Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2013/03/15

スポーツ生中継のある国、ない国…世界フィギュア放送予定表に思う

この記事が掲載される頃といえば、カナダのオンタリオ州ロンドン市にて世界フィギュアスケート選手権が開催されていると思います。ちょうど、各競技のショートプログラムが終わり、いよいよフリースケーティングが始まる頃でしょうか。ということで、今回は世界フィギュアの日本および海外における放送日程について、比較してみようかと思います。

それに先立ち、まずはカナダのオンタリオ州と日本の時差について調べてみましょう。

ロンドンの現在時刻・時間
http://www.localtime.jp/currenttime/london-ontario/

上記サイトを参考に、各競技の開催時刻を日本時間や欧州時間での開催日時に計算し直し、以下のように表にしてみました。(UTCとは協定世界時のこと)

 

【重要】後日注記:記事作成時点では、北米が3/10(日)よりサマータイムとなることを知りませんでした。従って、日本時間およびドイツ時間での時刻は、上記の表からそれぞれ1時間引いていただく必要があります。ここにお詫びして訂正を申し上げます。なお、欧州のサマータイムは3/31(日)からですので、日本との時差はそのままです。

(略号は以下の通り:SP ショートプログラム、FS フリースケーティング、SD ショートダンス、FD フリーダンス)
タイムスケジュールはこちらから転記しました↓:
http://www.isuresults.com/events/WC2013_ColouredTimeSchedule.pdf


世界フィギュアの開催されるカナダのオンタリオ州と日本とでは14時間の時差があります。日本時間は、カナダ時間から10を引いて1日足すと考えれば、計算は比較的容易です。この時差のため、現地で昼間ないし夜に開催される競技は、それぞれ深夜ないし午前中に終わってしまうことになります。そして、私のいるドイツの場合はオンタリオ州との時差は6時間となり、アイスダンスやペアのフリー、女子ショートプログラムがそこそこゴールデン枠(20:15~21:45)に何とかかかってくるものの、他の競技は軒並み深夜となります。サッカーが一番人気の欧州各国のスポーツチャンネルは基本的に男性をターゲットに設定しており、必然的にフィギュアスケートの男子シングルの人気が低いことも、このようなタイムテーブルの配置となっている理由ではないかと、勘ぐってしまいます。

それでは、各国の放送日程を見ていきましょう。

1) 日本の場合
地上波ではフジテレビが放映を担当。放送予定を下記サイトより書き出しました:
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2013/130307-082.html

 

 3月14日(木)19時~20時54分 男子ショートプログラム

 3月15日(金)19時~20時54分 女子ショートプログラム

 3月16日(土)19時~21時24分 男子フリースケーティング

 3月17日(日)19時~21時30分 女子フリースケーティング

 3月18日(月)19時~20時54分 エキシビション

 3月19日(火)AM 3時15分-4時00分ペア/アイスダンス(←後日追加された模様)

 
見事なまでに男女シングル中心の放映予定となっています。元々日本ではアイスダンスやペアの人気が低いこと、さらに昨年の世界選手権で銅メダル獲得の高橋成美&マーヴィン・トラン組のペア解消に伴う参加選手不在もあるでしょう。ロシア代表の川口悠子/スミルノフ組はともかく、ドイツ代表で日独ハーフのマリ・ファルトマン/アーロン・ヴァンクリーブ組は放送されるのかすら怪しいです。そして、放送されない種目はますます人気も関心も低迷に歯止めがかかることはないでしょう。もし、これらの不人気解消を本気で目指すのなら、スポンサーの意向に左右される営利目的の中継そのものを見直すことが先決かもしれません。

なお、J-SPORTS(有料放送)では全種目・全滑走をオンエアするのだそうです。といっても、生中継ではありません。3月21日~3月31日にかけてJSPORTS4で、4月22日~4月28日までJSPORTS1で、それぞれ各競技のオンエアがあるようです↓:
http://www.jsports.co.jp/search/sys/kensaku.cgi?kwd=ISU%C0%A4%B3%A6%A5%D5%A5%A3%A5%AE%A5%E5%A5%A2%A5%B9%A5%B1%A1%BC%A5%C8

ちなみに、JSPORTSはスカパー!で視聴が可能です。標準画質のスカパー!の場合、JSPORTS1~4まとめて視聴料2400円(プレミアムサービスの場合は2880円)、それ以外に基本料金410円が必要です。それも、スカパー!の標準画質放送は2014年5月31日に終了、それ以降はハイビジョン対応プレミアムサービス加入が必須となります。この価格の視聴料では、よっぽどのコアなスポーツファンでないと、とても加入する気にはなれないでしょう。

