、番組を見れば一目瞭然)。医師に限らず、現代日本の戦うサラリーマンの方々は「ゆっくり食べているヒマなどない」ので、必然的に「早食い・ドカ食い」にならざるを得ません(そうしないと食べ損ねるため)。

私がドイツに行って最も激しいカルチャーショックを受けた光景の一つに、「大学病院の研修医が昼間からゆっくりケーキを食うとった!」というのがあります。私の研修医時代からは想像すらできない、上司の罵声と蹴りが飛んでくること間違いなしの光景です。そもそも、大学病院や救急病院でさえ定期的にストライキするのがドイツという国で、その場合は救急車や急患は別の病院に行くよう朝刊紙面に告知があります。最初にその紙面を見た際は文字通りわが目を疑ったものでしたが、もっと驚いたのは、それに対して国民の誰一人として文句ひとつ言わないということでした(今は慣れた…というより、そのような”他人の人権を尊重することが回りまわって自分のためになる”と考えることのできるお国柄が心底羨ましい)。

さて、先日の長距離移動の際、この「健美食+medi」のお弁当を一つ買ってみました。味はあっさり目で減塩の工夫が感じられ、小さい弁当の割の品目数が多くバリエーション豊富、それでいてお米が玄米で腹持ち良く、とても満足できました。

(岩手放送のオラ君が健美食に初チャレンジしているところ)

最近、関西では健康志向のレストランが増えてきている印象があります。次回はその一例をご紹介しつつ、日本食の最大の泣き所についてさらに考察してみたいと思います。


<参考サイト>
健美食+medi
http://www.plus-medi.com/
大阪府及び兵庫県に計5店舗を展開。メインは堺筋線北浜駅に近い「+medi健美カフェ道修町」、サテライトショップが阪神百貨店梅田本店、阪神三宮西口、髙島屋大阪店、あべのハルカス近鉄本店内にそれぞれある。冷凍弁当や冷凍スープのオンラインショッピングあり。
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483