Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2014/05/09

髙島屋の浅田真央展が解き明かす?フィギュァスケートの衣装にまつわる4つの疑問

先週ご紹介したフィギュアスケートの浅田真央選手の特別展示『妖精から、氷上の女神へ Smile 浅田真央 23年の軌跡展』は、この原稿が掲載される頃は大阪髙島屋の7階特設会場で開催されているはずです(5月12日まで)。浅田選手が獲得したメダルやプライベートシーンの写真等とともに、その名演技を彩った衣装の実物が時系列にズラリと展示されています。まさに「人に歴史あり」と思わずにいられない圧巻のラインアップに、こちらも一目見れば「ああ、あの時の…」「あの時そういえばこんなことしてたっけ…」など、あらゆる記憶が芋づる式によみがえったりと、おそらくフィギュアスケートに詳しくない方にとっても思うところが色々ある内容ではないかと思います。入場無料ということもあり、是非多くの方々に観ていただきたいものです。(ちなみに6月5日~16日は横浜髙島屋、8月6日~17日は京都髙島屋で同内容開催の予定)(→日本橋高島屋で見てきた”Smile”浅田真央展

私が4月にこの展示に出くわしたのは完全な偶然でありましたが、実際に入場する際には以下の点を確認しようと思って足を踏み入れました。これらは、かねてから私がフィギュアスケート選手の衣装について思っていた疑問そのものでもありました。

1. どうやって脱ぎ着するのか?
2.. 下には何も着けないのか?
3. トイレに行きたくなったらどうすのか?
4. 生理中のときはどうするのか?

それでは、実際の展示ではどうだったのか、何か分かったことがあったのか…。項目順に簡単に報告させていただきいたいと思います。


1. どうやって脱ぎ着するのか?

浅田選手の衣装の多くは「長袖レオタード+スカート部分」という構造をしていること、そして、その脱ぎ着は基本的に首の部分から足腰を入れて引き上げる「一体型水着」ないし「ボディースーツ」の着脱の要領で行われることが、今回の展示でよくわかりました。従って、首部分が大きく空いている構造が多かったり、そうでない場合は肩口部分や後頚部分にファスナー等の開閉構造をつけて対応しているようです。

そのあたりについて詳しいのが、以下の日経トレンディの記事です。この記事を事前に読んでいると、きっと髙島屋の展示を見る際にも参考になるかと思うので、以下にリンクを紹介し、該当部分は青字で引用します(以下同様、太字は筆者強調)。

日経トレンディ(2010年2月10日):テレビを観ても分からない…フィギュアスケート衣装のウラ話【2】(3/10)
『”肌色の生地”のヒミツ、実は……」「しかも、首から足を入れてはく……』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100201/1030926/?ST=life&P=3
下からはける」の意味が男性にはわかりづらいかと思うが、要は「ワンピース水着を着る」ときの動作を想像してください。着衣の順番は、まず(スカートの中にくっついている)パンツに上から足を入れて腰まわりを覆(おお)い、それから身頃部分を胸まで持ち上げ、肩ヒモなり袖を通す。この衣装は背中がV字型に大きく開いているので、別にファスナーがなくても、もともと“ファスナー全開”のような状態なのだ。
(中略)そのレオタード風にもファスナーがない。「首から足を入れてはくんです」。え?「首が詰まってないのではけるんですよ」。……首からはける!まさに2ウェイ素材の醍醐味(?)、である。


これは女性の方がなじみがあるかと思いますが、ワンピースを着る際の最大のネックは、いかにヒップをウエストに通過させるかということに尽きます。マタニティドレスであれば上からスッポリかぶれば済みますが、通常のウェストがくびれた形のワンピースの場合は、背中部分に長いファスナーをつけたり、脇から腰にかけたサイド部分にこれまた長いジッパーをつける構造になっているのが普通です。このワンピースをもしファスナーもボタンもマジックテープも何も無しで着脱できるようにするとしたら、、よっぽどウェスト部分の生地に伸縮性がないと、ヒップが通らないことでしょう。なぜなら、よほどの洋梨型メタボや逆三角マッチョでもない限り、人間の体の中で最も太いのは腰回りであるはずだからです。しかし、浅田選手の衣装を見る限り、ファスナーなどの開閉可能構造は最小限に抑えられている印象で、一体どうやって衣装を脱ぎ着するのか首をかしげてしまいそうなものばかりです。

