Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2013/08/23

猛暑の異常気象だけじゃない!前代未聞の異変が続く今年の甲子園(1)

猛暑の異常気象だけじゃない!前代未聞の異変が続く今年の甲子園(1)

今年の夏の甲子園は第95回記念大会ということで、「毎試合後抽選」「準々決勝翌日の休養日導入」など従来からの変更を色々と凝らしているようです。なお、私事ですが、今年の観戦は一時帰国延期の関係で3回戦からとなりました。しかし、今春の選抜大会以来5か月弱振り、ワクワク・ドキドキと喜び勇みながら甲子園球場に到着した私は、いきなり度胆を抜かれるショックに見舞われます。私を待ち受けていたもの、それは入場料の容赦ない大幅値上げでありました。



今年の選抜大会までは1600円だったネット裏(中央特別自由席)が2000円になっています。実に25%の値上げです!



各チームのベンチ後方の座席にあたる一塁特別内野席および三塁特別内野席は、これまで1200円だったのが300円引き上げとなる1500円で、これまた25%のアップです。



一塁アルプス席および三塁アルプス席は、これまで500円だったのが600円となりました。100円アップは20%増しということになります。なお、外野席は従来通り無料です。

かつて、高校野球の入場料はプロ野球に比べれば安く、お得感があるとされていました。特に私の場合、同じ試合をいろいろな角度で観たいと思う習性から、試合中でもやたら席を移動します。従って、今年の選抜大会までのパターンだと、(売り切れ等がない場合)原則としてネット裏1600円に一塁特別と三塁特別それぞれ1200円を1枚ずつ”大人買い”していました。このような観戦の仕方だと、1日当たり必要な入場料が4000円になります。

それが、軒並み20~25%も一気に引き上げられたとなると、今大会の入場料で私が従来通りの観戦スタイルを貫こうとした場合、とネット裏2000+一塁1500+三塁1500=5000円も払わなくてはならなくなります。高校野球で1日に5000円はあまりにも高すぎます。ということで、今大会の私はウロウロせずにジ~っとすることにしましたが、やはり慣れない観戦スタイルはストレスが溜まります(笑)。

甲子園球場に来場の経験がある方はご存じかと思いますが、甲子園球場の内野スタンドは大まかにいうと3階建ての構造となっています。かつては1階部分と3階部分が一般に開放され、建物内部の通路にはカレー屋さんや焼き鳥屋さんにお土産やさんなどの売店が並んでおり、2階部分が選手・役員・報道などの大会関係者専用のセキュリティーゾーンとなっていました。それが2008年の阪神甲子園球場リニューアル工事に伴い1階がセキュリティーゾーン、2階と3階が一般開放へと、ちょうど1階と2階が入れ替わる形に変更されました。以前は甲子園のスタンドは1階部分と3階部分に通路があり、入場門から階段を使わずダイレクトに一階部分経由で球場に入ることができたのが、今はどの門から入っても階段を上らないと球場内に入ることができないようになったのは、このためです。

さて、そもそも私が甲子園で「一日に何度も席を変える」という観戦スタイルを確立した最大の要因は、かつてバブル華やかなりし80年代からバブルが弾けた直後の90年代にかけて甲子園球場の高校野球において設定されていた「内野席」というカテゴリーにありました。お値段は600円だったかと記憶しています(ちなみにその当時のアルプス席は300円)。この「内野席」というのは、いまの甲子園球場でいうと一・三塁の特別自由席の上段1/3に相当し(下写真でシートの黄や赤がより鮮やかに見える部分)、上の説明でいうなら3階部分に相当します。80~90年代の「一・三塁特別自由席」とは、今の特別自由席の中の1階部分と2階部分のことであり、一塁の券なら一塁側にしか入れず、三塁の券では三塁側にしか入れないというのは今と同じです。しかし、先述の「内野席」というカテゴリーには、一三塁の区別はありませんでした。同じ1枚の券を片手に、3階部分の通路を経由して一塁側にも三塁側にも自由に往復することができたのです。つまり、今の料金体系なら1500円+1500円=3000円を要する観戦スタイルを、かつては600円コッキリで楽しむことができたのです。その後、この「内野席」というカテゴリーは一度値上げされて700円になった時期があったかと記憶していますが、いつの間にか廃止されて特別自由席に組み込まれてしまい、一三塁間の移動のできる格安チケットが消滅してしまったのは、野球を愛するファンとしては実に残念なことでした。