2) お隣の中国の場合:

 

中国はUTC+8であり、日本時間からマイナス1時間が中国時間です。

世界フィギュアスケート選手権は中国語で「世界花样滑冰锦标赛」といい、以下のサイトで生放送ないし過去一週間分の放送の録画が視聴できます。

 


CCTV-5 体育直潘

http://tv.cntv.cn/live/cctv5

CCTV-5電視直播信号(上記で見れない場合。過去一週間分の放送の録画も視聴可能)

http://www.epctv.com/channels/CCTV-5-Online-Watch-1172.htm

CCTV-5 節目時間表 (番組表)

http://tv.cntv.cn/epg/cctv5

 

番組表から抜粋すると、放送日程は以下の通りです(時間はすべてUTC+8、内容変更・追加されることあり)。 

直藩(生中継):

 3月14日( 0時30分~3時00分 双人滑短节目(ペアSP

 3月15日( 0時30分~4時00分 女单短节目(女子SP

 3月16日( 0時30分~3時05分 双人自由滑(ペアFS

 

実況録像(録画中継):

 

 3月14日(木) 14時00分~15時00分 男单短节目(男子SP

 3月15日(  9時30分~10時40分 女单短节目(女子SP

 3月17日( 18時30分~19時30分 女单自由滑(女子FP

 

さすがはペア大国だけのことはあり、ペアだけがショートもフリーも深夜の生中継という別格の扱いです。さらに、なぜか女子シングルもショートプログラムのみ生中継。それでいて、男子は録画のみ、アイスダンスは中継が皆無というのは、やはり中国本土での人気を反映しているのでしょうか。

CCTV-5はNBAのバスケットボールに欧州サッカー、水泳・飛び込みにスピードスケートからビリヤードに至るまで、実に多種にわたるスポーツを扱うスポーツ専門チャンネルで、その中継の多くをLIVE(直潘)放送が占め、しかもネット視聴は無料という、実に貴重なチャンネルでもあります。やや音声が割れる傾向があるのと、中国語解説が理解できない言葉の壁が悲しいところですが、それでもコメントが過剰になって競技を邪魔するものでないことは明らかで、当然ながら日本では当たり前の再現VTRの挿入なども一切なく、生中継ならではの競技そのものの迫力が十分伝わってきます。どんなコメントを言っているのか理解できるようになりたいものだと考えれば、中国語を勉強するモチベーションになりそうです。


(蛇足ではありますが、本年2月に大阪で開催された四大陸フィギュアスケート選手権の際、日本では生中継が行われなかった競技を、このサイトのおかげでドイツにいながらリアルタイムで観戦することができたのは、心境複雑でした。日本と中国のどちらが放送上の自由がある国なのか、それ以前に、時差が一時間しかない中国で可能だった放送が、どうして日本ではできないのか…いろいろ矛盾を感じます)

3) ドイツの場合
調べてみて驚きました。今年の世界フィギュア、ドイツのテレビ局は例年になく気合が入っています!無料放送スポーツ専門チャンネルEUROSPORTでは、今大会のうちペアのショートプログラムとアイスダンスのフリーを除く全種目を生中継でお茶の間にそのまま届ける予定です。時差の関係で多くの競技がドイツ時間の深夜帯実施となるのも厭わず、民放のEUROSPORTがよくぞ放映権を獲得したものです。

Eurosport (スポーツ専門チャンネル・無料放送)
3月14日(木)  0時00分~3時00分 Männer Kurzprogramm(男子SP) 生中継
3月14日(木) 19時00分~20時45分 Frauen Kurzprogramm(女子SP) 生中継
3月15日(金)  0時30分~3時00分 Eistanzen Kurzprogramm (アイスダンスSD) 生中継
3月15日(金) 18時30分~20時00分 Paarlauf Kür (ペアFS) 生中継
3月16日(土)  0時30分~3時00分 Herren Kür (男子FS) 生中継
3月17日(日)  0時00分~4時00分 Damen Kür (女子FS) 生中継
3月17日(日) 23時00分~0時30分 Eistanz Kür (アイスダンスFD) 録画
3月18日(月)  0時30分~1時30分 Schaulaufen der Meister (エキシビション)録画

Eurosport 2 (こちらは有料放送)
3月16日(土) 21時00分~23時00分 Eistanz Kür (アイスダンスFD) 生中継
3月18日(月)  2時00分~ 3時00分 Eistanz Kür (アイスダンスFD) 録画
3月18日(月)  3時00分~ 5時00分 Schaulaufen der Meister (エキシビション) 録画
3月19日(火)  6時30分~ 8時30分 未定(総集編?)録画