この疑問に対する答えのヒントとなるのが、彼女に限らず多くのフィギュアスケート選手の衣装の肌色部分として広く使用されている「パワーネット」(ストレッチチュール)ではないかと思います。”タテにもヨコにも伸びる2ウェイ素材”としてフィギュアスケートの衣装の身頃(胸背部)から肩や腕にかけて多用されるこのハイテク生地は、「ナイロンにポリウレタン弾性繊維を交編しているため、キックバック性に優れている」というその特性そのものこそが、その体にフィットした衣装の着脱を可能としており、単に肌を隠すだけの目的ではないようです。

繊研プラス 用語解説 - パワーネット
http://www.senken.co.jp/words/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88/
通常のメッシュニットやチュールレースなどでも、透け感やストレッチ性は得られるが、パワーネットは、ナイロンなどにポリウレタン弾性繊維を交編しているため、伸びた後のキックバック性に優れている。また、独特のハリ感や、ナイロンの染色性の良さからくるプリント表現のしやすさもある。

日経トレンディ(2010年1月22日):着てる?着てない?”肌色”が気になるフィギュアスケート衣装【1】(4/7)
「『タテにもヨコにも伸びる2ウェイ素材』を使う」「2ウェイ素材は『柄物』もいろいろ」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100119/1030816/?ST=life&P=4
やはり「素材」である。一番の特徴は、「2ウェイ(素材)です」とチャコットのデザイナーは口をそろえる。「タテにもヨコにも2方向に伸びる」生地だ。特に「身頃」部分は、どんな動きにもフィットするようストレッチの効く素材を使う。(中略)「パワーネット」といえば、驚きの“詐欺ブラ”(前編 後編)のアノ部分にも使われています。ブラジャーやガードルなどによく使われる素材で、“裏方”のイメージが強いが、パワーネットは服に取り入れても全く問題ない。

日経トレンディ(2010年1月22日):着てる?着てない?“肌色”が気になるフィギュアスケート衣装【1】(6/7)
『“キラキラ&ヒラヒラ”で魅せる!その細部を確認』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100119/1030816/?ST=life&P=6
肌色のストレッチチュールは、飾りをつける土台にもなる。
「スカートのシルクは伸び縮みしないのでファスナーを付けないと着られない。開ける位置はデザインによって違います」(佐藤デザイナー)。「外国では“肩”で脱ぎ着する衣装も多いですよ」(山口デザイナー)


日経トレンディ(2010年1月22日):着てる?着てない?“肌色”が気になるフィギュアスケート衣装【1】(7/7)
『しかし過度にエロな衣装は減点される』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100119/1030816/?ST=life&P=7
素肌かと見まがう“透ける肌色”の生地(=ストレッチチュ-ル)。あれは要するに、詐欺ブラのカラクリに使われたパワーネットと、伸縮の強度は異なるが、同種の素材である。下着では裏方の仕事、こちらではヒノキ舞台の仕事、とでもいおうか。
“露出風”に見せながら、布として機能し、飾り付けの土台にもなる。また寒いリンクでは「生地が薄くても1枚あるだけで寒さがだいぶ違うらしい」(山口デザイナー)。

「詐欺ブラ」なるものを私は存じ上げませんが(笑)、このフィギュア衣装の肌色部分にここまで重要な役割があるというのも意外でした。そもそも飾り付けの土台でもあり、寒いリンクにおける防寒の役割も担っているのだそうです。もっとも、浅田選手の衣装を展示会場で見る限り、この肌色部分の生地の透見度もこれまた意外と高く、下のマネキン表面の汚れが見えたりするほどで、この調子なら素肌のホクロも見えてしまいそうです。これ1枚で本当に寒くないのでしょうか。また、海外選手(特に白人)には胸や背中が大きくあいた衣装や袖なしの衣装が比較的多い印象があるのに対し、浅田選手の衣装は全般的に長袖ボディースーツ型のものが多いようで、彼女はどちらかというと寒がりの部類に入るのかなあ…という印象を持ちました。

なお、もう一つ注目していただきたいのは、浅田真央選手が伊藤みどり選手からもらい受けたおさがりの衣装です。その衣装には仮縫いらしき糸のほつれがあったり、生地がややゴワつき気味で重そうだったり、肌色部分の伸縮性もあまりなさそうだったりします。しかし、それが逆にこの数十年間の日本における繊維素材の開発の大幅な進歩を雄弁に物語っています。そして、浅田選手のジュニア時代から最新の衣装への変遷もまた、スポーツ科学理論の進歩や繊維工業技術の発展と足並みを揃えるように、その芸術性のみならずその機能性や合理性をも高める方向への進化を伺わせます。


2. 下には何も着けないのか?

