Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2014/02/14

祝・ソチ五輪開幕!(1)…日本チーム登場の開会式で学ぶロシア版アルファベットの語順

2010年のバンクーバー五輪が大食いロケと日程が重なっていたことは当サイトの過去の記事にも述べましたが(→ハワイの記憶(2)…「フィギュアスケートと大食い」、→菅原初代とエフゲニー・プルシェンコ(1)、→菅原初代とエフゲニー・プルシェンコ(2))、今年もまた4年に一度のあの冬の祭典がやってきました!この記事が掲載されるバレンタインデーの頃といえばソチオリンピックの前半戦の真っただ中、まさにメダル争い前哨戦という感じでしょうか。(←ちなみに、ドイツは目下空前の金メダルラッシュで大変な盛り上がりを見せています)

昨年末、国際線乗り継ぎのために北京空港に寄る機会がありました。免税店などの立ち並ぶフロアをウロウロしていた私でしたが、いきなりこのようなブースに遭遇して、思いがけずオリンピックの季節の到来をいち早く実感することになったのでした↓。


ここはクレジットカード会社のVISAが提供するソチ五輪のPRブースです。中には記念撮影用の様々なパネルが用意されていたり、大会記念グッズが展示されています。このブース、VISAカード加入者であれば、カードの提示と引き換えにガラスケース内の箱入りマグネット4点セット(下写真右)やピンバッジ(下写真左)をタダでもらえます。私も早速いただきました。北京空港に行かれるチャンスがある方は是非、入口の係員に声をかけてグッズをゲットしてはいかがでしょうか。


そして、ステキなパネルと一緒の記念撮影なども楽しんでいただければ幸いです。


このコラムサイトでもお馴染みのIBC岩手放送キャラクターのオラ君、満を持しての登場です。ソチ五輪マスコットの野ウサギさん(The Hare、上写真左)とホッキョクグマ君(The Polar Bear、同右)と一緒に機嫌良くカーリングにいそしんでおります(笑)。


オラ君、今度はクロスカントリーにもチャレンジしてみました。同じくソチ五輪マスコットであるユキヒョウ(The Leopard、上写真左)君に振り落とされないよう必死にしがみついているその姿、なかなかサマになっております。こうして見ると、右の野ウサギさんとオラ君は顔の輪郭が多少似ているでしょうか?いつの間にか「岩手の地デジ推進キャラクター」から堂々たる「ソチの顔」へと、あたかもお国替えを済ませたかのような自然な溶け込みぶりでした(笑)。

このようなブースでさんざん遊ぼうものならば、是非とも実際にソチへ行ってみたいとの願望も膨らんで来ようとかというものです。思い起こせば、私は中学に入る前にドイツから日本に帰国した際のフライトがモスクワ経由だったため、モスクワ空港に足を踏み入れたことはありますが、正式にロシアに入国したことはまだ一度もありません。今回、ソチ五輪を口実に人生初のロシア旅行を考えない訳でもなかったのですが、さすがにスケジュールの都合が許さず、おとなしくドイツでテレビ観戦しつつ、気付いたことを述べていきたいと思います。



さて、ここで話がいきなりロシア語入門に変わりますが、お付き合いください。上の写真はドイツで売っているロシア語会話の教材の表紙(左)と、その6ページにあるロシア語版アルファベットの解説(右)です。アルファベット説明部分を拡大すると、以下の通りです。


このように、ロシア語には「A(アー)」「Б(ベー)」「B(ヴェー)」「Γ(ゲー)」で始まり「Э(エー)」「Ю(ユー)」「Я(ヤー)」で終わる31のアルファベットと2つの記号(硬音記号Ъ、軟音記号Ь)の合計33文字あります。この文字はキリル文字と呼ばれ、その順番は辞書の見出し順そのものでもあるので、ロシア語を勉強する方は真っ先に憶えなければなりません。その最初の文字は英語等と同様にA(アー)ですが、最後の文字はZではなく、Rをひっくり返したような形のЯ(ヤー)です。他にも、「Φ(エフ)」がかなり後ろの方の、英語でいうVに相当する位置にあることなど、その語順は憶えにくいものとなっています。

ところで、われらが日本はロシア語で「ヤポーニヤ」(Япония)であります。と言えば、私がさっきから何の話をしようとしているのか、察しがついた方もいらっしゃることでしょう。先日のソチオリンピックの開会式を真夜中に眠い目をこすってテレビの生中継に張り付くようにご覧になった方の中には、なかなか日本が登場してこないことにヤキモキした挙句に途中で意識を失い、肝心のシーンをライブで見損ねた方も多かったのではないでしょうか?それもこれも、入場行進に登場する国の順番は”開催国言語のアルファベット順”と決まっているからであり、日本が開催国ロシアを除けば一番最後の登場となったのはそのような事情によるものです。

それにしても、日本が開催国だったケースを除くと、オリンピックの開会式において日本の出番がこんなに遅かったことは果たしてあったでしょうか?前回のバンクーバー五輪の際は、日本の頭文字はもちろんジャパン(Japan)のJであり、前々回のトリノ五輪の時はジャッポーネ(Giappone)のGでしたが、まさか今回のソチ五輪で日本がトリを務めることになろうとは…。これがキリル文字の語順通りであるということに私が気付いたのは、いつもならかなり後の方で登場するベネズエラ(Венесуэла)があまりにも早い段階での登場となったのを見た瞬間のことでした。

オリンピックの歴史を紐解いてみると、1980年のモスクワ五輪の参加を日本は他のいくつかの西側諸国とともにボイコットしています。もしあの大会に日本が参加していたならば、今回同様に開会式でトリを飾る光景が見られたことでしょうし、ロシア語版アルファベットひいてはキリル文字そのものの日本国内での認知度も上がったのではないかと思わずにはいられません。

なお、キリル文字に関しては、私には実は忘れられない思い出があります。それについては長くなりそうなのでここでは割愛し、いずれ別稿で説明したいと思います。


<参考サイト>
ロシア語入門 - ロシア語のアルファベット
http://www.jolco.com/pages/nyumon/alphabet.html

Wikitravel - ロシア語会話集
http://wikitravel.org/ja/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%AA%9E%E4%BC%9A%E8%A9%B1%E9%9B%86

Wikipediaロシア語版 - Япония(日本)
http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%AF%D0%BF%D0%BE%D0%BD%D0%B8%D1%8F
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486