なお、EUROSPORTはフランスTF1を親会社とし、ヨーロッパをはじめとして中東や北アフリカ等、世界59か国20カ国語で放送されている世界的なスポーツ専門チャンネルで、EUROSPORTとEUROSPORT2の二チャンネルに分かれています。EUROSPORTは1989年放送開始、EUROSPORT2は遅れて2005年に放送開始ですが、大変面白いことにこれらのチャンネルはドイツ以外の各国ではいずれも有料放送なのにもかかわらず、ドイツではEUROSPORTは無料放送(EUROSPORT2は有料)となっています。したがって、全世界に1億2千万世帯いるとされる視聴者のかなりをドイツが占めることになります。

今回の世界フィギュアでは、アイスダンスのフリーダンスの生中継が有料放送EUROSPORT2に回っていることがわかります。EUROSPORTとEUROSPORT2は棲み分けがはっきりしており、後者は「ビーチサッカー」「オーストラリアンフットボール」といったマイナー競技や「バックギャモン」(双六の一種)のようなボードゲームなど、視聴料の徴取なしには番組制作が成立しなさそうなマイナーなコンテンツの受け皿として機能しています。これなら日本の「大食い」も、EUROSPORT2に応募すれば採用されるかもしれません。ちなみに、今年の1月のザグレブにおける欧州フィギュアスケート選手権の場合、「男子フリー」は有料枠のEUROSPORT2に回され、無料放送がありませんでした。日本では一番人気とも言える種目なだけに、ドイツではこれがマイナースポーツ扱いされてしまうのかと、私個人としては驚きを禁じ得ませんでした。

4) アメリカの場合
UNIVERSAL SPORTSが放送予定。下記サイトに日程がありますが、見事なまでに全競技生放送です。

http://fskating.com/2013/03/universal-sports-announces-schedule-for-worlds.html#more-6364

 

全競技がオンライン配信もされるようですが、この場合は自分が加入しているケーブルテレビのチャンネルの中にユニバーサルスポーツがあることが必要で、そうなると実質的にアメリカ国外からの無料ネット視聴は難しいようです。

5) カナダの場合
さすがは開催国だけあって、CBCスポーツで全競技が放送されます。ストリーム配信では全競技が生中継、テレビ放送ではすべてではなく一部が生中継のようです。同じ国の中でも西と東で時差があるため、オンタリオ州のある東部では生放送が多くなり、西側ではほとんど録画となります。

http://www.cbc.ca/sports/video/live/
http://www.cbc.ca/player/Sports/ID/2341891033/

上記がCBCスポーツのストリーム配信サイトです。ただし、リージョンによる視聴制限があるようで、ドイツからは見れませんでした。といっても、過去の動画は視聴可能ですので、英語の勉強をするのと同時にフィギュアスケートにも興味があるという方には下記サイトの動画はどれもオススメです。

 


http://www.cbc.ca/sports/figureskating/video/

6) インターネット視聴

 

こちらから、リージョンの制限なく視聴可能(見たい競技を選んでクリックするとリンクが表示される)。

http://www.stopstream.com/

 

 

他に、下記記事の本文中にはロシアのテレビチャンネルへのリンクあり、こちらもリージョンの制限なく視聴可能。(さらに大会展望などの記事へのリンクもあり、これらが結構面白い)

http://www.examiner.com/article/2013-world-championships-examiner-figure-skating-s-live-coverage-schedule

 

(上記記事の本文内に重要なことが書いてあります。リンク先のストリーム配信サイトから「(プラグインが足りないから等)何かをダウンロードしろ」と表示されても一切ダウンロードしないこと、という一文です。くれぐれも存分のご留意をお願いいたします)

 

その「筋書きのないドラマ」(八百長でない限り!)という特性からも、やはりスポーツはLIVEで応援するのが本来の姿ではないかと思います。スポーツそのものの魅力は、妙な脚色や演出などなくても、その真剣勝負をありのままに見せることで必ず伝わるものなのですが、最近そのようなスポーツ中継には日本国外でしか遭遇することができなくなったのが、本当に残念です。今年の世界フィギュアはドイツでのテレビ観戦となりますが、世界のどこにいても世界各国の選手による真剣勝負を心から応援していますし、その中でも特に日本勢の活躍を心から期待したいと思います。


<参考サイト>
DWDL.de - "Eurosport: Ein Sender voller Missverständnisse"(「オイロスポート:誤解だらけの放送局」)

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465