最近、フィギュアスケート振付師の宮本賢二さんとプロフィギュアスケーターの本田武史さんが某番組で語った内容が物議を醸しておりました。

Livedoor news(2014年4月9日):フィギュアスケートでは下着を着用しない選手も プロフィギュアスケーター本田武史らがテレビ番組で明かす
http://news.livedoor.com/article/detail/8720044/
本田は「海外の選手とかすごい多いんですけど、衣装に下着のラインが出るのを嫌がる選手が多くて」「女性はほんとに(衣装の下に何も)着てない人もいますよ」と発言。

これについては、髙島屋の展示において実物の衣装の「パンツ」に相当する部分を見ていただくのが一番かと思います。この「パンツ部分」、どれもかなり股上が浅いことがまず目を引きます。そして、そこから連続するように例の肌色シースルー部分が直結していて、下に履いている肌色タイツ(実際は肌色レギンスらしい)の上端部分がウェストの高さで透見される写真もあります。しかし、展示されたマネキンの方は衣装の下には何も履いておらず、マネキンそのものの白い地肌部分がそのまま見えるため、逆にどこからどこまでがシースルーなのかが一目瞭然です。このマネキンのおかげで、浅田選手の衣装に占めるシースルー部分の比率が予想外に大きいことが判明し、結構な驚きを禁じえませんでした。もっとも、マネキンが着るよりも浅田選手が着た方が露出が少なく感じられるということ自体、彼女が老若男女を問わず国民的に広く愛される理由の一つではないかと思われます。是非とも会場にて、衣装を着たマネキンを浅田選手の写真とよく見比べてみていただきたいと思います。

なお、衣装の「パンツ部分」の股上の浅さは、演技中の動きやすさやスピン時のズレにくさなどを考慮して最終的にその寸法に落ち着いたのだろうということも、時系列の展示からうかがうことができます。さらにタイツの件に気付いてから、帰宅後にあらためてソチ五輪のフィギュアスケート選手の写真集を見返してみたところ、ペアやアイスダンスの女性選手も同様、やはり腰の部分に肌色タイツの上端やその圧痕が見えます。衣装の下に履くのはタイツ(レギンス)だけ、という人がいても不思議はありません。

日経トレンディ(2010年2月10日):テレビを観ても分からない…フィギュアスケート衣装のウラ話【2】(10/10)
『五輪レベルではブラジャーはしない』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100201/1030926/?ST=life&P=10
「オリンピッククラスだと、ブラジャーをしてる人はいませんね。(ブラの)線がきたないのでシルエットがくずれる」(山口デザイナー)。「お肉にダンダン(ハミ肉)ができますし」(布施川さん)。

浅田選手に限らず、胸の谷間部分にシースルー生地を大胆にあしらった衣装を着た女子選手は多いのですが、確かにブラジャー派はいなさそうです。そして、「詐欺ブラ」仕込みの弾力性を誇るパワーネットこそが、ブラジャーなしでの演技を可能にしているということでしょうか。


3. 急にトイレに行きたくなったらどうするのか

これについても、いちいち上から全て脱ぎ着する以外にどうやら方法はなさそうであることが、高島屋の展示を見ればわかります。本番直前にトイレに行きたくなったら、さぞかし大変なことでしょう。もっとも、トイレに行きやすいような「開閉部分」を仮に下の方に設けたならば、演技中にそれが外れてしまうのではないかという恐怖から演技に集中できなくなりそうで、それはそれで問題でしょう。そういえばかつて、「社会の窓」を全開にして演技した男子シングル選手がいたと記憶していますが(笑)、女子のフィギュアスケートの衣装がボディースーツ型なのは「ハプニング防止」の観点もあるのではないかと考えられます。