 
(2007年時点での一塁ベンチ。ベンチの後方に広がる黄色いスタンドを見ると2階部分と3階部分の間の通路には柵があるのが見える。かつては少なくとも高校野球に関しては、この柵のラインを完全に封鎖して1・2階部分と3階部分を別料金にするという運用をしていた)

 

 

(2007年時点での三塁ベンチも同様。3階部分のシートだけ妙に色が鮮やかに見える。なお、黄色はタイガースシート、赤がジャイアンツシートだったということを、私は2008年の改修工事の時に初めて知った!いかに私がプロ野球に興味がないかがお分かりいただけるかと思うが、その理由についてはまた別の機会に述べたいと思う)

なお、余談ついでにもう一つ言うなら、甲子園球場リニューアル工事に伴い1階が関係者専用フロアとして閉じられたことにより、甲子園のネット裏及び内野席の下段(特に1階部分)は風の抜けが悪くなってしまったと言われています。直射日光は浴びる、風通りは悪い、という、何だか踏んだり蹴ったりの席になってしまいました。思えば、かつて私がスタンド上段の「内野席」を好んだ理由の一つとして、「下よりも風の通りが良いから」というのもありました。それが、今は銀傘も昔より大きくなっており、この「元・内野席」は日蔭部分が大きいという新たな利点が加わりました。私も、単なる懐古ではなく熱中症防止のためにも、この席をいまだに重宝しています。

それにしても、消費税を5%から10%に上げるのにも四苦八苦で段階的値上げが検討されている今の日本において、一気に2割以上の値上げを何の理由説明もなくいきなり断行とは、高校球界は発展途上国並みのインフレなのでしょうか?さすがにこの料金を見た瞬間は私も脱力感が否めず、一体この国のどこがデフレなのかと溜め息しか出ませんでした。今という時代はバブル期のピークと比べると物価も地価も下がり、日経平均に至っては半分以下だというのに、甲子園の高校野球の観戦費用は数倍というオーダーです(笑)!バブル期の方が圧倒的に安かったということに、どうも納得がいきません。

最後に付け加えるなら、同じ試合を色々な角度から見るということ、つまり「試合中にウロウロする」ということは、私にとっては”物事に対する中立な分析眼を養う”という大きな意味がありました。今の仕事にしろ生活にしろ、この経験は今にも大いに役だっていると思います。そして、そのような観戦を若い時期に積むことができたことは、ひとえに金銭的負担が少なくて済んだためであり、そんな時代を生きることができたのはラッキーでした。学校関係者や応援団の人も自校の試合前にはこの安価な「内野席」によく入ってきていたので、一塁と三塁を交互に行き来したことで人との出会いもたくさんありましたし、行ったことのない別の県に行ったような気分を味わう絶好の機会でもあったのでした。

公益財団法人たる日本高校野球連盟が、自分たちは金儲けを目的とする組織でなく、「高校野球は教育の一環である」と本気で思っているのであれば、私としては先ずは一塁・三塁の別を問わずに双方を行き来することが可能な「内野特別自由席」というカテゴリーの新設を本気で提案したいと思います。かつての「内野席」が可能であったのなら、「内野特別自由席」だって可能なはずであり、これはハードの問題ではなく単純に運用の問題なので、是非とも検討していただきたいと切望します。


(2009年選抜大会開会式での三塁特別内野席。1階部分の出口が消失していることが、上の2枚の写真との比較でわかる。ちなみに上の2枚の写真では、風の抜け道として重要だった1階部分の出口通路の一つがいずれも写真中央付近にあり、Moon Starの白くて大きい看板がかかっている。是非比較してみていただきたい)


<参考サイト>
産経新聞 2013年4月25日 - 「入場料を値上げ 夏の甲子園大会」
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130425/bbl13042521320002-n1.htm

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495