なお、このトイレの件を調べる過程で発見したこちらの記事はなかなか興味深いものでした。韓国初の国際ドーピング検査官となった女性についての紹介記事です。

中央日報日本語版(2011年1月21日):キム・ヨナでも浅田真央でも、競技後にトイレについて行く彼女
http://japanese.joins.com/article/842/136842.html?sectcode=600&servcode=600
一体型の水着は用を足すときにすべて脱がないといけません。私も思わずそっと目をそらしました」。その瞬間ウォリナーさんが行った(←筆者注:ウォリナーさんはニュージーランドの女子トライアスロン選手。「行った」はおそらく「言った」の誤りであろう)。「恥ずかしがらないで。私たちはプロです。私の優勝にごまかしがなかったということを立証するのはあなたです」。ハッとした。
(中略)名前も知らない他人の排尿過程を見守るのは簡単なわけがない。「最初は女性の最も大事なところを注視するのは恥ずかしかったです。しかしいまはこの仕事に完全にはまっています」。
ドーピング技術は国際スポーツの発展スピードと軌を一にしてきた。「薬物は選手生命を短くし、死に至ります。神聖なスポーツ精神を汚します」。 彼女はスポーツ界を代表するスターのドーピング検査も担当する。エレーナ・イシンバエワ、 キム・ヨナと浅田真央が代表的だ。「実力があるだけに検査経験も多いでしょう。3人ともさっさと済ませて出て行きます」。最近では“両性具有”問題があり 身体もしっかりとチェックする。「南アフリカの陸上選手のキャスター・セメンヤが代表的です。ズボンを下ろすときに手術の跡がないか確認します」。


トライアスロンの水着も、フィギュアスケートの衣装と同様に一体型のようです。この記事を一読して思うのは、国際ドーピング検査官とは本当にここまで徹底してトイレを監視する存在なのだろうかということです。ほとんど人権侵害スレスレという印象すら持ってしまいますが、尿サンプルすり替えの阻止が重要なのは言うまでもありません。ただ、当コラムでも以前取り上げた半陰陽や両性具有(→「インターセックス」(両性具有)って何?ドイツ身分法の改正報道の核心に迫る!)の手術痕までもが守備範囲となれば、検査官は医師レベルの専門知識がなくてはつとまらないのではないか思うのですが、実際はどのような経歴の人物が担当するのか、そちらの方がよっぽど気になります。

それにしても、この「徹底したトイレコントロール」、大食い番組でやったら一大事となることは間違いなく、そうなれば笑いごとでは済まないことでしょう。


4. 生理のときはどうするのか

これは髙島屋の展示とは直接の関係はありませんが、この問いについては、私は答えを間近に目撃してしまったことがあります。海外での某グランプリシリーズ、ペア競技を観戦中のひとコマでした。前から2列目の席に座っていた私の前に、男性が女性を頭上に片手で持ち上げて回転させるリフトという技が披露されたのですが、そのとき女性の股間から白いヒモが見えてしまったのです。

そもそも、フィギュアスケート選手が出場する大会は何か月も前から決まっているはずです。女性の場合、白い衣装を着たりすることもあるでしょうから、ハプニングを避けるためにもきっと薬で生理を遅らせたり止めたりするのではないかと、私は根拠もなく勝手に想像しておりました。しかし、その女性選手(日本人ではない)の場合は、薬でズラしたり止めたりすることをあえて選択しなかったのか、単に調整に失敗したのかはわかりませんが、当日がその日だったようでした。その瞬間、観ていた私の方が動揺してしまい、それ以降しばらくはどこを見て良いかわからず、思わずうつむいてしまいました。あれは今だに強烈な思い出で、生涯忘れられそうにないインパクトがありました。もっとも、フィギュァスケートや体操・新体操のような審美系要素の強い競技では、女子選手の無月経およびそれに伴う骨粗鬆症による疲労骨折は深刻な問題とされており、そう考えればあのハプニングは医師としては歓迎すべきことでこそあれ、何も動揺する事はなかったのかもしれません。



(この写真は2013年のヨーロッパ選手権での川口悠子&アレクサンドル・スミルノフのリフトですが、上記したケースとは無関係です)


以上、髙島屋の浅田真央展を見た際にあれこれ考えた4つの疑問について、つらつらと述べてみました。どれも、女子フィギュアスケーターについて考える上で避けては通れない話でありながら、あまり表だって語られることのない話ばかりでもあります。しかし、髙島屋の展示からはそのような「誰にも聞けない疑問」にすら答えが浮かび上がってくる瞬間があるというところが、まさにホンモノのホンモノたる所以であります。こういうホンモノを展示する企画に生きている間に出逢う機会はそう何度もあるものではないでしょうが、このような後々まで語り草になりそうなホンモノの企画展示にこそ、またいずれ出会ってみたいものだと期待しています。


<参考サイト>
NAVERまとめ 「アスリートの無月経、疲労骨折などの危険が潜むと指摘」
(2014年4月15日クローズアップ現代の放送から)
http://matome.naver.jp/odai/2139751630140840201
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495